書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

感謝を知った日

母に会いに行く

 

 

 

大阪の緊急事態宣言が解除されたので

 

久しぶりに

 

母に会いに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

母は認知症で

 

今は

 

大阪のサービス付き高齢者住宅

 

に入居しています。

 

 

 

入居の経緯はこちら

 

 

 

母の子育てはある意味

 

とても不器用というか……

 

(過去のブログで言えば、こことかここ

 

 

 

 

 

負の感情

 

 

私が思春期に偏屈に歪めて

 

 

自分の記憶を

 

上書きしてしまったのかもしれませんが

 

 

 

 

母に対しては

 

長い間、批判的な感情を

 

心の奥に持っていました。

 

 

 

 

私が幸せを感じて生きれないのは

 

両親のせいだと言わんばかりの

 

感情を心に秘めていたと思います。

 

 

 

妬み顔の猫

 

 

 

昨年、体調を崩したことから

 

 

遅きに失しましたが

 

ようやく私は

 

自分の心と向き合って

 

 

心の中に封じ込めていた感情の蓋を

 

開けていきました。

 

 

 

 

 

ちゃんと自分なりに理解して

 

解決できているつもりだった

 

様々なことが

 

 

ただ蓋をして封じ込めていただけで

 

未消化のまま溜まっていました。

 

 

 

 

 

 

両親へのよどんだ感情は

 

仕方なかったことだった

 

と落とし込んでいたけれど

 

 

 

 

 

 

おそらく

 

 

 

 

 

 

それを突き付けて

 

 

 

「あんたたちのせいだからね!!!」

 

 

 

と言って

 

 

あの人たちに後悔の念や未熟さを

 

思い知らせて

 

 

とどめを刺してやりたかった

 

 

 

 

そんな感じだったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

信じられないことですが

 

今となっては

 

 

あのよどんだ感情は何だったんだろう

 

 

というところに至っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの

 

封じ込めた感情の蓋を開けていって

 

 

 

たくさんの

 

自分のゆがみを知りました。

 

 

 

 

 

そんな結局は

 

 

落ち度だらけの

 

ダメダメな最低だ

 

と思う自分を知ったけれど

 

 

 

 

それでもいいんだ

 

これがいいんだと

 

 

そんな風に感じさせてくれたのも

 

 

 

封じ込めたよどみが

 

形を変えたものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目は何も変わっていませんが

 

 

 

私の心は

 

以前とは随分変わったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

感謝の気持ち

 

 

久しぶりに母と会って

 

自分でも驚きました。

 

 

 

 

 

 

母の脳は

 

壊れてしまっていながらも

 

 

 

こんなにも

 

穏やかで朗らかな空気を醸し出せる

 

母の素の魅力に

 

 

 

 

尊敬や憧れを感じました。

 

 

 

 

 

 

・・・私が

 

同じように壊れてしまったとしても

 

母のように

 

こんな風な素敵な素の自分じゃないな……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母が重ねてきた

 

日々の食事作りや家の掃除や洗濯

 

 

そんな中に

 

 

私にはまねできないような

 

細やかさがあったことを思い出し

 

 

 

 

感謝がとめどなく溢れました。

 

 

 

 

キラキラ溢れる

 

 

 

 

 

 

感謝の気持ちというのは

 

 

 

今までは

 

どちらかというと

 

感謝は必要だからしなければいけない

 

 

という教えから

 

 

 

 

ああしてくれた、こうしてくれた

 

大切な時間を割いてくれた

 

 

 

ということを頭で理解して

 

 

ありがたいなぁ

 

と感じていたような気がします。

 

 

 

 

 

自然と心の中から湧き上がる気持ちに

 

自分でも驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな善人の着ぐるみを着ていた

 

冷酷非情な悪魔の私が

 

 

 

まるで

 

 

 

透き通った天使のような私に

 

なれているみたいな気がして

 

 

 

 

 

 

・・・・・私

 

 

 

 

もうすぐ死ぬのかもしれない

 

南無阿弥陀仏

 

 

 

 

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

母との時間

 

 

持って行ったたくさんのお菓子を

 

一つずつ眺めては

 

嬉しそうに抱きしめて

 

 

 

 

今でも母の中で生きている

 

父や祖父母や兄弟との

 

日常を話すのを

 

 

 

私は丁寧に聞きます。

 

 

 

 

 

 

 

そうこうすると

 

 

 

 

 

いつものように私の持ち物を見つけ

 

 

 

「そんなのいいわぁ、ちょうだい」

 

 

 

とせがむので

 

 

 

 

 

「そうそうお菓子持ってきたのよ」

 

 

 

とお菓子に話題を振ると

 

 

 

また

 

 

 

持って行ったたくさんのお菓子を

 

一つずつ眺めては

 

嬉しそうに抱きしめて

 

 

 

 

 

と大体は

 

無限ループ状態です。

 

 

 

 

 

 

 

年齢のことを話すと

 

目を丸くして驚きます。

 

 

 

 

そして私の年齢を言うと

 

 

 

「私より年が上じゃない!」

 

 

 

という答えが返ってきます。

 

 

 

 

 

 

「いやいや、お母さんは82になるんよ」

 

 

 

「え~?!私が82???」

 

 

 

「あなたは?」

 

 

 

「今年、57」

 

 

 

「あら……私を追い越したのね」

 

 

 

 

 

でまた、無限ループに入るので

 

 

 

お菓子の話題に振ります。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・屈託のない優しい時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が暮れるまでに

 

 

引き上げなければ

 

 

不穏になるので

 

 

 

デイサービスに行ったときに

 

そのまま持って帰ってくる鉛筆を

 

 

 

しれっと回収して

 

 

「またね」

 

 

 

と笑顔で手を振りました。

 

 

 

 

 

 

 

帰りに事務所に

 

鉛筆をお返しして

 

 

 

 

 

あらゆる今までに

 

 

覚えたての感謝を味わいながら

 

 

帰途につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。