書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

白和え

 

 

まだ舅と暮らしていた頃

 

 

 

舅の酒の肴の一品として

 

 

 

スーパーのお惣菜の白和えを

 

よく買っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまでも

 

舅の酒の肴として。

 

 

 

 

 

 

 

ちょこっと味見して

 

 

嫌いではないけど

 

 

 

 

自分が食べたいもの

 

 

ではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半世紀以上を生きた人生で

 

 

 

白和えを食べる機会は

 

もちろんありましたが

 

 

 

 

やはり嫌いじゃないけど

 

食べたいものには入りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

作ろうとも思わないし

 

 

 

 

 

作るにしても

 

豆腐の水切りとかめんどくさいし

 

 

 

と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日

 

またまたですが

 

 

 

 

ふいに白和えを作ってみようと

 

 

何の脈絡もなく思い立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

電子レンジで

 

豆腐の水切りが簡単にできることは

 

知っていましたが

 

 

 

 

 

クッキングペーパーを巻いて

 

重石を載せて……という

 

 

オーソドックスな方法で

 

挑みました。

 

 

 

 

 

白和えの具材に選んだのは

 

 

 

人参と

 

 

 

ベランダ菜園のブロッコリーの葉

 

 

 

これらを下茹でしたもの。

 

 

 

 

 

それから

 

 

 

 

booと私の酒の肴にもなる

 

ミックスナッツの中から

 

くるみを集めて

 

すり潰しました。

 

 

 

 

 

 

一人暮らしになって

 

マンションに移り住むタイミングで

 

 

 

 

もうそんなに

 

手の込んだ料理はしないと思い

 

 

 

 

いくつかあったすり鉢は

 

すべて処分してしまっていたので

 

 

 

 

 

 

すり鉢っぽい

 

ギザギザがついた小鉢で

 

 

 

ちまちまとくるみをすり潰しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未だに

 

家族が多かった頃の

 

調理の名残りなのか

 

 

 

 

なんでも大量に作ってしまうので

 

 

加減をしたつもりでも

 

やっぱりたくさんになります。

 

 

 

 

 

 

今回もしかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で作ってみた白和えは

 

薄味だったので

 

 

 

 

booのお気に入りメニューには

 

加わらなかったようですが

 

 

 

 

 

私的には

 

今まで食べたどの白和えよりも

 

美味しさで

 

群を抜く一品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで

 

野菜嫌いな子どもに農業体験をさせて

 

野菜嫌いを克服……みたいではありますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お豆腐なので

 

 

作り過ぎて残ったものを

 

ばくばくと消費しても

 

 

 

 

太っちゃうの罪悪感もなくて

 

 

 

 

体にもよさげで

 

 

 

 

 

 

新たなる幸せの種を

 

発見した気分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

また作りたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

すり鉢問題については……

 

 

 

購入しようかと

 

思わなくもないのですが

 

 

 

 

 

今度は

 

甘くないピーナッツバターを

 

買ってきて

 

 

くるみの代わりに使ってみよう

 

と思います。

 

 

 

 

 

 

なるべく道具は増やしたくないし。

 

 

 

 

その方が手間がかからないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ

 

思いつきからの喜びは続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

その後も

 

 

 

 

この流れで

 

これまた私の好物ではない

 

 

酢の物に挑戦しました。

 

 

 

 

シーチキンとごま油をちょっと

 

加えることで

 

 

 

とても美味しくいただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切なのは

 

 

 

思いつきを捕まえて

 

やってみる軽やかさです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。