書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

目標立てましたか?

一年の計

 

 

 

新年も始まって

 

 

 

 

ウソぉ~ん。

 

 

 

 

もう1週間が過ぎました。

 

 

 

カレンダー

 

 

 

新年を迎えるたびに

 

毎年やりがちなことは

 

 

 

今年はこんな自分になる

 

 

 

みたいな目標をたてることですね。

 

 

 

 

 

 

 

目標を立てることは

 

 

言い換えれば

 

ゴールを決めることなので

 

 

 

自分の努力の方向性を

 

定めることになります。

 

 

 

どういう風にゴールに向かうのか

 

 

 

明確になれば、着実ですよね。

 

 

ゴール設定

 

 

 

 

 

2013年 ふみさんの目標

 

 

私が介護の世界に入れたのも

 

 

親友であり心友のふみさんの新年の目標が

 

そもそものきっかけでした。

 

 

 

 

 

 

父が亡くなり

 

離婚を実現させるにあたり

 

 

一人で生きていくための仕事を

 

模索していました。

 

 

 

 

 

飲食、不動産、講師など

 

就職の情報誌で探したり

 

 

人の話を聞いたり

 

 

実際に面接を受けたものもありました。

 

 

 

 

 

そして、新年を迎え

 

 

 

 

ふみさん恒例の今年の目標を

 

聞きました。

 

 

 

 

「何か資格を取る」

 

 

 

 

 

 

「へぇ~」

 

 

 

他人事で聞き流していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その数日後

 

 

 

 

ふみさんから

 

 

「介護の資格にしようかなぁ~」

 

 

 

ヘルパーという資格を取得できるのは

 

その年が最後で

 

 

それ以降は取得の方法が難しくなる

 

 

みたいなことを聞きました。

 

 

 

 

 

その時点では

 

 

 

介護の世界は、はっきり言って

 

アウト オブ 眼中。

 

 

 

 

つまり

 

 

まったく眼中にありませんでした。

 

 

 

 

 

ヘルパーの資格

 

 

 

ヘルパーねぇ……

 

 

 

 

 

 

父に関わってくれた

 

ヘルパーさんのことを思い出しました。

 

 

 

 

 

以前のブログ父の看取りでも書きましたが

 

 

父の介護は

 

ほとんど母がおこなっていたので

 

 

 

ヘルパーさんのお世話になったのは

 

 

在宅看護に切り替えて

 

 

 

 

自宅に到着した時と

 

息を引き取った後

 

 

 

その2回だけでした。

 

 

 

 

 

そのたった2回

 

 

 

それも時間にして

 

1時間もあるかないかくらい。

 

 

 

 

 

だけど

 

そのヘルパーさんは

 

 

 

過剰でもなく

 

とても滑らかに

 

心の支えとなってくれ

 

 

非常に手際よく

 

末後の介護をしてくれました。

 

 

 

 

お葬式にも参列してくれていました。

 

 

たった2回なのに。

 

 

 

 

 

 

 

ヘルパーさんのお仕事を

 

あまり理解していなかったので

 

 

 

そんなモンなのかなと

 

思っていましたが

 

 

 

 

 

後に自分がヘルパーをしてみて

 

 

 

あの時のヘルパーさんの凄さが

 

更にわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

過剰でもなく

 

とても滑らかに

 

心の支えとなってくれ

 

非常に手際よく

 

末後の介護をしてくれた

 

 

 

 

あのヘルパーさんは

 

 

 

とても神々しく心に残っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなヘルパーさんを思い出し

 

 

 

 

認知症を発症しているであろう母のことや

 

 

 

 

女がこれからの人生

 

食いっぱぐれなく生きていく仕事を考え

 

 

 

 

起業で相談に乗ってもらっていた知人の

 

介護は間口が広いから

 

ビジネスチャンスを探ってみてはどうか

 

 

との言葉を聞き

 

 

 

 

 

決意をしました。

 

 

 

 

 

 

 

「ふみさん!介護の資格取ろっ」

 

 

 

「私は取るから」

 

 

 

 

 

 

 

そこからは

 

持ち前の行動力を発揮し

 

 

速攻で申し込み

 

 

 

半ば引きずられるように

 

ふみさんも申し込み

 

 

 

 

もう一人

 

仲の良かった仲間も

 

 

「姐さんが取るなら……」と言い出し

 

滑り込みで申し込みをクリア。

 

 

 

 

 

学生時代再来

 

 

3人で

 

短期のヘルパー取得のための学校に

 

入校しました。

 

 

 

 

 

 

大人になってからの

 

学校生活は

 

思いのほか楽しいものでした。

 

 

 

 

 

授業はハードだし

 

 

イケメンもいませんでしたが

 

 

 

 

勉強して

 

おしゃべりして

 

 

同じ目標に向かっている感じとか

 

 

本来の学生の時とは違って

 

自主的に学ぼうという気持ちがあることで

 

 

 

とても楽しい日々でした。

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

楽しかったことばかりではありませんでした。

 

 

 

 

 

短期コースなので

 

欠席が許されないのに

 

 

 

 

私は

 

持病のメニエール病を再発してしまいました。

 

 

 

 

メニエール病は

 

激しいめまいに襲われる病気です。

 

 

 

 

私は

一人大震災と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

その時のものは

 

私の過去の発作の中で一番激しいものでした。

 

 

 

 

寝ても起きても

 

ぐわんぐわんと世の中が揺れ続けます。

 

 

 

それに伴い

 

吐き気や激しい不快感にさいなまれます。

 

 

 

 

強烈に激しいめまいは

 

その日のうちに治まりましたが

 

 

 

数日間は

 

座っていることも困難でした。

 

 

 

 

 

学校は休めない……

 

 

 

そんな状況を

 

一緒に通う二人がサポートしてくれ

 

 

学校も

 

実習で使う介護ベッドに寝て受講することを

 

許可してくれ

 

 

 

 

 

なんとか乗り越えて

 

三人とも

 

ヘルパー2級の資格をゲットできました。

 

 

四つ葉のクローバー

 

 

 

 

 

目標の効力

 

 

 

目標を定めることは

 

成功への第一ステップだぁ!

 

 

と声高に叫べる自分だったけれど

 

 

果たしてそうなのか……

 

 

 

 

 

 

目標を掲げず

 

 

 

心地よいと思う方に流される

 

 

 

 

 

これもアリだと

 

 

今の私は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標を設定して進み始めても

 

 

続かなかったり

 

挫折したり

 

 

ともすれば

 

立てた目標さえもブレブレになる。

 

 

 

 

 

 

そんな風になってしまったら

 

 

 

 

 

 

 

目標を達成できなかった自分に

 

 

 

落胆して

 

 

 

劣等感を持ち

 

 

 

あぁ~何をやってもダメな自分

 

 

 

 

と逆効果に陥ってしまいます。

 

孤独

 

 

 

 

ヘルパーの資格が取得できたのは

 

 

 

私の頑張りもあるけれど

 

 

 

 

 

他ならぬ

 

友人がくれた

 

楽しさや支えがあってこそでした。

 

 

 

 

 

 

 

目標は

 

誰かと共有すべきなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

そして目標は

 

高けりゃいいってものじゃない。

 

 

 

 

 

続かない、挫折、ブレブレ

 

 

からの自信喪失につながるわけだし

 

 

 

 

 

苦労は買ってでもしろ

 

というのは嘘です。

 

 

 

苦労コレクターになっても

 

成功も幸せもありません。

 

 

 

苦労を乗り越えたという

 

自己満足は得られるけれど

 

 

 

 

ドMじゃない限り

 

 

 

 

苦労して

 

もれなく得られるものはつらさだけ。

 

 

 

 

 

 

ゆるくて楽しい目標がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

それと大切なのは

 

 

 

その目標達成までの

 

明確な道筋を設定すること。

 

 

 

 

 

これをしておけないなら

 

目標を掲げても意味ないですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば・・・

 

 

 

 

今年まだふみさんの目標を聞いていないなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。