書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

子育てに乗っ取られた40代

頑張りました

 

結婚したら、奥さんは家にいて、

家庭と子どもを守り、育むものだと子どもの頃から考えていました。

 

なので、結婚後はそうして自分の理想像に近づくべく頑張りました。

きっと、多くの30代、40代女性はみんなめちゃくちゃ頑張っていますよね。

 

 

私も

「頑張りました。」

とはっきり言い切れるくらい頑張りました。

 

 

 

さて、男女雇用機会均等法が施行され、夫婦共働きが当たり前のようになりました。

 

子ども3人を育てていたこともあり、

夫の収入だけでは、家計は本当に逼迫し

 

上の子どもたちが中学生になった頃には、うちは貧乏でした。

我が家の唯一の稼ぎ手の夫は、仕事の愚痴ばかりでした。

 

 

 

 

 

 

女だけど・・・

 

 

ご近所のご主人は、とても子煩悩な、二人の男の子のお父様でした。

上のお子さんが、うちの長女と同級生です。

いつもお子さんたちと一緒になって、

体当たりでぶつかっているというような方。

 

 

上のお子さんが高校生になった頃だったと思います。

 

そのご近所のご主人との立ち話で、そのご主人は、近々転職するんだとおっしゃいました。

 

「今までは、子どもたちには直接関わって育ててきたけれど、そろそろ直接的なものではなく、背中を見せていく頃だと思うんですよ。自分の仕事への向き合い方を見せて、何かを子どもたちなりに思わせるようなね。」

といった内容の事をおっしゃいました。

 

 

とても心に響きました。

 

夫の背中は、父親として、何を見せているだろう……

 

 

離婚した夫なので、あまりいろいろ書くのは控えます。

 

 

 

覚悟

 

 

私も一人の子どもにつき、一回は役員にならなければいけないという状況から

PTAに関わるようになり、段々と立場が責任のあるものに変わっていっていました。

 

元々はくじ引きで引き当ててしまった文化部長という役職でしたが、

ずるずるとPTA執行役員へ。そして副会長に。

 

やがて、地域の関連団体にも関わるようになりました。

 

国の施策で、子供の居場所づくりということで「放課後子ども教室」の立ち上げと運営

他にも、小学校施設開放管理者 等々たくさんの団体を牽引し、

たくさんの人たちから相談を受けたりもしました。

 

 

責任を負うとはどういうことか、

否応なしにしろ、やらなければならないことを引き受けるとはどういうことか、

そんなことを子どもたちに見せつけるかの如く、

そう。背中を見せる覚悟を決めていました。

 

 

そして、中学校のPTA会長まで引き受けることとなってしまいました。

 

その時の第一回運営委員会の挨拶です。

 

朝の早い時間から、みなさん、貴重なお時間をこの運営委員会の為に、お割きいただきありがとうございます。
 
もう今日のこの日を楽しみに、心待ちにしていました…
なんて方は、多分、いらっしゃらないんじゃないですか。
大抵の方は、なんで私が運営委員やねん、めんどくさいけど、しゃあないかと
諦めの境地でお越しいただいたんじゃないかと勝手な推測をしています。
 
かく言う私も似たり寄ったりで、なんで私がPTA会長やねんです。
 
そもそも、この業界をうろうろし始めたのは、今から6、7年前かな。
ここに引っ越してきて2年目、一子一回の委員、小学生の長男の枠で引っかかり、まんまとクジで文化部長。
で、翌々年、小学校のPTA本部ですわ。
 
はじめのうちは、子どもたちがお世話になってきてるんだから、少しは恩返ししなきゃとか思って、自分を納得させてたんですが、それだけじゃ納得しきれないんですよ。
 
旦那の稼ぎは、この不況とやらでまさかの減給につぐ減給。
上の子どもたちは高校、大学と進むにつれ、ケタが増えて出費してゆく。
 
ぶっちゃけ、PTAだのボランティアだのの騒ぎやない。
 
でもね、行きがかり上ってこと、ないですか?
そりゃあ、強固な意志で拒否ることができる人もいる。
私には、できなかったんですよ。
 
その場に居合わせなきゃ断ったり、やらなくて済むけど、居合わせてきたから仕方ない。
 
例えば、倒れている人がいたとして、大きな道を隔てていれば素通りできるけど、
目の前だったら、声もかけるだろうし、
場合によっては救急車を呼んだり、まさかの心肺蘇生だって必要ならやらなきゃいけない。
そこまですりゃ、救命士や警察だったりに、説明なんかもしなきゃならないし…
とまぁそんな感じですね

 

だけど、行きがかり上のPTA活動を通して、出会わなかったはずの仲間と出会って、知り合えなかったはずの地域の方々や、話し合うことなんてなかったはずの先生と話せたことは、私にとって、素敵な財産になっているんですね。

 
そんな甘っちょろいことは本当は言ってられないんだけどね。
まずは、明日のごはん、どないしようですもんね。

 
PTAや地域の様々な団体は、お決まりのイベントなんかをこなしているだけじゃなく、
例えば、学校や地域の困ったを見つけて、
街灯や信号機の設置や通学路の拡張の要望とかしたり、
地味な活動としては公園の視野を阻む草刈り、
もっともっとちっぽけなこととか…
 
 
そんな小さな活動でも
塾から帰る子どもが夜道で怖い思いをしないなら、
なかなか道の向こう側に渡れないお年寄りが安心して道を渡れたら、
遊んでいる子どもたちを行き交う大人たちが見守れて、
善からぬことを企む人の善からぬ行動を抑止できれば……
 
 
 
たった一人のホッとする顔だけのためなのかもしれないです。
 
でも、そんなささやかなことやどうでもいいことは
やらなくてもいいこと…とは言い切れないみたいです。
 
 

心地よい暮らしとか住みよい環境
将来を担う子どもたちを守る

 
そんな大目標の幸せの礎は、
目には見えないような小さな積み重ねで形になっていて、
やっぱり多くの行きがかり上の人たちが積み重ねているみたいです。
 
行きがかり上ではありますが、こうしてお会いできたみなさん、
っかくですから、まるで、中学や高校の頃の部活みたいに、
ここで仲間にあって、前向きなことや他愛ないこと、いろんな話をしたり
同じ目的に向かって力を合わせるちょっとした充実感を味わって
日頃の生活とは違う時間を楽しんでみていただけたらと思います
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。