書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

休ませること

 

 

ここのところ

 

 

 

 

どうも気が晴れない

 

 

なんとなく体調も優れない

 

 

 

そんな日が続いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大したことはないんです。

 

ほんとに。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じだったので

 

わりと怠惰に過ごしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

怠惰に過ごしながらも

 

心地よく過ごしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この怠惰に過ごすことが

 

 

 

 

 

 

以前の私には

 

 

できなかったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果として

 

怠惰に過ごしてしまったとしても

 

 

 

 

罪悪感やら後ろめたさやらに

 

まみれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザにかかった

 

とか

 

 

 

入院してしまった

 

とか

 

 

 

強制執行でなければ

 

 

 

心身ともに休むということが

 

できませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体調が悪くても

 

無理をして

 

 

 

 

勉強や仕事や

 

しなければならないと思うことを

 

こなしていくのが

 

 

 

 

 

心の奥底では

 

 

 

 

かっこよくて

 

美しくて

 

好きだったんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケジュール帳のどこを開いても

 

予定がびっしり書き込まれていて

 

 

 

分単位で調整しなければならない時は

 

矢印が付いて

 

 

 

そんな状況に

 

悲鳴を上げていながらも

 

 

 

 

 

やっぱり

 

 

 

 

心の奥底では

 

 

 

そんな状況が

 

かっこいいと思い

 

 

 

美しいと感じ

 

 

 

好きだったんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの頃に見て憧れた

 

アニメや漫画の

 

ヒーロー、ヒロインたちは

 

 

 

みんな

 

逆境を乗り越えていたんですもん。

 

 

 

そんな姿が

 

 

 

カッコよくて

 

 

美しくて

 

 

 

 

 

最後には

 

 

勝利や幸せを得ていたんですもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボっていると

 

 

 

それはダメな人間だと

 

 

両親にこっぴどく

 

叱られてきましたもん。

 

 

 

 

 

 

完璧主義であったことも一因です。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく

 

 

 

 

 

休むことや怠けることは

 

悪いことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚して

 

舅や小姑と同居していた頃は

 

 

 

 

休んだり怠けていると

 

 

思われたら負けだ

 

 

と思いこんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休んだり

 

ゆっくり過ごす

 

 

 

ということに憧れていたけれど

 

 

 

 

 

ドクターストップがかかるとか

 

 

 

 

定年退職するとか

 

 

 

 

公的に認められなければ

 

できないものだと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも

 

○○しなければならない

 

 

という気持ちが

 

ずっとあって

 

 

 

 

 

 

怠けてしまったら

 

 

 

 

仕方ないと

 

 

認められそうな理由を

 

 

 

必死に考えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・物心ついてから

 

約半年くらい前までは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事をリタイヤして

 

半年くらい

 

 

 

 

 

どうすれば

 

その思い込みを外せるのか

 

 

試行錯誤しました。

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

ゆっくりと少しずつ

 

自分を大事にできるようになり

 

 

 

 

 

 

休んだり怠ける自分を

 

許せるようになり

 

 

 

 

 

怠けてしまっても

 

 

 

カッコつけずに

 

 

 

怠けちゃいました

 

 

 

と言える自分になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全に

 

怠け者になってしまうんじゃないか

 

 

 

と心配もしましたが

 

 

 

 

 

 

やりたいと思うことには

 

 

ちゃんと一生懸命になれるモンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごく

 

薄情なヤツになるんじゃないか

 

 

 

 

そんな心配もしましたが

 

 

 

 

 

 

どうやら

 

ちょうどいい感じになっています。

 

 

 

 

 

 

 

自分が思うほど

 

自分の怠けっぷりを

 

 

相手は気に留めてはいないようです。

 

 

 

 

 

 

 

そもそも

 

罪悪感なんて

 

 

 

 

 

 

自分が勝手に

 

大袈裟にして

 

 

抱え込んでいるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたいと思うことに

 

向き合えない時は

 

 

 

休んだ方がいい

 

 

って合図なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

その合図に従って

 

休めるようになってきたことで

 

 

 

 

 

 

 

 

当然

 

心身ともに楽になって

 

生きやすくなりましたし

 

 

 

 

 

 

自分が好きなことも

 

明確になってきたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が休むことで

 

迷惑がかかる人がいると思うなら

 

 

 

 

 

別のことで

 

恩返しすりゃいいんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね

 

 

 

 

 

 

 

その迷惑が

 

 

相手にとって

 

 

 

 

思いもよらない

 

ラッキーをもたらすってことが

 

 

 

 

 

結構な確率で起こるんです。

 

 

 

 

そのチャンスを奪っちゃいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が怠けてしまうことで

 

誰かがしんどい思いをする

 

 

 

と思いがちです。

 

 

 

 

 

 

 

他の誰かを

 

思いやる気持ちは

 

 

 

尊いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね

 

 

 

 

 

それは

 

 

自分に余裕がある時です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余裕がない時は

 

 

 

自分の事を

 

 

 

まず自分が

 

大切にするんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次に

 

他の誰かを思いやるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすることで

 

 

 

 

損得勘定ではない

 

 

 

 

もしかしたら

 

 

「愛」というものなのか

 

 

 

 

 

自分の事のように

 

相手を思いやれるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

それによっての相手の言動に

 

 

裏切られた

 

みたいな感覚が生まれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時代は

 

やりたいことを正々堂々とやって

 

 

 

望めば

 

それを生業にもできる時代です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に正直になって

 

 

 

 

自分だけの価値観を

 

大切に生きることが

 

 

 

 

 

心地よさに繋がり

 

 

 

 

 

 

 

心地よさが

 

更なる心地よさを誘ってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

その心地よさが

 

余裕をもたらし

 

 

 

 

 

 

 

その余裕が

 

他の誰かに

 

 

 

 

 

与える気持ちを生みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが

 

自分の幸せの引き寄せ方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。