書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

一枚板ダイニングテーブル ~チャンスは突然

 

永年の憧れ

 

 

欲しいものはたくさんあります。

 

 

 

欲しいものリストに

 

ダメもとで

 

 

書いているものもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメもとのくせに

 

 

 

優先度の高い欲しいものに

 

入っていたのが

 

 

 

 

 

一枚板のダイニングテーブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輪切りの形のローテーブルは

 

あるんです。

 

 

 

 

多分

 

花梨の木だと思いますが

 

 

 

 

20年くらい前だったか

 

 

 

 

亡父が

 

趣味で木工作家をしている知人に

 

オーダーメイドしたもので

 

 

 

脚部は

 

猫脚(テーブルの脚が内側に湾曲させてあるデザイン)

 

 

 

 

使い勝手はよろしくないですが

 

 

 

 

見た目と存在感が

 

とても気に入っている

 

 

 

 

我が家の家具の中でも

 

大好きな物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一枚板のダイニングテーブルは

 

いつから欲しかったんだろう……

 

 

 

 

 

ずっと憧れですが

 

 

お高いんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

我が家のダイニングテーブル事情

 

 

実は

 

我が家にはここ数年

 

 

 

ダイニングテーブル

 

 

というものがありません。

 

 

 

 

 

 

 

離婚後しばらくして

 

 

一軒家を売却して

 

マンションに移る時に

 

 

 

処分しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

代用しているのは

 

 

 

以前

 

自室で使っていた

 

事務机というか平机です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の子どもたちが

 

一人暮らしを始めた頃

 

 

元夫と家庭内別居状態となり

 

 

私も自分の部屋を

 

持つようになりました。

 

 

 

 

 

次男のおさがりの

 

 

ベットの下に

 

机が一体化した家具

 

 

を引き継ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

約180㎝の幅の机は

 

 

 

小さなテレビを置いて

 

パソコンや本棚も置いて

 

 

 

 

仕事をするのも

 

 

 

お化粧するのも

 

 

 

テレビを見てくつろぐのも

 

 

 

なんならミシンを使う時も

 

 

 

食事をするのも

 

 

 

 

 

なんでもこの机が叶えてくれて

 

 

 

 

お気に入りスペースを

 

提供してくれました。

 

 

 

 

 

 

元夫が家を出て

 

大きな部屋に私が移った際に

 

 

 

 

このお気に入りだった家具は

 

 

 

机は良かったのですが

 

上部のベッドが

 

傷んでいました。

 

 

 

 

 

一体化しているので

 

やむなく処分しましたが

 

 

 

 

 

 

あの使い心地が手放せなくて

 

 

 

同じくらいの大きさの机を

 

ネットで安く購入しました。

 

 

 

 

 

 

ところが

 

 

 

 

値段相応で

 

 

 

集成材が使われているのは

 

承知していましたが

 

 

 

 

まるで

 

おがくずを固めたような集成材で

 

 

 

 

組み立てている段階で

 

ビスがめり込んだり

 

 

 

 

組み立てが完了しても

 

なんだかぐらついていました。

 

 

 

 

 

 

 

それまでのように

 

テレビや本、パソコンと

 

あれこれ置くと

 

 

 

天板がたわみました。

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

なんとか使ってきて

 

 

 

 

 

 

マンションに引っ越してからは

 

 

 

その用途を変えて

 

 

 

 

壁に沿わせて設置したり

 

 

 

 

キッチンカウンターのように

 

設置して

 

 

 

 

 

ダイニングテーブルの代用

 

としています。

 

 

 

 

 

 

これはこれで

 

悪くないと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

物に対する価値観

 

 

booも私も

 

もう渋い年齢ということもあるのか

 

 

 

 

 

 

気に入った良いものを大事に使いたい

 

 

 

 

 

 

という価値観は一致しています。

 

 

 

 

 

 

今は週の半分くらいを

 

一緒に住む形ですが

 

 

 

来年あたりから

 

同居しようと考えていて

 

 

 

 

グラグラの仮ダイニングテーブルを

 

買い換えたいなぁとは

 

 

 

ぼんやり思っています。

 

 

 

 

 

ショッピングに出掛けた際に

 

おしゃれな家具屋さんがあれば

 

 

 

あーだこーだ言いながら見て

 

 

 

冗談半分に

 

やっぱり一枚板がいいよねぇ

 

 

 

 

と言いながら

 

お店を出るのが恒例でした。

 

 

 

 

 

 

 

思い付きはチャンスのきっかけ

 

ある日の夕方

 

 

 

突発的に思いつきました。

 

 

 

 

夕方だし……

 

やっぱ、めんどくさい……

 

 

と若干二の足を踏みましたが

 

 

 

 

思い立ったら吉日!と

 

エイヤっと超重い腰を上げ

 

 

 

 

久しぶりの

 

模様替えをはじめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

三日坊主より頑張ったけれど

 

一ヶ月坊主で終わった

 

トランポリンを片付けて

 

 

 

 

ズリズリ家具を移動したり

 

 

 

 

ボワンと現れる埃を

 

掃除機で吸い込みながら

 

 

 

 

仮ダイニングテーブルの

 

位置も変えました。

 

 

 

 

 

 

リフレッシュした部屋に

 

帰ってきたbooが

 

 

 

「相変わらず

 

思い立ったらすごいパワーやなぁ

 

うん、広くなったなぁ」

 

 

 

と感嘆しきりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして休みの日。

 

 

「一枚板、見に行こか」

 

 

と突然言い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

家からそんなに遠くはない

 

箕面市に一軒

 

 

いつか行ってみようと話していた

 

一枚板テーブルのお店を

 

見つけていたので

 

 

 

そこに行くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

チャンスは突然

 

 

たくさん並んだ一枚板

 

 

 

 

値段は大きさや木の種類によって

 

様々ですが

 

 

 

大体20万円前後から

 

 

 

高いものだと

 

ン百万円……

 

 

 

 

 

 

 

はぁ~と思いながら

 

 

 

まるで美術館を巡るように

 

 

見て回っていましたが

 

 

 

 

 

 

 

booは店員さんと話をしています。

 

 

 

 

 

え!?マジか……

 

 

本気で買うつもり???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一枚板ダイニングテーブルは

 

いわゆる

 

セミオーダーでの購入です。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

 

 

 

気に入った板が大きければ

 

カットしてもらえますが

 

 

 

 

木目の感じや長さや厚みや形を

 

考えながら選びます。

 

 

 

 

 

 

 

美術館鑑賞モードから

 

 

 

 

現実的な審美眼の発動に

 

切り替わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっとずっと欲しいと思って

 

憧れていたんだから

 

 

 

 

もっと勉強しておけばよかった……

 

 

 

 

 

 

例えば

 

木の特質とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え

 

 

 

 

見て回っているうちに

 

確かに目移りはするけれど

 

 

 

 

 

店員さんの

 

丁寧な説明も聞きながら

 

 

 

 

 

自分たちの好みに合うものは

 

絞られてきますし

 

 

 

 

 

さすがに

 

 

 

 

 

ン百万円レベルの物は

 

選択肢には入れられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

憧れを形に

 

 

 

ウォールナットかモンキーポッド

 

という種類の

 

 

いくつかに

 

絞られてきました。

 

 

 

 

 

 

 

ウォールナットは

 

くるみの木で

 

 

 

チーク、マホガニーと共に

 

世界三大銘木と称される物である

 

 

 

ことくらいは

 

知識として持っていましたが

 

 

 

 

 

 

モンキーポッドってなんぞや???

 

 

 

 

 

 

お店の人によると

 

 

 

この木なんの木 気になる木~ ♪

 

の木だそうです。

 

 

 

 

 

 

そうかぁ……

 

あの大きな木を思い浮かべると

 

守ってもらえそうな癒しを感じる……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きめの不規則な木目が

 

しっかり表れていて

 

 

 

 

耳と呼ばれる縁が白っぽくて

 

ツートンカラーの様に見えます。

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

樹種の中では

 

成長がわりと早いらしく

 

 

 

お値段も一枚板の中では

 

 

比較的お求めやすい価格帯が

 

多いみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2種類の中で

 

 

ウォールナットは

 

永年憧れていた

 

一枚板ダイニングテーブルの

 

 

イメージに近い気がします。

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

モンキーポッドの

 

ダイナミックな木目や

 

 

 

縁の手触りも捨てがたいし

 

 

 

最初は少し違和感のあった

 

ツートンカラーっぽさも

 

 

 

魅力的に思えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなりの時間を費やして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縦置きの展示している板を

 

 

 

設置した時のイメージに近づけるよう

 

平置きしてもらいながら見比べ

 

 

 

 

今使っている

 

仮ダイニングテーブルと

 

同じくらいの大きさで

 

 

 

 

 

 

私が描く作品のタッチに

 

少し似た木目の物に

 

 

 

一番ときめきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板が決まったら

 

脚を決めなければなりません。

 

 

 

 

 

木製にするか

 

 

 

アイアンにするか

 

 

 

 

見比べながら

 

二人で散々考えていましたが

 

 

 

 

 

 

 

「あ!絶対アイアンだわ。

 

だってまおんがカリカリする」

 

 

 

 

 

 

「ホンマやな」

 

 

 

 

 

 

家族の一員に

 

愛猫まおんがおります。

 

 

 

 

 

 

木製だと

 

まおんの爪とぎの標的に

 

される可能性大

 

 

 

 

ということで

 

 

 

 

躊躇なく決定できました。

 

 

 

 

 

 

 

気付いてよかったぁ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高さを決めたり

 

 

 

 

長く使うことも考慮した

 

置き場所などを

 

シュミレーションしたりしながら

 

 

 

 

 

憧れが形になっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

今使っているものと

 

同じ大きさと決めていたのは

 

 

 

判断がしやすかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後から調べて知ったことですが

 

 

 

モンキーポッドは

 

木陰で人が集まることから

 

 

 

「人の集まる木」

 

 

と呼ばれているそうです。

 

 

 

 

 

 

なんか素敵だな……

 

 

 

 

 

 

 

憧れや夢の叶い方

 

 

憧れや夢って

 

 

 

 

ゆっくりゆっくり

 

叶っていくこともあるけれど

 

 

 

 

 

 

 

ある日突然

 

 

 

ポン!と叶うチャンスが

 

現れることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう……

 

ちょっとした思いつきを

 

行動に移すことで。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

目の前に現れたチャンスって

 

 

 

 

 

遠慮や躊躇していては

 

 

 

 

 

遠ざかってしまうんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

 

 

その気になったbooに

 

 

 

ちょっと時間をかけて考えたいわ

 

 

 

と言うこともできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

高額な商品を買うことへの

 

 

 

遠慮の気持ちや

 

 

 

ビビる気持ちだったり

 

 

 

 

より良いものを

 

選ぼうとする欲だったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど

 

目の前に現れているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪れた恵みは

 

遠慮しないで受け取って

 

 

 

心から感謝をして

 

 

 

笑顔を輝かせればいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞと言って差し出した手を

 

 

 

振り解かれたら

 

いい気はしないでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慌てふためいて

 

 

焦って逃すもんか

 

 

 

ってしがみつく感覚がなく

 

 

 

 

 

 

 

短時間でも

 

 

しっかり慎重に向き合えた

 

 

自分だったので

 

よかったなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

いつ現れるかわからないチャンスに

 

 

 

備えはあったほうが良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・我が家に届くのは

 

 

 

一ヶ月ちょっと先になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。