書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

上機嫌の近道

 

お気に入りの物

 

 

簡単に速攻で

 

機嫌よくいるためには

 

 

 

 

 

一番よく使うものを

 

 

 

お気に入りの物にしておくと

 

いいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

まだお勤めしている頃は

 

 

よくボールペンを物色して

 

買っていたように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ使えるんだから

 

新しい物に買い替えることなんて

 

贅沢過ぎる

 

 

 

 

 

そんな風に思って

 

 

 

 

お気に入りの物にシフトできない

 

 

 

 

そういうことって多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど

 

極端ですが

 

 

 

戦後の貧しかった頃は

 

 

 

使えるものはとことん使いきる

 

 

 

それは

 

とても大切な……

 

 

 

というか

 

それが生死にも関わってくるような

 

 

 

 

重んじなければいけない

 

価値観だったと思います。

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

物があふれている今は

 

 

 

 

より気に入るものを選んで

 

 

 

長く心地よく大切にすること

 

 

 

を重んじた方が

 

良いんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

物を粗末に扱っていい

 

 

 

 

要らないものは捨てるのが一番

 

 

 

 

ということではなく

 

 

 

 

 

 

 

これがいい

 

 

 

 

そう思える物を

 

 

 

 

自分の価値観で

 

ちゃんと選んで

 

 

 

 

 

大切に上機嫌で使うのが

 

 

 

 

いいんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そういうことを自分に

 

許可していいんだと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり気に入っていない物に

 

家や部屋などの空間を占領されて

 

 

不機嫌でいるより

 

 

 

 

 

厳選されたお気に入りの物だけを

 

点在させて

 

 

 

 

空いた空間にゆとりを持てるのが

 

 

 

ベストだなぁと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え

 

 

 

 

使えるけれど

 

使わないもの・・・

 

 

 

 

 

 

使わないとはいえ

 

 

 

一挙に処分するのは

 

 

 

 

抵抗感が出て

 

 

 

 

私の断捨離も

 

少し停滞していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は

 

ストレスからも解放されているので

 

 

 

機嫌よく過ごしていますが

 

 

 

 

少しずつ

 

以前はがんじがらめにしていた

 

自分に対する感覚に

 

 

 

許可を出せるようになってきて

 

 

 

 

 

もうちょっと

 

機嫌よくなってみようかしら

 

 

 

 

そう思い始めました。

 

 

 

 

 

 

 

自分の感情を

 

ある程度大切に思うことは

 

 

 

 

無駄遣いとか浪費とか贅沢とは

 

少し違うと思えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、一番自分が手に取るものは

 

何だろうと考えてみました。

 

 

 

 

 

スマホ、マグカップ、PCのマウス、筆・・・

 

 

 

 

 

 

スマホは機種変更する予定ないし

 

 

スマホケースも今使っているもので

 

それなりに満足していて

 

 

欲しいと思うものもありません。

 

 

 

 

 

PCのマウスは

 

まだ新しいし

 

まじまじと見つめたり

 

感触を楽しむものでもない。

 

 

 

 

 

筆は

 

そう簡単には選べません。

 

 

今、使っているものと

 

なんなら一心同体化していますし。

 

 

 

 

 

 

消去法で残ったマグカップ

 

 

マグカップについては

 

 

 

今使っているものが

 

お気に入りというものではありません。

 

 

 

 

 

気に入らないものや

 

使い勝手の悪い物を処分して

 

 

 

 

 

なんとなく残った物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

 

陶器のマグカップは

 

 

 

欲しいものリストに

 

ずっとランクインしていますが

 

 

 

 

なかなか気に入るものに

 

巡り合えないのと

 

 

 

 

 

 

実は

 

日頃は蓋つき保冷カップの方が

 

出番が多いので

 

 

 

 

 

買うに至っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は飲み物を

 

一気に飲んでしまうというより

 

 

 

少しずつちびちびと

 

時間をかけて飲むので

 

 

 

 

 

 

今は

 

蓋つきの保冷カップが

 

一番使い勝手が良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

飲み物を飲む時って

 

 

 

ゆっくりであっても

 

束の間であっても

 

 

 

ブレイクタイムなので

 

 

 

 

 

よく使う蓋つき保冷カップが

 

お気に入りの物になったら

 

 

 

 

これは

 

機嫌よくなりますわな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強制的な出会いとふいに来ためぐり逢い

 

 

蓋つき保冷カップは

 

なかなか気に入るルックスの物は

 

ないのですが

 

 

 

 

 

買い物に出かけたついでに

 

何軒かのお店を見て回ってみました。

 

 

 

 

 

 

これだと

 

ちょっと気分上がるかな……

 

 

 

 

そう思えるかもしれないものを

 

幾つか見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

ところが

 

 

見て回るうちに

 

 

 

 

これまた

 

 

以前から欲しいなぁと思いながら

 

購入に至っていない

 

 

 

 

 

ダブルウォールグラスが

 

目に留まりました。

 

 

 

 

ダブルウォールグラス

 

 

一番最初に

 

ダブルウォールグラスと出会った時に

 

なぜか一目惚れしていました。

 

 

 

 

 

 

飲み物が宙に浮いて見えるような作りや

 

 

 

 

 

 

保温、保冷効果があること

 

 

結露でびしゃびしゃにならないなど

 

 

 

メリットもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが

 

 

 

 

二重構造になっているため

 

 

 

どうしても容量より大きくて

 

 

 

口にあたる部分も少し厚めになること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

我が家には

 

 

処分に至っていないグラスが

 

 

 

 

めちゃくちゃたくさんあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

随分処分しましたが

 

 

 

なにせ両親の物も

 

引き継いでいるものだから

 

 

そもそもの数が多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

グラスや食器を買う時に

 

 

 

なるべくお揃いになるように

 

複数購入するもんだ

 

 

 

という先入観を

 

 

両親から引き継いできたのもあって

 

 

余計に多いのだとも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

booと晩酌のビールで乾杯する時

 

booは

 

ジョッキがテンション上がるらしくて

 

 

 

自分用のジョッキを購入して

 

使っています。

 

 

 

 

 

 

 

私は

 

ジョッキはあまり好きではないので

 

昔から家にある

 

ピルスナーグラスを使っています。

 

 

 

 

 

 

そのピルスナーグラスを使う時間を

 

切り取って

 

 

 

思い返してみると

 

 

 

 

 

なんとなく

 

昔の景色を引きずっているみたいな

 

 

 

 

 

わずかながらも

 

哀愁のような感情が

 

 

 

 

あるな……

 

 

 

 

と思えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうよね……

 

一つだけ買うのもアリよね

 

 

 

自分専用のお気に入りグラス

 

 

いいかも……

 

 

 

 

 

 

でも

 

私のグラスの使用頻度は

 

そんなに多くないしなぁ

 

 

 

 

 

 

 

散々

 

行ったり来たりしながら

 

 

 

 

 

あーだこーだ考えて

 

 

 

 

 

 

 

結局・・・・

 

 

 

 

 

 

そこそこ気に入った

 

蓋つき保冷カップと

 

 

 

魅入られてしまった

 

ダブルウォールグラス

 

 

 

どっちも

 

一つずつ購入しました。

 

 

 

 

 

 

あきらめの理由

 

 

家に帰って

 

洗っていると

 

 

 

 

ダブルウォールグラスは

 

 

何度も落っことしかけて

 

 

 

 

やっぱり大きさが

 

私の手に馴染まないんだ

 

 

 

 

そう思うし

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ使ってみると

 

 

 

 

持ちにくいし

 

 

 

やっぱり口当たりも厚いよな

 

 

 

 

と感じていたのですが

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

持ちにくいので

 

 

 

両手で持ってみたり

 

 

 

ゆっくり掴んだりする

 

 

 

 

 

その動きが

 

 

 

なんだか

 

 

 

 

優しくなれるというか

 

 

 

 

 

穏やかになれるというか

 

 

 

 

 

 

なんかいいなぁ

 

 

と思えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切な持ち方をしていると

 

 

 

その丸みが手に沿って

 

 

 

 

なんとも気分が落ち着くんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって

 

そっと少し飲み終えて

 

 

 

 

 

テーブルの上に戻して

 

 

 

 

 

グラスに残った飲み物が

 

グラス内の宙に浮かんでいるのを見て

 

 

 

 

 

また気分が良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

冷たいものが冷たいままで

 

結露もつかないし

 

 

 

 

 

 

 

今はご勘弁ですが

 

 

 

熱い飲み物を入れても

 

コップ自体が

 

熱くて持てない

 

ということもないそうですし

 

 

 

 

電子レンジもOK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

 

 

 

 

買う予定ではなかった

 

ガラスのコップが

 

 

 

 

予想外に

 

 

 

 

かなり大幅に

 

私をご機嫌にしてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら……

 

 

 

 

 

 

 

 

グラスは買っちゃいけない

 

 

 

 

それを自分に納得させるために

 

 

 

 

 

 

欲しいと思っていた気持ちに

 

 

 

いろんな不都合っぽい理由を

 

くっつけて

 

 

 

 

あきらめていたのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋つき保冷カップは

 

 

今まで使っていたものより

 

見た目は断然イイのですが

 

 

 

 

 

使い心地が

 

ちょっとお気に入りに

 

届かない感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃそうです。

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ気に入って

 

購入したわけではなく

 

 

 

 

 

 

目的達成のために

 

買ってしまった

 

 

 

 

 

と言ってもいい感じで

 

 

 

 

 

甘い選択をしてしまったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに

 

ベストな逸品

 

にはならなかったけれど

 

 

 

 

 

 

見た目は気に入っているので

 

食器棚にあれば

 

 

 

 

 

 

とりあえずは

 

イイ感じにしてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気に入りの物は

 

幸せへの近道ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近いうちに食器棚の中の

 

断捨離を再開しよう

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。