書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

お盆〜余談・お墓の購入の話

 

お盆休み

 

booのお盆休み……

 

 

 

多くの人が

 

そうだったんでしょうが

 

 

 

今年は

 

 

 

災害級の雨が続き

 

 

 

 

コロナの感染第五波

 

 

 

 

というダブルの災難で

 

 

 

 

 

 

ステイホームの

 

引きこもりの

 

 

 

お盆休みでした。

 

 

 

 

 

重ねて

 

 

 

booと私は

 

ワクチン接種もあった為

 

 

 

 

テレビや録画を見続けて過ごしました。

 

 

 

 

 

 

booのお盆休み最終日は

 

 

 

私のワクチン接種の副反応も

 

軽快していたので

 

 

 

 

 

せめてドライブにでも行きたい~っ!

 

街中じゃなくて

 

ちょっと緑豊かなところがいいなぁ……

 

 

 

 

 

そう心の中で

 

繰り返し思っていました。

 

 

 

 

 

 

booがその気になったら

 

いつでもGOできるように

 

 

 

部屋着仕様の

 

自堕落なTシャツにパンツではなく

 

 

 

ワンピースを着て

 

 

 

ちゃんとお化粧もしていましたが

 

 

 

 

 

 

booはその気にならないし

 

 

 

 

何より

 

出掛けようと声を上げるのが

 

はばかられるほどの土砂降りで

 

 

 

 

一日が過ぎていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・最近、この程度の願いなら

 

シレっと叶うんだけどなぁぁ………

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

晴れ女もある意味そうだけど

 

 

 

 

 

 

スーパーやホームセンターに出かけて

 

 

入口付近の駐車スペースに停めたいなぁ

 

「空く!」

 

 

と思うと

 

 

 

 

空くのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4つ同じ数字が並んだナンバーを

 

エンジェルナンバーって

 

いうらしいんだけど

 

 

 

 

 

 

車で

 

運転中でも助手席でも

 

 

 

エンジェルナンバー見たいなぁ~

 

「見る!」

 

 

 

 

と思うと

 

 

 

3台くらい見ちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

ドライブが叶わなかったのは

 

そういう意味でがっかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日

 

booが仕事に出掛け

 

 

 

 

久しぶりの一人時間を

 

味わい

 

 

 

遅めの軽い昼食を終え

 

手抜きのカフェオレを飲んでいると

 

 

 

 

突然、電話が鳴りました。

 

 

 

 

 

え??

 

なんでbooからこんな時間に?

 

 

 

 

 

 

今日は仕事が早めに上がれたし

 

雨も止んでいるから

 

(私の方の)墓参りに行こか……

 

 

 

 

と誘ってくれました。

 

 

 

 

 

 

亡父のお墓

 

私の亡父のお墓は

 

 

 

以前私が住んでいた

 

裏六甲の中腹にあります。

 

 

 

 

 

家族が亡くなると

 

 

 

やれ葬儀だ法要だ

 

役所の手続きだ・・・

 

 

と忙しくバタバタ過ごしながら

 

 

 

 

悲しみを

 

ゆっくり昇華させてゆきますが

 

 

 

 

その一連の中に

 

お墓問題もありました。

 

 

 

 

 

お墓を買うということ

 

 

先祖代々のお墓には

 

入れてもらうつもりはないし

 

 

 

親が自ら生前に

 

お墓の購入をしていたわけではないし

 

 

 

 

購入しなきゃいけないんだ……

 

 

 

お墓を買うのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

父と母だけが入るお墓で

 

 

 

 

様々な条件や先々を考慮して

 

私が選んだのが

 

 

 

一般的な墓石のお墓ではなく

 

 

わかりやすく言うと

 

コインロッカーみたいなお墓でした。

 

 

 

 

 

 

 

私は離婚の際

 

旧姓に戻しませんでした。

 

 

 

 

なので

 

両親と同じお墓には入れません。

 

 

 

 

 

とりあえず一人っ子なので

 

 

 

墓守ができるのも

 

マンパワー的にも期間的にも

 

限りがあります。

 

 

 

 

 

 

父のお墓を捜し始めた時

 

 

 

 

もちろん

 

 

一般的な霊園も検討し

 

墓石のことも考えました。

 

 

 

 

 

 

既に認知症を発症していながらも

 

まだ父のお墓を立てることに関して

 

こだわりを持っていた母でした。

 

 

 

 

 

父も母も

 

お体裁を気にする人なので

 

 

 

 

ちゃちなお墓だと納得しませんし

 

 

 

 

まだ母が墓参することを思うと

 

 

 

交通アクセスの不便な所や

 

遠距離は避けたい……

 

 

 

 

 

とは言え

 

 

 

購入にも高額の出費が必要ですし

 

 

 

もはや母には計算できない

 

維持管理の費用も

 

大いに気にかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が墓守ができなくなった時に

 

 

 

私の子どもたちに

 

負担を掛けたくはない

 

 

 

 

 

等々

 

いろいろ模索した結果

 

 

 

 

 

新しいタイプの

 

ロッカー式納骨堂なら

 

 

 

 

 

 

墓石は必要ない。

 

 

 

 

見慣れた墓地や墓石ではないので

 

先入観が希薄。

 

 

 

 

見た目綺麗。

 

 

 

交通アクセス良好。

 

 

 

普通の墓地の様に

 

草が生い茂ったり

 

災害などで

 

墓石が倒れたりすることもなく

 

 

 

 

お墓参りの天候は選びません。

 

熱い最中であれ

 

全館空調の快適さ。

 

 

 

 

 

永代供養式で

 

お寺が管理、供養をしてくれ

 

 

 

契約期間満了時には

 

きちんと合祀されます。

 

 

 

 

 

 

お墓掃除や年間管理費も不要で

 

 

 

 

 

墓地と墓石よりもお安い。

 

 

 

 

 

 

 

両親ともに

 

こういう新しいものは

 

好むタイプなので問題なしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

結果として

 

私はとても良かったと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

私も亡き後

 

 

山に散骨だとか

 

樹木葬だとか

 

 

思うこともあるけれど

 

 

 

残される者の事を考えた時

 

 

 

このロッカー式納骨堂が

 

ベストだと

 

内心思っています。

 

 

 

 

 

 

お墓参り

 

さて

 

そんな亡父のお墓に

 

お参りに行くには

 

 

 

 

私の今の住まいからは

 

 

 

車で山道を抜ければ

 

30~40分です。

 

 

 

 

 

長雨が続いたので

 

 

土砂崩れとかで

 

封鎖されていないかしら

 

 

と思いましたが

 

 

大丈夫でした。

 

 

 

 

 

 

午前中は土砂降りだったのが

 

ウソのように

 

晴れ間が見え

 

 

 

 

雨に洗われた艶々の緑から

 

キラキラ降り注ぐ木漏れ日の下を

 

走り抜けて

 

 

 

到着したお寺の駐車場の

 

遠くの空には

 

大量の雨を育んでいるであろう

 

不気味な雲が見えました。

 

 

 

 

 

納骨堂に上がっていくと

 

 

亡き父の墓前は

 

 

静寂の中

 

いつもと変わらず綺麗で

 

 

 

備え付けの

 

お線香を手向け

 

 

 

手を合わせることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ・・・

 

 

 

 

 

街中じゃなくて

 

ちょっと緑豊かなところをドライブ

 

 

 

 

 

叶った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅に戻って

 

窓を開けると

 

 

 

お寺から見た不気味な雲が

 

眼前に迫り

 

 

 

大粒の雨が

 

 

ぽつぽつ……

 

 

 

 

 

 

ざぁーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐るべし

 

 

私の晴れ女っぷり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。