書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

開放感にまみれて

 

呪縛

 

 

休んでちゃいけない

 

 

 

サボっていると思われたくない

 

 

 

 

 

そんな強迫観念……

 

 

 

 

 

 

 

いや

 

『呪い』にガッツリかかっていた

 

 

 

物心ついてからの私でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

『呪い』は

 

 

 

休んでちゃいけない

 

 

 

の他にも

 

たくさん絡まっていて

 

 

 

ほぼ全てのことが

 

 

 

~~しなくてはいけない

 

 

 

の『呪い』に

 

憑りつかれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感謝の気持ちですら

 

 

 

 

心からの感謝の前に

 

 

 

感謝しなければならない

 

が先立ち

 

 

 

上っ面でしか

 

感謝できなかったことも

 

 

多かったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

~~しなければならない

 

の『呪い』は

 

 

 

 

悪いことばかり

 

ではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

この呪いによって

 

 

 

 

責任感が生じ

 

 

 

 

必要以上の

 

パフォーマンスを上げて

 

 

 

 

たくさんのことを

 

達成できたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

この『呪い』は

 

 

 

他人の価値観や

 

他人からの評価が

 

 

 

知らずと

 

 

 

自分の判断や

 

感情の起点になりました。

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

自分の充足感という部分は

 

 

 

完全には

 

 

満たされることは

 

ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

 

 

 

~~しなくてはいけない

 

から得ることのできた

 

 

 

何らかの達成は

 

 

 

 

他人から

 

賞賛をもらえることで

 

 

 

 

うれしさが

 

心の中に生まれはします。

 

 

 

 

 

 

でもその一方で

 

 

 

 

 

そのために

 

 

 

切り売りするかのように

 

犠牲にした

 

 

 

 

他に費やしたいと思った時間や

 

 

 

心の奥で感じていたことの

 

 

 

 

 

亡き骸が

 

 

 

 

 

 

うれしさの足を引っ張って

 

 

 

 

俗にいう

 

 

虚しさみたいな気持ちを

 

もたらしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

~~しなくてはいけないは

 

 

 

常に時間に追われることが

 

余儀なく伴い

 

 

 

 

 

心身ともに疲弊させ

 

 

 

 

 

本来楽しめることも

 

楽しめなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年のリタイヤ以降

 

 

 

 

 

徐々に呪いを解き

 

 

 

 

 

これまでの人生で

 

 

今が一番幸せだと

 

思えるまでになれました。

 

 

 

 

 

 

 

ほどいていくにつれ

 

 

 

 

 

私はドンドン

 

軽やかになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両親に対しての

 

ネガティブな記憶や思いが

 

 

 

心から湧き上がる感謝になり

 

 

 

 

過去の彩りも変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私という人間は

 

私のままだけれど

 

 

 

 

 

ガッチガチに着込んでいた

 

鎧を脱ぎ捨てて

 

 

 

 

 

携えてきた武器も

 

惜しみなく手放しました。

 

 

 

 

 

 

 

武装していた私も

 

 

 

それはそれで

 

素敵だったと思います。

 

 

 

 

 

 

だけど

 

 

 

丸腰の素の私を

 

 

 

これから残りの人生で

 

 

 

満足させたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私を

 

 

 

過去の友人知人たちは

 

 

 

どうしちゃったの?

 

 

 

って思うかもしれないし

 

 

 

 

 

ちょっとした成功者からは

 

 

スキルや能力を生かせば

 

地位や名声や富を

 

得ることができるのに

 

 

って言われると思います。

 

 

 

 

 

 

 

でもね

 

 

 

 

私はそんなことは

 

どうだっていいんです。

 

 

 

 

 

もう武器はいらない。

 

 

 

 

 

 

 

軽やかに思う

 

 

そんな私が最近

 

チラホラ思うのは

 

 

 

家庭菜園で

 

 

自分が食べる分よりも

 

ちょっとだけ多めの野菜を

 

作ってみたいなぁ

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

お惣菜屋さんやりたいなぁ

 

 

とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜作りは最近

 

思うようになったのですが

 

 

 

 

 

 

お惣菜屋さんは

 

 

結構前から

 

浮かんでは消えて

 

というのを繰り返しています。

 

 

 

 

 

 

 

自分の喜び 誰かの喜び

 

 

家庭菜園とお惣菜屋さん

 

に関しては

 

 

 

 

 

どういうわけか

 

 

 

 

 

自分のやりたいの気持ちに

 

 

 

 

どこかの誰かに・・・

 

っていう気持ちが

 

 

 

 

ものすごく素直に伴うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての野菜を

 

食べたいと思うようになって

 

 

 

同じように

 

食べたいって思う人がいたら

 

 

 

お裾分けしたいなぁ

 

って感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お惣菜屋さんは

 

過去からの思いです。

 

 

 

 

自分が働いている時

 

 

 

疲れて帰ってから

 

夕飯作ることが

 

 

面倒くさい……しんどいなぁ

 

 

って思っていました。

 

 

 

 

 

それから

 

介護の仕事してた時には

 

 

 

関わったご高齢の方々が

 

 

 

自分だけの

 

ちょっとだけのおかずを作るのが

 

 

 

億劫だったり

 

 

 

おぼつかない感じだったりでした。

 

 

 

 

 

お散歩がてらに

 

 

 

お惣菜を買うにしろ

 

 

コンビニのお惣菜に飽きていたり

 

 

 

若いモン向けだからさぁ……

 

 

 

って話してて

 

 

 

 

 

そうだよねー

 

と相槌を打ちながら

 

 

 

 

 

私の作ったおにぎりや

 

ささやかなおかずを

 

 

 

すごく喜んで

 

召し上がってくださっていた

 

 

 

おじいちゃんやおばあちゃんを

 

思い出すと

 

 

なんだか胸が熱くなります。

 

 

 

 

何を作ってあげようかしらと

 

 

 

冷蔵庫の食材を見つめて

 

 

 

思いついた時の

 

ワクワク感も心地よかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ

 

美味しいモン作ります

 

 

っていうのじゃないけど

 

 

 

 

その日に調達できた材料で

 

お惣菜作って

 

 

 

忙しい人や

 

作るのが大変な人を

 

 

 

楽にできたら

 

うれしいなぁって

 

 

思ってしまっています。

 

 

 

 

 

決めないという決意

 

 

 

 

とはいえ

 

 

 

 

 

 

だから

 

行動を起こすのかというと

 

 

 

 

 

問題なのが

 

 

もちろん、資金。

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

なにより

 

 

 

 

 

 

私は飽き性なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

熱しやすく冷めやすい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

やるぞっ!

 

 

と決めたら

 

 

 

 

 

きっとものすごい勢いで

 

やっちゃうんです。

 

 

 

 

 

それこそ

 

 

 

捨てたはずの武器すら

 

 

 

もう一回

 

携えると思います。

 

 

 

 

 

 

結構な早い段階で

 

開店しますぅ

 

とか言ってると思います。

 

 

 

 

 

 

でも

 

コレは

 

 

 

 

いつまでも続かないと思います。

 

 

 

 

 

 

失敗したらどうしよう

 

とか

 

大変だろうなぁ

 

とかじゃなく

 

 

 

 

 

 

ものすごい勢いで

 

はじめても

 

 

 

 

どうせすぐ飽きて

 

 

 

 

 

~~しなくてはいけない

 

モードで

 

 

向き合うことになってしまう

 

と思うので

 

 

 

 

 

やる!とは

 

 

決めるわけにいかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

決意とか覚悟っていう武器は

 

 

 

 

 

思いを叶える

 

最強ツールだからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家庭菜園で野菜を作って

 

 

 

 

 

お惣菜を作って売って

 

 

 

 

 

アートも描いて

 

 

 

 

 

 

 

自分の時間を

 

ちゃんと大切にできる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決めずにそうなると

 

 

 

もし決めたとしたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かが微妙に形を変えて

 

きっと叶うと思います。

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

自分の時間を大切に

 

 

 

だけは

 

形を変えたくないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。