書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

私の幸せのカタチ

 

 

 

いろんな自分を

 

今まで体験してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コツコツ頑張る自分

 

 

 

理不尽にもひたすら耐え続けた自分

 

 

 

バリバリとリーダーシップをとる自分

 

 

 

 

家庭を守る自分

 

 

 

 

 

子どもを育てる自分

 

 

 

 

他にもいろいろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時その時で

 

 

 

 

 

 

 

 

やり手風だったり

 

 

 

 

魔女風だったり

 

 

 

異端児風だったり

 

 

 

かわいかったり

 

 

 

 

どんぐさかったり

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそれで

 

 

 

今となっては

 

面白い人生だわ

 

と微笑ましく思えます。

 

 

 

 

 

 

 

図らずも

 

 

仕事を辞めて

 

ターニングポイントを迎え

 

 

 

 

 

どんなモードの自分で行こうか

 

 

 

 

そう考え始めた時には

 

 

 

まだ固定観念に縛られていて

 

 

 

 

 

まだまだガッツリと

 

働かなければならない

 

 

 

 

 

そう考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辞めてしまったのに

 

 

 

ここから本領発揮だ

 

と息巻いていたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでも

 

それなりにはできる

 

 

 

 

 

そんな武器を

 

ぶん回して生きてきました。

 

 

 

 

 

 

だから

 

これからも!

 

 

 

 

そう思っていたけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金をバリバリ稼ぐ

 

とか

 

 

 

 

多くの人達の前で脚光を浴びる

 

とか

 

 

 

 

振り返れば

 

そんなチャンスも何度かあったけど

 

 

 

 

 

 

目の前にした時

 

 

 

それは

 

私にはちっとも輝かしくなくて

 

 

 

 

足を踏み入れようとは

 

思わなかった……

 

 

 

 

 

 

 

ってことは

 

 

 

 

私の深層心理みたいなモンは

 

 

 

そういう生き方を

 

望んでいないんだろうし

 

 

 

 

 

 

そこを目指しても

 

 

 

また違和感だらけに

 

なっちゃうんだろうな

 

 

という察しはつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに考えても

 

 

 

振り返ってみても

 

 

 

ずーっと

 

 

わからなかった

 

自分のやりたい事については

 

 

 

 

 

 

ちゃんと

 

いろんなまとわりついたものを

 

ことごとく取っ払って

 

考えていくうちに

 

 

 

 

 

ずっとずっと

 

 

 

私は心の底から

 

 

 

 

働きたいなんて

 

思ってはいなかった

 

 

 

ということを認めました。

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

そんな事……

 

 

 

 

 

言ったり思ったりしては

 

駄目だと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

当たり前な

 

真っ当な人間であれば

 

当然ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

だけど

 

 

 

 

いろんな本やネット情報で

 

教わった成功とか幸せは

 

 

 

 

私にとっては

 

そんなに欲しいものではなくて

 

 

 

 

 

 

ビジネスの

 

ノウハウやマインドセットなんてものも

 

 

 

理解はできて

 

自分のものにしたかのようなのに

 

 

 

 

まるで

 

ざらざらの壁に貼り付けた

 

異質のシールみたく

 

 

くっついても

 

すぐにはがれてしまう。

 

 

 

 

 

 

誰もが

 

当たり前だと思う幸せのカタチは

 

 

 

私が幸せと感じるカタチではない

 

 

 

ってことにも

 

気がつき始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体力、知力、気力

 

あらゆる能力が確実に

 

 

 

年齢を重ねて

 

落ちてきていることは

 

 

 

 

 

ある意味

 

絶好のチャンス。

 

 

 

 

 

 

 

もはや

 

私にはかつてのような

 

 

ヘンな勢いはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

上手くモードを切り替える

 

タイミングがここにあるじゃない。

 

 

 

 

 

 

世間的には

 

 

 

怠け者とか

 

グウタラとか

 

しょーもないとか

 

つまらないとか

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

そうね……世間なんて

 

気にかけることじゃないんだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで

 

 

 

 

 

本当の自分なるものに

 

出会えたんじゃないかと

 

思えてきたので

 

 

 

 

 

メンタル的には

 

非常に安定しているのですが

 

 

 

 

 

 

たまたま

 

 

 

私的に

 

すごくて信頼できると思っていた

 

占い師さんお二人に

 

鑑定してもらえるチャンスが

 

 

 

ポンと現れたので

 

 

 

鑑定してもらうことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

タロットと四柱推命です。

 

 

 

 

 

 

タロットは

 

今までは

 

なんだかなぁ……って

 

思っていたのですが

 

 

 

やはり鑑定する人の実力でしょうか

 

今回は感服しました。

 

 

 

 

 

タロットにも

 

いろいろ種類があるようです。

 

 

 

私が鑑てもらったのは

 

カモワン版マルセイユ・タロット

 

というものでした。

 

 

 

解決策や改善方法まで

 

導いてもらえるのが

 

特徴だそうです。

 

 

 

 

 

一方、四柱推命は

 

自分でも少しかじったことがあるので

 

その信頼性は

 

納得済みではありましたが

 

 

 

 

 

今回は

 

四柱推命の中でも

 

 

 

琉球四柱推命というもので

 

 

 

カルマや前世、深層心理学を

 

取り込んでいるのが特徴のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか

 

このタイミングで

 

占いの鑑定を受けることができるのも

 

 

絶妙な感じがしてきます。

 

 

 

 

 

総まとめに入ったのかしらみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年からの

 

私の人生の大きなシフトチェンジで

 

 

自分なりに

 

自分を理解できてきた

 

と思っているけれど

 

 

 

 

違う言葉でも理解したい

 

 

 

そうやって

 

 

 

確信みたいなものを得れたら

 

 

 

いわゆる

 

背中を押されたみたいになれそう

 

 

 

そしたら

 

 

 

今後の方向性に

 

更に自信が持てる気がする

 

 

 

そんな思いがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

鑑定してもらうと

 

 

 

 

タロットも四柱推命も

 

 

 

 

はい。もうその通りです。

 

 

 

という流れで

 

 

 

 

 

 

俗にいう

 

 

当たってる!!!

 

ってヤツでした。

 

 

 

 

ものすごく。

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

自分で発見した

 

本当の自分ってものの

 

 

答え合わせもできた気がしました。

 

 

 

 

 

 

中でも

 

私の中の二面性は

 

 

 

そういう人生で生まれてきてるんだと

 

わかったことで

 

 

 

楽になれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お金が嫌い……というような

 

ネガティブな思いはないし

 

 

 

 

お金が必要性もわかっているけれど

 

 

 

 

お金儲けに興味を持てないこと

 

 

 

 

それもそういう宿命的なものを選んで

 

生まれてきているようです。

 

 

 

 

 

 

 

前世があるか無いかは

 

 

 

私は

 

絶対的に

 

どちらかを信じるというものは

 

ありませんが

 

 

 

 

 

お坊さんだったとか

 

 

 

ヒモだったとか

 

 

 

言われたことがあって

 

 

 

それって結局は

 

 

 

自分で労働してお金を得るのではなく

 

施しを得て暮らす人と解釈できて

 

 

 

 

 

それを

 

いわゆるカルマ……

 

宿命として持って

 

生まれてきているそうです。

 

 

 

 

 

 

決して不真面目とかではなくて

 

 

 

 

お金儲けに紐づけなくても

 

目的や目標に向かって邁進できるので

 

 

 

 

お金儲けという感覚が

 

しっくりこないのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金に困っていたくせに

 

 

 

 

無償のバイトをしたり

 

 

 

 

10年近く

 

ボランティアの地域の仕事に

 

一生懸命になれたり

 

 

 

 

 

介護の仕事を始めた時も

 

給料には全くこだわっていなくて

 

周囲を驚かせたこと

 

 

など

 

 

 

そういうことだったんだなって

 

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

良くも悪くも

 

これまでの様々な体験が

 

 

 

人一倍頑張ることの

 

無意味さを証明して

 

 

ある意味トラウマのように

 

 

頑張ることに

 

アンチな感覚になっているらしく

 

 

 

 

 

 

お金儲けには

 

更に突き進みたくないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

アートとの出会いも

 

 

 

今は私の中で

 

明確な答えを

 

見つけられていないけれど

 

 

 

とても重要なカギではあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ進化しそうな自分のアートを

 

誇らしく自信をもって

 

お金儲けではなく

 

表現してゆけそうです。

 

 

 

そして・・・・

 

うふふ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちを向くのかが

 

わかったから

 

 

 

出発まで

 

ちょっと

 

おもしろがって

 

あちこち見回そうかな……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。