書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

真美子さんの恋

 

以前とても仲良くしていた

 

真美子先輩とは

 

すっかりご無沙汰していましたが

 

 

 

 

 

先日のこと

 

 

 

 

久しぶりに電話でお話すると

 

パートナーさんと

 

とても心地よく暮らしていると聞きました。

 

 

 

許可をもらったので

 

真美子さんの恋バナをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

真美子さん

 

40代の頃・・・

 

 

既に離婚を考えてはいたそうですが

 

まだ当時は結婚していて

 

 

好きになってしまった人志さんも

 

既婚者でした。

 

 

 

 

 

共通の知人を介して

 

知り合った二人ですが

 

 

人志さんは真美子さんの

 

20歳近く年下でした。

 

 

 

 

 

共通の趣味の話題を中心に

 

時には哲学的なことまで

 

メールでのやり取りが続き

 

 

 

二人で会って話をして以降は

 

親密な大人の関係を

 

結ぶようになっていったそうです。

 

 

 

 

 

 

人志さんってどんな人だったんですか?

 

 

 

 

 

 

 

「すっごいイケメン君だったよ~

 

目がとっても神秘的だった。

 

 

とっかかりはね

 

単純な言い方をすれば

 

器用貧乏に見えた彼の生き方が

 

自分と重なって見えて……

 

 

 

なにより、とにかく

 

 

こんな人がいたんだ!!!って

 

 

彼を知るにつれて

 

わなわな震えたのよ」

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

どうしようもないくらいに

 

愛してしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「多分、人生において愛した人は

 

人志だけかな……」

 

 

と話してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今でもお美しい真美子さんなので

 

当時はもっと綺麗だったでしょうし

 

 

 

 

人志さんにとっては

 

大人の女性の包容力でも

 

癒されたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

とはいえ

 

 

 

二人ともそれぞれに

 

結婚していたわけですから

 

 

禁断の恋で

 

頻繫に会うということもなく

 

 

 

 

付かず離れずで

 

 

 

 

会うのは

 

ほとんど深夜だけという関係の

 

10年間だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「セフレだったのかもしれないけどね。

 

 

 

でも

 

彼から露骨に

 

誘ってくることはなかったのよ。

 

 

 

 

 

罪悪感かしら。

 

 

 

 

小一時間メールして

 

結局は、私から誘うの。

 

 

 

 

 

 

それでもね

 

会って、するだけじゃなくて

 

いろんな話を聴かせてくれたの。

 

 

 

 

 

 

まぁそれも

 

罪悪感からかもしれないわね。

 

 

 

 

 

 

いつも、キツイこと言うのよ。

 

でもね本当はものすごく優しい。

 

 

 

 

 

 

ちゃんと私のことを

 

優先的に

 

思ってくれている証もあったわ。

 

 

 

 

 

 

そうそう、それから

 

 

 

 

 

一度だけ

 

自宅に招き入れてくれたことがあってね。

 

 

 

 

 

 

……特別扱いしてもらったことが

 

あるとダメね。

 

 

 

 

 

私、DV彼氏がいたこともあったから

 

 

 

 

結局は私が

 

都合のいいバカな女ってこと」

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて

 

 

 

 

 

 

人志さんの方が

 

 

真美子さんと結ばれるため……

 

ではなかったのですが

 

 

離婚したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真美子さんは

 

一直線な性格なので

 

 

 

人志さんに対する自分の思いは

 

伝えていたそうです。

 

 

 

 

 

ある夜のこと

 

 

 

人志さんはきちんと

 

真美子さんに

 

自分の気持ちを語ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

「真美子のことは好きだけど

 

10年後のことを思うと

 

付き合えない」

 

 

 

と……

 

 

 

 

 

 

 

真美子さんは

 

 

 

そうだよね

 

って納得したふりをしたけれど

 

 

 

 

心の中では

 

 

 

じゃあ今から10年

 

付き合ってみりゃいいじゃない!

 

 

 

そう思っていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年に数回

 

深夜に会うだけだったけれど

 

 

 

 

 

少しでも

 

若く綺麗でいようと必死だったし

 

 

 

会えるチャンスを逃さないように

 

 

 

ずっと張りつめていた

 

10年だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて

 

 

 

 

真美子さんも離婚したけど

 

 

 

 

 

二人の住む距離はどんどん離れ

 

 

 

 

 

 

 

もう随分会っていないとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「終わってはいないんでしょ?

 

会いたいって思わないの?」

 

 

 

 

 

そう尋ねると

 

 

 

真美子さんは

 

 

 

 

 

 

 

「鍵かけて閉めている扉を開ければ

 

今もあの頃の気持ちは

 

そのまんまであるのよ。そのまんま」

 

 

 

 

 

そう言いました。

 

 

 

 

 

 

 

「でもね

 

 

今は感謝してるの……

 

 

 

 

会わなくなってから

 

随分な時を経ても

 

 

 

 

彼はまだ若々しい

 

相変わらずのイケメンだけど

 

 

 

 

 

私はこんなに老いてしまって

 

 

 

みじめっていうか

 

彼の横にいたくないのよ。

 

 

 

 

 

そりゃね

 

 

そんじょそこらの

 

若い女の子よりも

 

魅力はあるっていう自負はあるわ

 

 

酸いも甘いもかみ分けて

 

人間の深みを得てきているもの!

 

 

 

 

 

 

でもね

 

なんていうのか……

 

 

 

 

彼と一緒にいることで

 

その自負は何の武器にもならなくて

 

 

ただ悲しいだけなのよ

 

 

しんどい……わ。

 

 

 

 

 

だけどね

 

来世にお土産に持って行けるくらい

 

愛した人は彼だけ。

 

 

 

 

そんな人に出会えたこと

 

宝物よ。

 

 

 

 

 

今さら

 

もう何も望まないのよ。

 

 

 

 

 

 

うらやましいでしょ?」

 

 

 

 

 

 

そして

 

付け加えるように

 

 

 

 

 

 

「人生の伴侶は

 

辛くなる存在じゃダメよ。

 

 

 

 

他人同士が一緒に暮らすって

 

やっぱり

 

ちょっとずつ気を遣って

 

ちょっとずつ我慢するでしょ。

 

 

 

好きが過ぎると

 

頑張り過ぎちゃうしね。

 

 

 

存在自体が

 

楽じゃなくちゃ続けるのは地獄。」

 

 

 

 

 

 

だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。