書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

こっそり45度……カウンセリングうけたまわります。

 

地味に・・・・

 

ちょっとばかりブログの更新は

 

滞っておりますが

 

 

ホームページの内容は

 

 

地味に変わっておりますのよ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

100人無料ヒーリングは

 

100人無料カウンセリング

 

と名称を変更し

 

 

 

 

 

 

商品には

 

6か月お楽しみ定期便

 

という

 

いわば……

 

サブスクリプションサービスを

 

ラインナップに上げております。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTのページも

 

カウンセリングを承ることについて

 

掲載しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも……

 

マメにブログをご覧になっておられる

 

稀有な方がおられましたら

 

 

 

 

 

なに?!カウンセリングとな?

 

 

 

聞いてないよ!!!

 

 

状態かと。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんですよ。

 

 

 

こっそり、シレっとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリングを始めるにあたって

 

 

 

 

ちょっとカッコつけて

 

 

 

 

カウンセリングに関係しそうな

 

持ってる資格を

 

掲げてみたりなんかして……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーリングねぇ・・・

 

 

 

正直なところ

 

 

 

最初から……

 

いや、なんなら始める前から

 

 

 

ずーっとなんとなく

 

 

 

違和感を感じていたんです。

 

 

霧

 

 

 

 

 

100人無料ヒーリング・・・

 

 

 

 

 

のヒーリングというワード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともらしいことを

 

 

言っていましたが

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけてみれば

 

 

 

 

 

 

 

同じように学んでいる仲間が

 

やり始めたので

 

 

 

私も始めてみた

 

 

 

 

というのが

 

カッコつけない本音の部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

なんていうか行動自体には

 

違和感はなさそうで……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーリングとは

 

現状の最適化であって

 

いわゆる回復につなげるもの

 

 

 

 

一方

 

 

 

 

コーチングというのは

 

未来を最適化させるものなんだ

 

 

 

 

 

 

と以前、教わっていたことを

 

思い出しながら

 

 

 

違和感に向き合っていました。

 

 

 

 

 

とは言え

 

 

コーチングというワードは

 

 

 

ヒーリングというワード以上に

 

違和感満載でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そうなのよ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

癒すというより

 

こっちは?って

 

提案した方がいい場合もあって

 

 

 

 

 

 

人によっては

 

癒しが必要な方もいれば

 

 

 

 

望んでいる方向に

 

進むためのきっかけが必要な方も

 

いらっしゃいます。

 

 

 

 

 

望んでいる方向が

 

本心じゃない方もいます。

 

 

 

 

 

 

 

私が願うのは

 

 

自分も含めて

 

 

 

その人がその人らしく

 

楽しんで生きれるようになること・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言えば・・・

 

 

人生初の

 

 

ショッキングな出来事が

 

あった時に

 

 

 

 

自分で自分を慰めた言葉は

 

 

 

「同じような体験をした人の

 

気持ちがわかるようになれた」

 

 

 

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も

 

 

 

 

辛いことがあると

 

そう思うことで

 

 

 

どういうわけだか

 

しっくりと腑に落ちていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生の頃の収入源は

 

家庭教師でした。

 

 

 

私が教えに行っていた生徒は

 

 

 

難病を抱えている子

 

 

学校で1、2番の問題児

 

 

特殊な家庭環境の子

 

 

 

 

なぜか抱えているものがたくさんある

 

子どもたちばかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

勉強よりは

 

 

メンタルサポートの比重が大きかった

 

気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

図らずも

 

学校で教える立場となったり

 

PTAから地域へと活動する中で

 

 

 

 

 

 

子どもたちはもとより

 

 

 

 

その親御さんや地域の長の方々や

 

様々な方の

 

相談に乗っていた私がいました。

 

 

 

 

 

 

その後は

 

 

 

 

母の認知症や自分の離婚をきっかけに

 

介護の世界に入ってからも

 

 

 

結局は

 

 

相談員という職種へと

 

移っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・これって

 

 

 

 

 

 

 

言うなれば

 

 

 

看板は掲げてないけれど

 

 

 

 

 

ずっと

 

 

 

ある意味

 

 

 

 

カウンセラー

 

 

 

 

やってきてたんじゃん……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相談

 

 

 

 

 

 

 

 

人間嫌い

 

 

 

もうあまり人と関わりたくない

 

 

 

 

そんな風に思って

 

 

 

 

アート作品を描くことを

 

始めてみたけれど

 

 

 

 

 

 

やっぱり人と絡んで行くような

 

 

 

方向になっていっていることに

 

気が付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうことか・・・

 

 

 

 

 

 

 

と腹をくくって

 

しばらく考えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気付けば

 

対人援助職を重ねてきてるわ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良くも悪くも

 

いろんな経験もしてきましたし

 

 

 

 

 

 

夢をあきらめたり

 

 

 

 

人の意見に

 

流されたりもしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかいつのまにか

 

 

 

 

 

 

年も重ねました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

 

まだ青臭いことも言ってる自分は

 

面白いなと思えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま・・・

 

 

 

運をはじめ

 

 

あらゆることは

 

 

人が運んでくるっていうし

 

 

 

 

 

 

 

人間嫌いとか

 

人づきあいは苦手だとか

 

言いながら

 

 

 

 

いざ人と向き合うと

 

 

 

 

自分でもびっくりするくらい

 

心と脳みそがフル稼働して

 

 

楽しげにしてたりするよな。

 

 

 

 

 

 

 

今のワタシ

 

 

今の私は

 

あれが欲しい、こうなりたいの前に

 

 

 

 

 

今の自分というものを

 

大事にしたい

 

 

 

 

 

と思うようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

無責任なようですが

 

 

 

 

 

 

 

ずっと

 

 

作品を描き続け

 

カウンセラーをする

 

 

 

 

 

とは言えない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな自分になるのか

 

わからないし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうイヤだ!

 

 

 

 

 

と、もしそう思ったら

 

 

 

 

 

 

 

そう思う自分を大切にしたい

 

 

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにも、ここにも・・・

 

 

 

 

いつかのワタシが

 

たくさんいて

 

 

 

 

 

 

 

 

ねぇ

 

 

いつかのワタシ!

 

 

 

 

聞き役ばかりじゃなく

 

たまには

 

 

 

聞いてもらいなよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言いたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポーカーフェイスの内心は

 

 

 

グズグズに挙動不審で

 

 

 

 

 

 

 

それがなんでなのか

 

 

自分では

 

なかなか気付けないものでした。

 

 

 

晴れ間

 

 

 

 

 

 

私がドン詰まっていたのは

 

 

 

 

自分をないがしろにし

 

足りないことばかりに気を取られ

 

過去や未来ばかりを見つめて

 

 

 

 

 

 

「今」を疎かにしまくっていた

 

 

 

 

ということからだと明確になって

 

 

 

 

 

 

ようやく整いました。

 

 

 

 

 

 

 

自分が整っていなかったから

 

違和感もあったんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人によっては

 

見えないパワーやスピリチュアルが

 

しっくりくる人もいますし

 

 

 

人によっては

 

見える物だけがリアルだと

 

捉えている人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

同じ「感じる」という行為も

 

人によって

 

強さも彩りも全く違います。

 

 

 

 

 

 

 

いろんな世界を垣間見て

 

 

 

 

偏りが取れて

 

 

 

 

もっといろんな見方を知って

 

 

 

 

 

 

人が生きているこの世界に

 

 

 

 

ワクワクしていて

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの

 

居場所とか立ち位置はココ!

 

 

 

 

ってはっきりと思える。

 

 

 

 

 

 

 

 

この居場所とか立ち位置が

 

 

 

はっきりと自覚できること

 

 

 

 

っていうのが

 

意外と大切なことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせ……そんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。