書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)のアート作品は、 パワースポット・アートです。

初老に差し掛かった母とアラサー娘

 

 

見知らぬ土地に来て

 

就いた仕事を辞めて

 

 

今までとは違う環境に

 

身を置くようになったことで

 

 

良くも悪くも

 

 

日頃、うだーっとからむ

 

友達がいなくなった私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同年代の友達が

 

次々に結婚、出産と駒を進め

 

 

取り残された感で

 

 

図らずも

 

 

日頃、うだーっとからむ

 

友達がいなくなった娘

 

 

 

 

 

ダメ出し

 

 

娘は賃貸マンションに

 

住んでいます。

 

 

 

 

 

住んでいる街は

 

高級住宅が建ち並ぶ

 

お洒落で閑静な住宅街です。

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

家賃もお高めだと思います。

 

 

 

 

 

娘はそんなに

 

高給取りではありません。

 

 

 

 

 

 

子どもたちの暮らしっぷりに

 

とやかく言わない私ですが

 

 

 

 

 

娘が金欠をぼやくたびに

 

 

 

上から目線で

 

 

 

言葉を変え

 

 

タイミングを変え

 

 

表現を変えて

 

 

 

身の丈に合った

 

物件に引っ越すように

 

 

 

言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

娘のお友達は

 

 

ここ数年で

 

次々に嫁いだり出産してゆくので

 

 

娘の気持ちは荒ぶり

 

体調も崩しがちで

 

 

 

気の置けない人に

 

荒ぶりっぷりダダ洩れさせて

 

 

砕け散っています。

 

 

 

 

 

 

私はもうすでに

 

子育ては終わった

 

 

 

と思っているので

 

 

 

 

娘にはちゃんと親離れして

 

 

 

自分の問題は

 

自分で解決していく力を

 

身に付けてもらいたい

 

 

 

と思っていました。

 

 

 

 

反面では

 

 

 

そういう考え方をしてちゃ

 

幸せとは程遠いよ

 

 

 

と見ていられない気持ちがあり

 

 

 

 

神憑ったような指で

 

繰り出される

 

 

連打のようなラインが

 

送られてくるたびに

 

 

 

 

 

 

娘を創り出した

 

創造主の立場で

 

 

 

諭したり伝えたりを

 

重ねた末に

 

 

 

逆ギレされて

 

 

 

娘に対して

 

常日頃から

 

 

負い目を

 

感じていたこともあり

 

 

 

創造主のくせに

 

闇に突き落とされてしまうのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

娘との休日

 

 

娘の熱烈オファーを受けて

 

 

 

娘の休日に付き合うこととなり

 

 

娘の住む街へ出向きました。

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

 

荒ぶる娘の

 

 

言葉の刃に

 

刺し違えるかもしれない……

 

 

 

と覚悟さえ決めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れ女の私と

 

 

雨女の娘が

 

 

 

一堂に会したことで

 

 

 

何となくどんよりした晴天は

 

案外心地よく

 

過ごしやすい一日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

娘は終日笑顔で

 

 

自分の住む街を

 

 

ひたすら案内してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

インドカレーのお店 アンビカ

 

 

まずは

 

 

娘のおすすめの

 

とても安くて美味しいカレー屋さんで

 

 

ランチをいただきました。

 

 

 

 

インド人シェフとウエイターさんが

 

 

たどたどしい日本語ながらも

 

 

心遣いを尽くして

 

接してくださいました。

 

 

 

 

辛さは5段階から選べました。

 

 

私はそんなに辛いもの好きではないので

 

レギュラーと呼ばれる普通の味で

 

オーダーしましたが

 

 

辛くなくてとても食べやすく

 

 

でもスパイスも感じられて

 

とても満足でした。

 

 

 

 

とりわけ

 

ナンが最高においしかった・・・

 

 

 

 

 

 

 

私が美味しい……と

 

心を震わせている間も

 

 

 

 

娘は自分が食べることは

 

そっちのけで

 

 

 

いろんなことを

 

私にしゃべり続けていました。

 

 

 

 

明るい娘の様子に

 

 

そうだ……

 

今を楽しまなくちゃ

 

 

 

と最近の私の

 

心掛けを思い出しました。

 

 

 

なので

 

 

プラス100円で付けたドリンクは

 

 

いつもならコーヒー一択ですが

 

 

せっかくなので

 

ラッシーをオーダーしました。

 

 

甘くて美味しくいただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩く 歩く 歩く

 

 

その後は

 

ゆっくりと街を散策。

 

 

 

 

街路樹の木漏れ日が

 

優しく注ぐ道沿いには

 

 

 

おしゃれなイイ感じのお店が

 

たくさん散在していました。

 

 

 

 

 

 

それはそれは

 

いちいち素敵です。

 

 

 

 

 

一つ一つ

 

知る限りを

 

丁寧に娘が教えてくれました。

 

 

 

 

 

 

頻繁に

 

 

「入ってみる?」

 

 

と誘ってくれるのですが

 

 

 

 

 

私の内心は

 

 

 

入ったら

 

何か買わなきゃ悪い気がする

 

 

 

 

そんなに

 

必要なモノじゃないし

 

 

 

 

 

見たら

 

欲しくなってしまうかも

 

 

 

 

 

・・・こんな調子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通りを隔てた

 

 

古くからあるような和菓子店に

 

目を奪われている時

 

 

 

また

 

 

 

「行ってみよ。

 

今なら他のお客さんも入ってるし」

 

 

 

 

 

と私の心を見透かすように

 

娘が誘ってきました。

 

 

 

 

 

 

後で

 

焼き菓子のお店に立ち寄ると

 

聞いていたので

 

 

 

 

「そんなにいろいろ食べきれん」

 

 

 

と伝えながら

 

 

 

娘の誘いをやり過ごすと

 

 

 

 

 

 

 

「いろんなお店で

 

 

ちょっとずつ買って

 

 

 

あのお店のお菓子かぁ……

 

とか思い出しながら

 

 

いろいろ味見しながら

 

 

楽しむんよ。

 

 

 

ここはこんな感じかとか知って

 

 

また行こうとか

 

誰かが好きそうやな

 

 

 

とか思うんやん」

 

 

 

 

 

 

と教えられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高級食材のデリカテッセンの前を

 

通ると

 

 

 

オープンカフェスペースで

 

 

ナチュラルなイメージの女性が

 

ワインを飲みながら

 

お店のお料理を

 

一人で楽しんでいました。

 

 

 

 

 

娘と二人で

 

その素敵な女性の

 

暮らしぶりを妄想しながら

 

歩いていると

 

 

 

 

 

素敵な街並みのそこかしこで

 

 

そんな素敵に見える人々が

 

たくさん視界に入ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お米の焼き菓子専門店 パヴェアルチザン

 

 

娘の目的地の一つの

 

米粉作った焼き菓子専門店

 

に着きました。

 

 

 

 

焼き菓子だけでなく

 

 

フレーバー豊かな紅茶や

 

ドライフルーツも並べられた

 

小さなセンスのいい店舗の中は

 

 

店主さんの優しさの情熱が

 

感じられました。

 

 

 

 

「どうぞ試食してください」と

 

フィナンシェと

 

レモンフレーバーのお茶を

 

振る舞っていただきました。

 

 

 

 

とても美味しかったので

 

少しだけど購入しました。

 

 

 

 

 

 

育みあう 人と環境

 

 

娘はここだけではなく

 

 

 

他のどこのお店に入っても

 

 

店員さんと

 

とても華やいでおしゃべりし

 

笑顔でいました。

 

 

 

 

 

こだわりの食材を使った

 

小さなパン屋さん

 

 

 

 

 

雰囲気のある

 

職人さんの集う建物

 

 

 

 

 

宝石のような

 

チョコレートのお店

 

 

 

 

 

高級感のある

 

洋菓子屋さん・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず

 

見える景色の一つ一つを

 

説明されながら

 

 

 

 

連れていかれた

 

少し狭い道は

 

 

結構

 

車が行き交う道でした。

 

 

 

 

 

「この辺はね

 

歩いてる人の横を通る車は

 

雨の日とかは特に

 

スピードを落としてくれるんよ」

 

 

 

と教えてくれました。

 

 

 

 

 

この環境に住んでいる

 

人々の意識たるや・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

相当な距離を歩き続け

 

 

思考がほとんど働かない状態で

 

 

娘の留まることのない

 

細やかな説明に

 

相槌を入れながら

 

 

 

 

娘の指さす方に目を向けると

 

 

 

 

細い路地の向こう側に

 

絵本作家さんが

 

営んでいるというカフェが

 

ありました。

 

 

 

 

 

 

 

パイクとそら

 

 

昔の集合住宅の一角を改装した

 

ノスタルジックな雰囲気のお店です。

 

 

 

 

店名は

 

店主さんの実体験を元に書かれた

 

絵本のタイトルだそうです。

 

 

 

 

 

絵本の内容は

 

せつなすぎて胸に刺さります。

 

 

 

 

 

 

 

揚げパンが美味しい

 

カフェだそうですが

 

 

 

私は食べれそうになかったので

 

ソフトクリームを

 

オーダーしました。

 

 

 

 

 

注文したものが運ばれ

 

その時には

 

一つ一つ

 

こだわりを丁寧に

 

説明してくださいました。

 

 

 

 

 

ソフトクリームは

 

 

佐賀県にある

 

『風の牧場』から仕入れた牛乳を

 

使っているそうです。

 

 

 

『風の牧場』では

 

牛の体に良いものを食べさせることで

 

人の体にとっても

 

良いものを提供できるという考えから

 

 

 

食べさせるエサと水は

 

電子の……機械を使って

 

 

 

農薬を中和させ……

 

 

 

……

 

 

 

 

 

とにかく

 

 

 

 

普通の牛乳に比べて

 

 

コクは1.5倍もあるのに

 

乳脂肪分は低いそうです。

 

 

 

 

 

そんな牛乳からできた

 

ソフトクリームを食べてみると

 

 

 

 

めちゃくちゃ

 

本当に濃厚なのに

 

 

あっさりしていて

 

 

 

 

 

今まで食べた中で

 

 

断トツの美味しさでした。

 

 

 

 

感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう・・・ごめんね

 

 

日が落ちる頃

 

 

 

まだまだ元気で

 

 

私を楽しませようとしてくれる

 

娘には申し訳ないながら

 

 

 

 

足腰が限界を迎えていたので

 

帰路につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

親離れしていない娘だと

 

思っていましたが

 

 

 

 

私の方が

 

 

 

本当の意味で

 

 

子離れしていなかったのだと

 

気づかされました。

 

 

 

 

 

 

娘は思っていた以上に

 

 

 

独自の価値観を持ち

 

 

 

素敵な感性に満ちていました。

 

 

 

 

 

 

 

考え方に

 

頼りなさがあるとしても

 

 

それは娘が

 

自ら育んでいくことですし

 

 

 

 

 

 

 

私がすべきだったことは

 

 

 

苦言を呈する形で

 

娘に

 

自分の考えを

 

押しつけることではなく

 

 

 

 

 

 

娘が吐く毒を

 

ただただ

 

受け流せばよかったのだ

 

 

 

 

と知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。