書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

ネガティブとの向き合い方

 

 

 

ポジティブシンキングや

 

おまじないを

 

 

 

繰り返し続けると

 

 

 

危険な場合があります。

 

 

 

 

 

ごまかしのわな

 

 

3、40代の頃……

 

 

 

しばしば

 

ストレス性の疾患に

 

悩まされていました。

 

 

 

 

 

結婚生活や

 

夫家族との同居、子育て・・・

 

 

 

そんなところからくる

 

ストレスによるものでした。

 

 

 

 

その頃にお世話になった

 

ドクターに言われたことだった

 

 

と思いますが

 

 

 

 

嫌なことがあった時

 

気にしていないふりをして

 

全部のみ込んでしまっているんじゃ

 

ないですか

 

 

 

 

 

 

 

その時点では

 

あまりよくわかりませんでしたが

 

 

 

 

徐々にこういうことか……

 

 

と思うことがたくさんありました。

 

 

 

 

 

 

嫌なことがあったとしても

 

 

 

何かに八つ当たりすることもできず

 

 

 

誰かに愚痴るにもキリがないし

 

 

 

 

 

 

結局

 

 

 

捉え方を変えて・・・

 

 

よくあるポジティブシンキングで

 

 

 

その場を乗り切るしか

 

ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

そうやって

 

 

 

ごまかして

 

飲み込む以外にありませんでした。

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

自分が

 

嫌な思いを飲み込んでいると

 

わかったからといっても

 

 

どうすることもできませんでした。

 

 

 

 

 

 

やがて

 

 

解釈を自分にいいように

 

変えることが

 

だんだんと得意になっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

頑張ることや

 

忙しくしていることが

 

 

 

自分らしさであり

 

美徳だと

 

 

そう信じてもいましたから

 

 

 

 

自分にはその方法が

 

合っているのだと

 

思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の本音を押し殺して

 

ポジティブなイメージで上書きして

 

自分に取り込む

 

 

 

それを永遠と繰り返し続けました。

 

 

 

 

 

また当時は

 

 

 

そういう考え方が

 

流行っていたように思います。

 

 

 

 

 

 

ちょっとした日々のストレスなら

 

それでよかったのかもしれませんが

 

 

 

 

 

 

よく言えば従順に

 

 

 

 

 

 

 

悪く言えば

 

何も考えずに馬鹿正直すぎて

 

 

 

 

 

 

体に異変が起ころうと

 

 

ポジティブシンキング的なことを

 

続けたわけです。

 

 

 

 

 

手軽で

 

誰にも迷惑かけなくて済みますから。

 

 

 

 

 

 

 

そうやって

 

 

 

いつのまにか

 

飲み込んだ感情が満タンになると

 

病気を発症していました。

 

 

溢れる水

 

 

 

 

 

溜め込んだものを引っ張り出す

 

 

生きづらさを感じながら

 

何度目かの満タンになった昨年でした。

 

 

 

 

いろんな本などを

 

読み漁ると

 

 

嫌な過去や

 

ネガティブな感情は

 

 

シッカリ味わい尽くして

 

手放しましょう

 

 

というようなことが書かれていて

 

 

 

 

なんとなく納得はしてゆきました。

 

 

 

 

 

 

なので

 

昨年は意を決して

 

 

思い出しては深掘りを重ね

 

 

概ねこういうことだと

 

落とし込んでいました。

 

 

 

 

実際に

 

それで上手くいって

 

生きることが楽にはなってきました。

 

 

 

 

 

でも

 

この作業は結構大変ですし

 

それなりのコツが必要です。

 

 

 

 

 

 

それに

 

毎日の暮らしの中で

 

新たに芽生える

 

ネガティブな感情もあります。

 

 

 

 

これを深掘りしてみると

 

とんでもなくネガティブループに

 

はまってしまい

 

 

 

私が常に心がけようとしている

 

心地よく過ごすとは

 

 

対極のところに至ってしまうのです。

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

またポジティブシンキング的に

 

捉え方で乗り越えようとしますが

 

 

 

微細なことは

 

それでどうにかなりますが

 

 

 

大きめのネガティブを

 

違った解釈で乗り切る時に

 

 

 

 

・・・これ

 

また溜め込みパターンになる

 

 

 

 

という自覚が薄っすらとありました。

 

 

 

 

 

 

 

感情のコントロール

 

 

感情をコントロールする方法は

 

 

 

たくさんの方法が

 

書籍にも書かれていたり

 

 

 

実際に教えてくれる講座などがあります。

 

 

 

 

 

私もいくつか学びました。

 

 

 

 

 

その場しのぎではない方法で

 

 

 

今、一番体感して

 

良いと思われる

 

誰でもできる方法は

 

 

 

一見、かなりヤバいヤツ的ですが

 

 

 

やってみたら意外とアリでした。

 

 

 

科学的にも

 

 

 

合致していると思います。

 

 

 

 

 

 

 

魔法のメソッド?!

 

 

何らかの出来事によって

 

悲しみ、怒り、劣等感、敗北感、焦り・・・

 

そういう

 

ネガティブな感情が出てきたとき

 

 

 

 

 

どうしても

 

起こった出来事を無限ループで

 

思い出しては

 

 

 

心の中で独り言のように

 

ネガティブな言葉を

 

 

 

その出来事と人に対して

 

発しているのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時に

 

 

 

まずは

 

第三者のように自覚をすることです。

 

 

 

 

あ……今、怒っている

 

イライラしている

 

めちゃくちゃ不安になっている

 

 

 

というように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認識ができたら

 

 

 

 

それをどこで感じているのか

 

 

 

意識してみます。

 

 

 

 

 

頭なのか胸なのか腹なのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認識した感情を

 

胸に集めて

 

 

どんな色で

 

どんな様子か

 

ぼんやりと眺める……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感情というのは

 

エネルギーの一種なので

 

 

 

 

ドロドロした感じ

 

 

渦巻いている感じ

 

 

燃えているような感じ

 

 

重い塊のような感じなど

 

 

 

そんな風なイメージだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

胸に集めたそのイメージを

 

 

何も考えずに

 

 

眺めるんです。

 

 

 

 

 

胸の中のエネルギーを

 

ただただ他人事で眺めるんです。

 

 

 

 

 

スゴイ渦巻いている……

 

 

 

このドロドロ黒いな……

 

 

 

 

そんな感じで。

 

 

 

 

 

絶対に

 

その出来事や人のことは考えずに

 

思い出さずに

 

 

 

第三者になって眺めるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると

 

 

だんだん消えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそれだけで

 

消える場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか消えない時は

 

 

それを集めて

 

 

丸い塊……球体にします。

 

 

 

 

 

 

 

・・・なんか

 

怪しいヤツ的な発言に

 

聞こえるかもしれませんが

 

 

あえて続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

その塊が

 

とんでもなく重いとイメージします。

 

 

 

それは

 

とてもネガティブな感情だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の胸元から

 

スーッと下り坂のスロープを

 

イメージして

 

 

 

 

 

塊をドンと押し出します。

 

 

 

 

 

ゴロゴロゴロゴロ……と

 

転がって

 

 

 

 

やがてブラックホールみたいな穴に

 

ホールインワン

 

 

 

ブラックホール

 

 

 

 

 

 

 

これで

 

ウソみたいですが手放せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

胸の空いたスペースに

 

 

 

光が差し込むとか

 

優しい風が吹き込むイメージまで

 

できれば

 

 

 

なおいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キショ!(気色悪ぃ〜)

 

と思うかもしれませんが

 

 

 

 

試してみても

 

損はなくないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめます。↓  ↓  ↓

 

 

 

① 自分の心の状態を第三者のように自覚する

 

② どこで感じているかを意識する。

 

③ その感情を胸に集めて、色や形など状態を観察する。

 

④ 絶対に出来事や人のことは考えたり思い出したりせず

 

ただ第三者になって眺めるだけです。

 

 

   →消えていけばここで終わり。

 

⑤ 眺めている感情を集めて丸い球体にする。

 

⑥ それがとても重いと意識する。

 

⑦ 自分の胸元から下り坂のスロープを出して

 

  塊をドンと押し出して転がすイメージを持つ。

 

⑧ 塊が大きな穴に落ちる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージが上手くなれば

 

消え方も見事になるようです。

 

 

 

 

 

 

感情のマネージメント

 

 

人間にしかない感情を

 

人間にしかないイメージ力で

 

マネージメントするわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

人が生きる上で

 

良くも悪くも

 

 

一番絡んでくるのが

 

感情です。

 

 

 

 

 

 

この感情を

 

上手くマネージメントできれば

 

 

 

Good job!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。