書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

上質なモノ

 

上質なモノを求めたい・・・

 

 

そういう気持ちが

 

 

 

若かった頃とは違う感性で

 

芽生えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

おいしいパン

 

 

先日

 

偶然入ったパン屋さんのパンが

 

 

とても美味しかったので

 

 

 

 

もう一度

 

買いに行ってきました。

 

 

 

 

 

帰ってきて

 

 

カフェオレを淹れて

 

 

 

何気なくテレビをつけて

 

 

買ってきたパンを頬張りました。

 

 

 

 

 

 

おいしい・・・

 

 

 

 

 

パンとカフェオレ

 

 

 

そう思いながら

 

テレビに目をやって

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・!

 

 

 

 

 

 

テレビに夢中になっていて

 

 

 

おいしさには

 

すっかり無頓着になって

 

 

 

次々とパンを

 

口に放り込んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

せっかくの美味しいパンなのに

 

 

美味しいと感じるのを忘れて

 

 

ただただ

 

おなかを満たそうとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

すぐさまテレビを消して

 

 

 

 

 

じっくりと

 

甘味や香り、様々に合わさった旨味を

 

味わってパンをいただきました。

 

 

 

 

 

そうすると

 

 

 

 

いろんな奥深い味わいが感じられて

 

 

 

さらにおいしくて

 

 

 

とても幸せな気持ちになれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだ・・・

 

私、こんな風に丁寧に暮らしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

生産者さんの情熱

 

 

あるテレビ番組で

 

 

 

ある農家さんが

 

 

土や肥料や水質など

 

ありとあらゆるものにこだわって

 

 

よりおいしい野菜やお米を作って

 

消費者に届けたいと

 

 

日々向き合っておられるのを見ました。

 

 

 

 

 

 

とてもじゃないけど

 

真似できない根の詰め様です。

 

 

 

 

 

それほどに

 

熱量を注ぎ込んでも

 

 

 

出荷して市場に出ると

 

 

 

機械化して

 

通常の生産方法で

 

大量に生産されたものと

 

 

 

同じ価格帯なのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の番組では

 

養殖魚に関わる生産者さんの

 

ドキュメンタリーを見ました。

 

 

 

 

細部にとことんこだわって

 

育てられる魚ですが

 

 

掛けたコストと見合わない価格で

 

店頭に並んでしまうことが

 

 

取り上げられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べてくれる人を思って

 

 

情熱を注いで生産されたものは

 

 

やはり絶対的においしいのに。

 

 

 

 

 

 

 

お金は気持ちを伝えるツール

 

 

お金は価値のあるものに

 

 

心からありがとうの思いを添えて

 

 

支払いたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今の私は

 

 

 

心を込めて作ってくれたものを

 

求めたいと思うし

 

 

 

そういうものに出会えて

 

受け取れるなら

 

 

 

それ対してのお金を支払って

 

心からありがとうを伝えたいと

 

 

 

そんな風に思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ物でも

 

 

衣服でも

 

 

様々な道具の類も

 

 

 

 

心を注いで提供されるものを

 

 

心からの感謝の気持ちで

 

お金を支払って

 

 

手に入れ

 

 

 

それを丁寧に扱い恩恵を被る

 

 

 

 

 

 

そんな時間を重ねたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せの源は

 

 

自分自身が今という瞬間瞬間を

 

 

 

どれだけ心地よく過ごすか

 

 

 

というところにあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分には叶えられないことを

 

誰かが思いをもって叶えて

 

 

 

それによって作られたものに

 

思いを馳せるなんて

 

 

 

 

どんなに心地よく

 

贅沢な時間でしょう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

価値観の変遷

 

 

若かった頃は

 

いいものを身に付けることで

 

 

 

自分を少しでも

 

よく見せたいとか

 

 

 

よく見せることで

 

素敵な人と出会えるとか

 

 

 

いい扱いを受けるとか

 

 

 

それで自分も気分良くいられるとか

 

 

 

そんな風だったと思います。

 

 

 

 

 

それはそれでよかったと思います。

 

 

 

 

 

それもある意味

 

大事な視点だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の今は

 

 

 

認められたいとか

 

 

褒められたいとか

 

 

好かれたいとか

 

 

 

 

そういう

 

いろんなものは削げ落ちて

 

 

 

 

 

 

素のままで心地よく丁寧に

 

 

物の向こう側にある

 

人や思いを感じながら

 

 

暮らしたい

 

 

 

 

 

そんな風に思えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。