書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

幸せの抽象度

 

幸せだ……

 

心地いい……

 

 

と感じることが多ければ多いほど

 

人生豊かになりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こだわり

 

 

このブログを書き始めた頃は

 

 

 

木々が少ないこの場所に

 

暮らしていることを

 

 

 

あまり好ましく思っていなかったので

 

 

 

 

ただひたすらに

 

 

 

緑豊かなところで暮らしたい

 

 

 

と泣きそうな心で願っていました。

 

 

 

 

 

 

 

ところが

 

 

 

一番下の子の

 

転居の片づけの手伝いに行った際に

 

 

 

引っ越し先の窓から

 

見えた公園の木々に

 

うらやましさを感じたのに

 

 

 

 

手伝いを終えて

 

 

 

帰宅した自宅の窓から見えた

 

たゆたう川の流れに

 

とても癒され

 

 

 

 

 

これじゃなきゃいけない

 

 

 

っていう

 

自分の思い込みの

 

愚かさを知ることとなりました。

 

 

 

 

 

 

よもや思い込みだと

 

思いもしないことが

 

 

思い込みであったことは驚きでした。

 

 

 

 

 

 

緑の木々でも

 

 

 

水の流れでも

 

 

 

 

自然の営みを目にしながら

 

暮らせることが

 

 

私には心地よいことなんだと

 

 

 

 

幸せの範囲が広がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変なたとえですが

 

 

 

この人とじゃなくちゃ

 

私は幸せになんてなれないの~!

 

 

 

と激しく思っていたのに

 

 

 

 

シレっと

 

違う人と出会って

 

 

 

 

この人といる時が幸せ~

 

 

 

と思ってきた過去も

 

同じようなものかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こだわりが

 

上手くほどけた時

 

 

 

虫の目線が

 

鳥の目線に変わって

 

 

 

世界が広がります。

 

 

 

 

 

 

鳥の目

 

 

 

 

 

 

 

 

馴染んで行くこと

 

 

 

思い返せば

 

嫁ぐまでの私はずっと

 

水辺に暮らしていました。

 

 

 

海の近くや川の近くです。

 

 

 

水の音は癒しの音色でした。

 

 

 

もっと

 

水の音を暮らしの中に感じたい

 

 

 

もっと

 

水の流れを眺めていたい

 

 

 

と願っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

嫁いでからは水辺から離れ

 

 

 

 

やがて

 

山の中腹に暮らすようになって

 

 

 

 

その頃は

 

 

 

 

そう……山は嫌でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

住めば都という言葉がありますが

 

 

慣れていくことが

 

 

良くも悪くも自分の安全地帯

 

 

 

 

脳科学的にいう

 

コンフォートゾーン

 

になっていくんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな発見

 

 

 

 

うちの窓からは

 

 

 

川に架かる橋の上を

 

車がビュンビュン走る風景も見えます。

 

 

 

 

近景

 

 

先日のこと

 

 

 

窓の上半分にすりガラス調の

 

フィルムシートを貼りました。

 

 

 

 

 

 

レースのカーテンを洗濯する為に

 

 

カーテンを外した時

 

 

 

明るさがとても心地よかったので

 

 

 

レースのカーテンをせずに

 

外からの視線を遮ろう

 

 

と思ったからです。

 

 

 

 

 

 

すると

 

 

 

 

川の流れだけが見えるようになって

 

とてもイイ感じになりました。

 

 

 

 

 

 

川の土手では

 

 

 

朝はランニングをする人たちが

 

見えます。

 

 

なんだかエネルギーを感じることができます。

 

 

 

 

 

今日はシートを広げて

 

川の流れを眺めながら

 

おしゃべりしている人たちが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

川の流れは

 

絶えることなく

 

水面の揺らぎを輝かせています。

 

 

 

 

 

そんな風景を

 

毎日

 

他からの視線を気にすることなく

 

眺められることって

 

 

 

日々の本当にささやかだけど

 

癒しだなぁと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前に

 

その大きな橋の下にある

 

見慣れた近所のバス停の近くの一角に

 

 

 

こんもりとした数本の木と

 

物置小屋の赤い屋根を見つけました。

 

 

 

 

 

とても小さな一角ですが

 

 

 

 

なんだかとても素敵な景色で

 

 

 

 

今までなんで気付かなかったんだろう

 

 

と不思議な気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

豊富な木々の景色だけを

 

ずっと捜そうとしていたから

 

 

 

気が付かなかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

こだわりは

 

本当に視野を狭くしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

がっつかない姿勢

 

 

 

長い間

 

忙しいことを美徳として

 

焦りがちに暮らしてきたけれど

 

 

これは改めたいと思い

 

少しずつ自分をゆるめています。

 

 

 

 

 

今をしっかりと満足しながら

 

 

 

 

時には

 

いい意味であきらめて手放し

 

 

 

 

 

 

ゆったりとした心の持ち主に

 

なりたいと思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

願いは必ず叶うのだそうです。

 

 

 

 

 

水の流れを

 

もっと眺めていたいという

 

 

 

 

遠いいつかの願いが

 

 

今叶っているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか願ったことが

 

 

形を変えて

 

叶って現れているのが今です。

 

 

 

 

 

 

よくよく考えてみて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がっつかずに

 

いつか叶うんだ~と

 

 

ゆるく思って

 

 

機嫌よくしていたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。