書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

鬱の記憶

 

 

死んでしまいたいと思うくらいに

 

辛い思いをしている人たちへ・・・

 

 

 

 

 

嫁姑、いじめ、夫婦・・・

 

いろんな人間関係からの悩みがあります。

 

 

私も以前、経験しました。

 

 

 

 

 

実は10年前くらいに

 

アメブロでブログを書いていた時期があります。

 

 

そこに綴った

 

 

長男の嫁、舅との同居に疲れて

 

鬱になっていった記憶……

 

 

 

今から20年くらい前の出来事ですが

 

リライトします。

 

 

 

 

 

結婚当初

 

 

嫁いですぐは
 
 
舅とも義姉とも
 
もちろん主人とも
 
 
一緒の部屋で
 
ワイワイ言いながら過ごすモンだ
 
と思っていました。
 
 
大家族
 
 
 
でも
 
舅とは一日中一緒……
 
 
 
義姉はドクターなので
 
リビングには
 
情緒不安定で神出鬼没。
 
 
 
主人も帰りが遅い毎日でした。
 
 
 
 
 
酔っ払った舅は
 
一筋縄ではいきませんでした。
 
 
その頃の舅はまだ若かったので
 
飲んだくれて
 
時に暴れることもありました。
 
 
 
 
やがて息が詰まり
 
 
 
 
私は2階の部屋に
 
籠もることが増えていきました。
 
 
 
義姉に
 
家庭内別居だと言われたりもしました。
 
 
けれど
 
夕飯の時以外は
 
籠もるようになっていきました。
 
 
 
 
子どもが生まれ
 
 
 
舅は子どものことを
 
とても可愛がってくれました。
 
 
 
けれど
 
 
舅は酔って
 
子どもたちを風呂に入れるとか
 
 
酒の肴を子どもたちにも
 
食べさせたり
 
 
 
可愛いからと
 
舐めまくったり
 
 
・・・・・
 
 
 
 
 
酔って
 
子どもたちに絡まれることが
 
 
私には嫌で嫌で仕方なく
 
 
断るにしろ
 
飲むと短気な舅の機嫌を
 
なるべく損ねないよう必死で
 
 
 
このストレスが
 
そもそも
 
一番大きかったと思います。
 
 
 
 
 
舅の酒量と
 
一挙手一投足を見極め
 
 
子どもたちを静かにさせたり
 
食べさせたり
 
半ば無理矢理に寝かしつけたり
 
 
 
そんな毎日でした。
 
 
 
 
 
 
いつまで続くのか
 
このまま続くのか
 
 
 
未来はいつも明るい光に
 
満ちているわけではないのだと
 
ため息の日が増えていきました。
 
 
 
 
ただ、疲れ果てた頃には
 
主人が帰宅する。
 
 
 
主人が帰れば
 
子どもたちも守られる……
 
 
私はまだそうやって
 
 
主人の帰宅を心待ちする
 
可愛い奥さんでした。
 
 
陽射し
 
 
 

10年後

 
 
そんな日々を10年ほど重ねた頃には
 
 
 
 
私は闇の淵を漂っていたと思います。
 
 
 
 
 
管理職になった旦那に
 
未曽有のトラブルが
 
降りかかり
 
 
 
自ら降格して
 
旦那は単身赴任となりました。
 
 
 
 
しがらみから逃れた
 
単身赴任先から
 
 
楽しそうに
 
毎日を電話で報告してくれました。
 
 
そして
 
電話を切る前には
 
 
気をつけろだの
 
無理するなといった類の
 
 
まじない言葉をそらんじる
 
 
 
 
そんな感じで
 
 
こちらの安否を気遣ってくれていました。
 
 
携帯電話
 
 
 
 
妬む気持ちが毎日募りました。
 
 
温度差の著しさに
 
無力感を感じました。
 
 
 
 
 
舅のことを愚痴った私に
 
 
旦那はいつも
 
 
「何にでも負けへんhiroちゃんも
 
オヤジには勝たれへんな…」
 
 
とちょっと小ばかにしたように言われ
 
 
 
 
悔しさなのか悲しさなのか
 
わからない感情で
 
 
 
もっと苦しくなっていきました。
 
 
 
 
 
 
 
 

ストレスに蝕まれる~体

 
 
 
私は様々なストレス性の疾患
 
 
自律神経失調症とか
 
十二指腸潰瘍とか
 
メニエール病とか・・・
 
 
を次々と発症していました。
 
 
 
 
 
 
 
 
舅は呑まなければ
 
大人しい賢人でした。
 
 
 
 
相変わらず
 
 
家飲みもするけど
 
外飲みにも
 
よくお出掛けになりました。
 
 
 
 
そして
 
 
時々
 
出先で酔っぱらって大けがをするので
 
搬送先の病院に迎えに行きました。
 
 
 
 
 
ご近所から
 
 
 
「お宅のおじいちゃん
 
また道で寝てるで」
 
 
 
或いは
 
 
 
「ウチの玄関先に
 
座り込んでるねんけど」
 
 
 
 
 
なんて具合で連絡が入り
 
 
 
 
 
平謝りで連れ帰り
 
 
 
 
翌日、菓子折持って
 
一人、お詫びに行く……
 
 
 
 
というのは、しょっちゅうでした。
 
 
菓子折
 
 
 
朝起きると
 
 
酔った舅が食べ散らかした
 
 
というより
 
 
食べようとして
 
こぼしまくった料理が
 
 
床や壁や調理台に
 
 
 
散乱・・・散布
 
 
 
これは日常茶飯事でした。
 
 
 
 
 
 
 
書ききれない
 
いろんなことがあった
 
日々でした
 
 
 
 
それでも
 
 
 
昼間の舅には
 
気を遣いまくっていました。
 
 
 
 
 
子どもたちには
 
舅の醜態は
 
極力見せないようにしていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかく
 
 
いい嫁 ・良き母 ・良い妻
 
であろう
 
 
というより
 
 
でなければならない!!!
 
 
と必死の毎日でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなある日
 
 
 
朝起きた私の左側が
 
なんとなく痺れていました。
 
 
 
ヘンな寝方しちゃったかな
 
 
 
そう思いながら
 
 
 
実家の母と
 
買い物に行く約束をしていたので
 
出掛けました。
 
 
 
 
母と買い物をしながら
 
 
相変わらず痺れている
 
左側に不自由を感じながら
 
 
でも普通にしてるつもりなのに
 
やたらと歩いてるとぶつかる・・・
 
 
 
 
昼食を食べると
 
 
明らかに異常なほどに
 
口にうまく入らない
 
というか
 
こぼしてしまう……
 
 
 
 
 
 
 
病院に電話をして聞いてみると
 
 
「すぐに来なさい!」
 
 
 
 
 
 
じゃあ行ってくるわ
 
と私は単身
 
車を運転して
 
 
 
 
救急指定の脳外科に向かいました。
 
 
 
 
 
どうやら
 
尋常じゃないかもしれない……
 
 
 
そう感じていて
 
 
 
まさかの事態も考慮して
 
 
路肩に近い側を運転しながら
 
 
自分に降りかかるかもしれない
 
出来事に
 
 
四の五の憂う間もなく
 
 
 
覚悟を決めようと
 
心をギュッと強くしました。
 
 
 
 
確か、ちょっと泣いたかな。
 
多分、震えてもいたと思います。
 
 
 
 
そうやって私は覚悟を決めて
 
 
 
 
病院に着いた時には
 
腹をくくっていました。
 
 
病院
 
 
 
 
受付で名前を言うと
 
すぐに
 
慌てたドクターたちが
 
駆け寄ってきて
 
 
 
「ゆっくりと!」
 
 
そう言われて
 
ストレッチャーに横になるよう
 
指示されました。
 
 
 
 
横になるやいなや
 
 
ストレッチャーは
 
勢いよく走り出し
 
 
ドクターからの簡単な質問に
 
少し喋りづらさを感じながら
 
答えました。
 
 
 
 
 
 
すぐにMRIを撮ることが告げられ
 
同行した家族のことを聞かれ
 
一人で運転してきたことを告げると
 
 
呆れ顔で叱られました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
検査の結果は意外でした。
 
 
 
 
 
異常ナシ
 
 
 
 
 
ドクターも
 
ちょっと驚きながらも
 
ホッとしてくれていました。
 
 
 
 
 
 
そんなこと
 
聞いたこともないけれど   
 
 
 
たまに
 
過剰なストレス等で
 
こんな脳疾患の症状が出る
 
場合があるらしい。
 
 
 
 
 
 
そして
 
当時はまだ心療内科が少なく
 
精神科の受診を
 
薦められました。
 
 
 
 
 
 
抗うつ剤や安定剤の薬を
 
もらって帰ったと思います。
 
 
 
 
 
 
「なんとかしなければ
 
本物の脳疾患を患いますよ!」
 
 
 
とドクターに言われ
 
自分でも感じました。
 
 
 
 
 
 
 
それでもやっぱり
 
 
 
 
 
いい嫁・ 良き母・ 良い妻
 
にならなくちゃ!!!
 
 
 
 
という呪縛に
 
 
 
 
がんじがらめになったまま
 
どうにもできないでいました。
 
 
 
 
 
 
 
どうにもならない・・・
 
そう思い込んでいました。
 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスに蝕まれる~心

 

 
 
当時の私は
 
もう尋常ではなかったと
 
思います。
 
 
 
 
 
人に会うだけで
 
涙が溢れて仕方ありませんでした。
 
 
 
 
訳もなく
 
泣けてしまうんです。
 
 
 
 
 
なので
 
私はヒドいアレルギーだと偽って
 
 
必要以上に明るく笑っていました。
 
 
 
 
 
そして疲れてしまっていました。
 
 
 
 
 
 
無意識に気付かれまいとする
 
行動に疲れるせいか
 
 
 
 
 
もう人に会うことが厄介でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
歪んだ殺意が怖くて怖くて
 
 
 
 
時にシラケて・・・
 
ヤッチャエバ イイ!と
 
 
 
 
 
 
今まで
 
 
何でもそれなりにソツなく出来てた私
 
 
いろんな人ともうまくやってこれた私
 
 
 
 
 
 
 
いい嫁・・・
 
良き母・・・
 
良い妻・・・
 
 
私、出来るから!!!
 
 
 
 
頑張らなきゃ!頑張らなきゃ!頑張らなきゃ!頑張らなきゃ!
 
 
 
逃げ出すなんてできない。
 
 
 
 
 
だって・・・!
 
 
 
 
もっとしんどい思いをしてる人は
 
いっぱいいるし
 
 
 
 
 
 
もっと辛い境遇の人だって
 
頑張ってる。
 
 
 
 
 
 
 
 
自分を奮い立たせては疲れ果てて
 
 
 
 
 
 
かつての自分を必死に演じては
 
泣きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤッチャエバ イイ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子どもたちを守らなきゃ
 
 
主人を支えなきゃ
 
 
舅はいい人なんだ
 
 
両親に親孝行しなきゃ
 
 
 
 
 
長男の嫁として
 
 
親戚付き合いや仏事の采配……
 
きっちりやらなきゃ。
 
 
 
 
 
 
 
責任感が強いしっかり者。
 
 
 
 
 
ホントは
 
めんどくさがりの
 
いい加減なヤツのクセに
 
 
 
 
 
毎日、毎日
 
虚像を見せては
 
 
 
独りになったら
 
 
 
自分も知らないような
 
虚像から生まれた
 
化け物の私が暴れていました。
 
 
 
 
 
闇の中
 
 
ヤッチャエバ イイ!
 
 
ヤッチャエバ イイ!
 
 
ヤッチャエバ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子どもが無邪気に笑って
 
 
ふと
 
我に返るそんな優しい瞬間も
 
 
 
 
 
 
やがて
 
 
 
 
ぶっ潰してしまいたい
 
 
 
 
 
そんな衝動に
 
変わっていきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
私は宙を見つめて
 
何かを呟いていることが
 
多かったかもしれません。
 

 

 

 

 

 

闇の中

 

 

ずっと思い出さないように

 

してきました。

 

 

この頃をわずかに思い出す術は

 

殴り書きされたノートです。

 

 

 

もしも、ふいに命を絶っていたら

 

遺書だって言われそうな殴り書きです。

 

読むとそのまま

思い出した闇に

 

引きずり込まれてしまいそうな恐怖が

 

すぐ横であぐらをかいてる感じで

 

よみがえってきて怖くなります。

 

 

ノート

 

~当時のノートより~

 

・・・全て押しつけられてこんなに重いのに。
でも、その重さは誰も判らないし

その重さを放り出したところで誰も重くはならない。
答えは私自身の中。(中略)

その私自身というものは私自身を見失い認識できない。

 

毎日、針のむしろで精神をすり減らして暮らしていることを

誰1人として本当に理解していない。
してもらえないのは当然だし、望んでもいない。
そんな思いまでして過ごしてきてるけど

私がいなくなっても誰1人として本当に困りはしない。それなりにやっていける

 

 

(別の日)

 

 

逃げたい 消えたい 無くなりたい いっそ完全に病んでしまいたい。

違う。

腹をくくれ。 肝に銘じよ 。覚悟を決めろ。
下手な夢や理想は無くせ。私は嫁いできたんだから。

 

 

 

(別の日)

 

 

とにかく、少しでも(舅と)関わり打ち解けてしまったら、

呑んだ時にこちらのテリトリーに土足で入ってきて居座る。
これが私にとって最大の恐怖。

 

それは嫁いできた当初の(舅の)荒れ様がトラウマになり

居座られたら逆らえない、ずっと相手にならなきゃならない
自分の生活リズムや子どもたちが侵される
子どもたちと自分を守るため、是が非でも打ち解けるわけにはいかない

そして、自分をよく見せたい
のんびりしている所を見せるわけにはいかない。

 

何かトラブルがあって一戦交えることになった時、

自分に否がないようにしなければならないから。
少しでも隙や弱点を見せるわけにはいかない
否がなければ私は勝てる

 

 

 

 

どんなに心が滅茶苦茶で

 

 

そのうち

 

考える力すらなくなっても

 

 

 

私はかつての自分を

 

 

人前で演じることだけは

 

必死で続けていました。

 

 

 

 

 

だから

 

私が闇の中にいたことに

 

 

 

 

誰も気付きませんでした。

 

 

 

 

救い

 

 

1人だけ

気付いてくれた人がいました。

 

 

 

古い知り合いの四柱推命の先生です。

 

 

 

 

1つだけ

気付かせてくれた本に出会えました。

 

曾野綾子さんの

 

「いい人」をやめると楽になる

という本でした。

 

 

 

 

 

 

自分の状況を吐露したかったのか

 

何か用があったのか

 

 

よく覚えてはいないのだけど

 

 

 

四柱推命の先生のお宅に

 

ある日、お邪魔しました。

 

 

 

この頃になると

 

考えて行動しているはずなんだけれど

 

 

 

心ここにあらず状態で

 

 

 

何をどうやったのかを

 

記憶に留めることは

 

できませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

身体は次々に患うストレス性疾患で

 

ぼろぼろで

 

やる気とか覇気は皆無でした。

 

 

 

 

四柱推命の先生が

 

私は目を合わせていなかったけど

 

私の顔をまじまじと見つめていたのは

 

なんとなく覚えています。

 

先生は

 

私に悪いモノが

 

取り憑いているとおっしゃいました。

 

 

 

本当にそうだったのか

 

 

私が私自身を否定することのないように

 

という心遣いだったのかは

 

 

定かではありません。

 

 

 

 

 

けれど

 

 

 

珍しい美味しい物を

 

食べさせてくださったり

 

 

 

方向取りと称して

 

いろんな場所に行くなど

 

 

とにかく

 

 

心が1つのことに固執しないように

 

 

いろいろ指導してくださいました。

 

 

 

 

 

でも、正直なところ

 

 

 

何をしていたのかは

 

あまり覚えていません。

 

そして

 

 

私が処方されている薬は鬱の薬だと

 

教えてくれました。

 

 

 

 

 

でも

 

鬱になりきってはいけない

 

 

 

と強く言われました。

 

 

 

 

 

 

そうか、私は鬱病・・・

 

 

薬

 

 

 

そんな頃

 

 

 

曾野綾子さんの本を読んでみて

 

 

目から鱗・・・

 

そんな考え方って・・・

 

 

と気づきが起こりました。

 

 

 

取り付かれたように

 

心に響く言葉を

とにかくノートに書き写し

何度も読み返して噛みしめました。

 

特にハッとしたのは

 

死ぬほど疲れていると感じたら、どんな不義理もできる。死ぬことと比べたら、出世も、悪評を立てられることも我慢できるというものだろう。ほんとうに過労で死ぬかどうかは、自分しか判断できない。

 

 

つまり

 

 

無理、しんどい……と思う時の

 

その重さは自分にしかわからない。

 

 

自分で判断するしかないんです。

 

 

人それぞれ、人間性に関わらず、

 

持っている器の大きさやカタチは違う。

 

 

他の人に耐えれることが、

 

必ずしも自分に耐えれるとは限らない。

 

 

それは

 

 

忍耐力の欠如とか努力不足とか

 

評価されるけれど

 

 

 

人はみんなそれぞれ違う。

 

 

 

 

何度も読み返して噛みしめて

 

 

 

そうして私は

まず

いい人をになるのを

 

止めることにしました。

 

 

一人の人を傷つけるくらいの強さがないと、一人の人の心も救えない。

 

という言葉に従い

 

 

おそらく一生背負う

 

ごめんなさいを覚悟して

 

 

私と私の家族を

 

私なりに修復する決意を固めました。

 

 

 

この家を出よう

 

 

 

 

舅から離れよう

 

 

 

 

 

すっかり温度差ができ

 

私の中にできた

 

夫婦間の溝を埋めよう

 

 

 

 

 

 

一番下が

 

幼稚園の父親参観を前に描いた

 

顔を真っ黒に塗りつぶした

 

お父さんの絵。

 

来年は

 

笑顔のお父さんの絵を

 

描けるようにしてやろう。

 

 

 

 

 

 

 

そして私も

 

 

 

 

 

気兼ねなく食事を作ったり

 

気兼ねなく出掛けたり

 

気兼ねなくのんびりしたり

 

気兼ねなくお茶をのんだり

 

気兼ねなくご飯をたべたり

 

気兼ねなく休んだり

 

気兼ねなく掃除したり

 

 

・・・しよう。

 

 

 

そのために

 

 

 

上の子どもたちを

 

転校させてしまう

 

ごめんなさい。

 

 

お義父さんごめんなさい。

 

お義姉さんたちごめんなさい。

 

 

親戚の皆さんごめんなさい。

 

私の両親にもごめんなさい。

 

旦那にもごめんなさい。

 

 

 

 

決意は正しい?

 

 

私の願いの為に

 

多くの人にごめんなさい。

 

 

 

 

それは

 

やっぱり間違ってる?

 

 

 

でも

 

 

そんな自分を

 

死に物狂いで許そう・・・

 

 

 

 

 

私の中の頑張る器は

 

もういっぱいで

 

 

これ以上は無理なんだから

 

心を鬼にしなきゃ。

 

 

と、別の意味で

 

潰れそうになりながら

 

闇から

 

なりふり構わず

 

這い上がりはじめました。

 

 

 

 

優しい花

 

 

 

DO!

 

身体も精神もかなり

 

ヤバかった私ですが

 

 

四柱推命の先生の後押しも力にして

 

 

自分の決断を信じて

 

単身赴任の主人の住む街への

 

転居を決めました。

 

 

 

 

これは、確かに、

 

たくさんの

 

ごめんなさいを背負っての

 

決断でしたが

 

 

 

 

私自身の救済だけでなく

 

主人、子ども、夫婦にとっての

 

多くの可能性を感じていました。

 

 

 

 

舅にとってもそうでした。

 

 

酔っては

 

「実の娘と暮らしたい」

 

と友人にこぼしているのを

 

何度も聞いて

 

 

腹立たしいとかそんな思いではなく

 

本当にいい意味で

 

じゃあそうできるようにしてあげたい

 

と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

舅には殺意さえ覚えるほどの

 

疎ましさを感じていながらも

 

 

 

一方で

 

 

自分でもどう理解していいのか

 

わからないのですが

 

 

 

尊敬の思いや大切に思う気持ちを

 

はっきりと持っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えて考えて

 

 

何日も寝ずで調べて

 

 

 

転居を決意してから

 

わずか2ヶ月で

 

 

 

住む場所を決め

 

周りを説得し

 

中古住宅を購入して

 

 

 

転居しました。

 

 

木漏れ日

 

子どもたちは

 

小6、小5、幼稚園でした。

 

住まいは

 

現地で探すわけには

 

いかなかったので

 

 

 

ネットで探して

メールで

 

不動産屋さんとやりとりして

 

という感じだったと思います

 

 

転居してよかったです。

 

全部が

 

上手くいったわけじゃないけれど

 

よかったと思います。

 

 

 

 

 

自分の力で

 

希望を抱けない時は

 

命が危ぶまれた時は

 

 

自分の判断で

 

自分を信じて

 

自分で変えていくのです。

 

 

 

命が危ぶまれた時は

 

逃げるべきです。

 

 

 

人はみな

 

幸せを求めていいんです。

 

 

 

 

 

 

誰かへのごめんなさいは

 

 

きっと

 

 

別のカタチで

 

償ってもいいんです。

 

 

 

 

 

完璧な自分を求めている時は

 

人にも完璧を求めがちです。

 

 

 

 

自分の弱さを認めた時

 

人の弱さに優しくなれました。

 

 

 

 

 

生き方は1つじゃないです。

 

 

 

 

 

自分のまわりは全部、道です。

 

 

命は1つです。

 

 

 

 

 

 

死ぬくらいなら

 

 

 

 

試しに

 

 

 

違うやり方を

 

 

ダメもとで

 

やってみるべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。