書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

継続は力なりばかりじゃない

続けているだけ……

 

 

どんなことでも

 

 

続けていると

 

力が付くものだという話を

 

 

聞いたことがありますが

 

 

 

 

 

必ずしもそうとは言えないと思います。

 

 

 

 

 

お弁当作り

 

 

思えば……

 

 

夫や義姉、子どもたちの

 

お弁当を長い間作ってきました。

 

 

 

 

上の子どもたちの幼稚園が終わったら

 

下の子が幼稚園に通うようになり

 

 

下の子の幼稚園が終わったら

 

 

上の子たちが小学校の給食を終え

 

中学校、高校に通うようになり

 

お弁当が始まり……

 

 

 

 

なんだかんだ考えてみると

 

ほぼ毎日のように

 

20年以上作り続けたにも関わらず

 

 

 

 

これほど

 

継続が力にならなかったことが

 

他にあるかというぐらい

 

 

全く、ちっとも、さっぱり

 

向上しませんでした。

 

 

 
 
見事なくらいの
 
進歩のなさは
 
 
途中なんなら退化しましたから。
 
 
 
 
20年もだらだらと嫌なことを
 
続けた自分には感動すら覚えますが。
 
 
 
 
 
上の子どもたちが
 
幼稚園の頃は
 
キャラ弁みたいなことも
 
していました。
 
 
 
おにぎりが
 
同じ型で顔をアレンジするだけでしたが
 
クマさんやパンダちゃん
 
タヌキさん、ブタさん、コアラちゃん、ネコちゃん
 
・・・・
 
 
ウルトラマンやバルタン聖人も作りました。
 
 
 
 
お花やタコさんのウインナーに
 
ハート形の卵焼きなど
 
 
頑張っていた頃もあるにはありました。
 
 
キャラ弁
 
 
 
やがて
 
 
 
自分も
 
仕事をするようになってからは
 
 
 
 
完全に脳が寝たままで
 
 
 
前の日の夕飯の残りを詰めたら
 
冷凍食品をレンジに入れて
 
待っている間に
 
次の冷凍食品を開封
 
 
 
 
を無表情、無意識で
 
単純作業を繰り返すのみでした。
 
 
 
 
その後は
 
自然解凍で食べられるものもでてきて
 
 
 
手抜きに手抜きを
 
上塗りしていく感じにまで
 
至ってしまいました。
 
 
 
 
 
継続によって
 
 
初めには確実にあった
 
 
美味しく食べて欲しいとか
 
愛情を込める気持ちが
 
 
惰性によって
 
失われてしまっていました。
 
 
 
 
 
ただただ
 
やっつけ仕事でした。
 
 
 
 
もう帰らぬ日々
 
誠に申し訳なく思っています。
 
 
 
 
 

向き合い方が変わって……

 
 
一人で暮らすようになって
 
生活費を抑える為に
 
職場にお弁当を
 
自分で作って持って行くようになりました。
 
 
 
提供していた側から
 
食べる側にもなっただけですが
 
少し腕を上げました。
 
 
 
 
 
正確には
 
 
腕を上げたというよりは
 
 
効率的に……
 
 
自分に合ったやり方で
 
自分に合った満足度に至った
 
 
 
それだけのことです。
 
 
 
 
冷凍食品は
 
私の口に合わないし
 
コスパが良くないなぁ……
 
と自分で毎日食べるようになって
 
わかりました。
 
 
 
でもどうやっても
 
朝はやっぱり苦手だなぁ
 
 
 
 
そうか、大量に作り置きして
 
前日の夜に詰めてしまおう
 
 
となったわけです。
 
 
作り置き
 
 
もちろん
 
 
こんなやり方も
 
それまでに読んだりした雑誌や情報で
 
知らなかったわけではなかったのですが
 
 
 
 
逆にめんどくさく見えていたし
 
 
 
単調に嫌だ嫌だと思いながら
 
こなしていた作業なので
 
 
試行錯誤にも至っていなかったのです。
 
 
 
 
 
 
日々の生活や
 
職場での仕事においても
 
 
 
結局
 
惰性で流されてて
 
 
 
向き合っているように見えても
 
 
 
ちっとも
 
まともに向き合っていないことって
 
結構ありました。
 
 
 
 
 
 
 
嫌だとかめんどくさい
 
と感じているものほど
 
 
そんなことになっていました。
 
 
 
 
 
 
大きく見れば人生だって同じです。
 
 
 
 
 
ずっと向き合おうとしている中の
 
嫌だと思っているもの
 
面倒だと感じているもの
 
そんなものこそ
 
 
ちょっと真剣に向き合ってみると
 
 
その後が
 
楽になれるのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。