書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

エイプリルフール

 

 

おいおい

 

今日は4月3日で

 

エイプリルフールは済みましたで。

 

 

 

 

わかっていますよ。

 

 

 

 

母親のウイット

 

 

小学校低学年の頃です。

 

 

 

 

母親は私が

 

友人と頻繁に遊ぶのを

 

嫌っていたので

 

 

私は一人で過ごすことが

 

多い毎日でした。

 

 

 

 

 

 

そんなある日の朝

 

 

 

 

「今日はあっくんが来るよ」

 

 

と母が私に告げました。

 

 

 

 

あっくんは

 

6つくらい年上のいとこです。

 

 

 

いろんなことを教えてくれる

 

大好きなお兄ちゃんでした。

 

 

 

 

 

母方の実家の長男の息子さんで

 

 

 

私は事あるごとに

 

ここでお世話になっていたというか

 

育ててもらっていたので

 

 

 

実の兄くらいの

 

つながりを感じていました。

 

 

 

 

 

 

とはいえ

 

 

 

私が当時住んでいたのは

 

和歌山で

 

 

 

あっくんの住む母方の実家は

 

広島なので

 

 

 

 

 

 

あっくんが家に来てくれるなんて

 

 

それはそれは

 

 

ビッグイベントです。

 

 

 

 

 

 

もう嬉しくて嬉しくて

 

 

 

そわそわしながら

 

 

 

物音がするたびに

 

外に出て

 

 

 

今か今かと待ちわびていました。

 

 

 

 

 

一日中

 

 

 

何もせずに

 

 

何もできずに

 

 

 

 

ずっとずっと

 

待ちわびました。

 

 

 

 

 

 

まだかな……まだかな……

 

 

 

 

 

 

何度か母にも聞いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

夕方になって

 

 

 

 

あまりにしつこく聞く私に

 

ブチ切れたように母は

 

 

 

 

「エイプリルフール!」

 

 

 

 

と片手間に言い放ちました。

 

 

 

エイプリルフール

 

 

 

 

 

 

その時の落胆・・・

 

がっかりは

 

 

今でも忘れられないくらいのショックでした。

 

 

 

 

 

 

それ以来

 

エイプリルフールは大嫌いです。

 

 

 

 

 

ある意味

 

トラウマ級の思い出で

 

 

 

4月1日が来るたびに

 

今日は大嫌いな日と思い返し

 

 

 

親しい人には

 

 

「お願いだから

 

エイプリルフールの嘘はつかないでね」

 

 

とお願いしています。

 

 

 

 

 

 

Mさん

 

 

最近はすっかりご無沙汰していますが

 

 

PTAだの地域団体の仕事だのを

 

していた頃に

 

知り合いになったMさんは

 

 

 

 

とても強い影響力を持った方です。

 

 

 

 

 

 

俗っぽく一言で言うと

 

すごい人です。

 

 

 

 

細かいことは書けませんが

 

 

政治の世界で秀でた人で

 

生き様も魅力的な方です。

 

 

 

 

見た目も

 

ちょっと目を引く感じで

 

 

 

 

少し関わってみると

 

 

そのナルシストっぷりに

 

引いてしまう人もいます。

 

 

 

 

逆に

 

 

 

その魅力に引き寄せられる人も

 

多くいます。

 

 

 

 

 

 

成功とか幸せとか

 

そんな生き方のお手本みたいな人です。

 

 

 

 

 

 

 

忌野清志郎が

 

 

「愛し合ってるかぁ~ぃ」

 

 

と聞くように

 

 

 

 

 

 

アントニオ猪木が

 

 

「元気ですかぁぁぁっ!」

 

 

と檄を飛ばすように

 

 

 

 

 

出会って間もない頃

 

 

 

「楽しいことは何や?」

 

 

 

とMさんに問いかけられました。

 

 

 

 

 

 

 

当時の私は

 

日々の活動に奔走しまくって

 

 

周りには

 

 

活動的でポジティブな人間だと

 

 

思われていたと思いますが

 

 

 

 

 

私自身の心の中は

 

真っ暗で

 

 

楽しいことなんて意識もなく

 

 

 

 

その問いかけに

 

 

 

「なんもないです。来世に期待です」

 

 

 

と自分に正直に答えたように思います。

 

 

 

 

 

 

Mさんは

 

驚いたように笑いながら

 

 

 

「何言うてんの?人生楽しまな損やで」

 

 

 

と仰いました。

 

 

 

 

 

 

自己啓発本が実写化されたような

 

そんな場面でした。

 

 

 

 

活字より

 

実際の言葉にはインパクトがありました。

 

 

 

落雷

 

 

 

ここ数年は

 

SNSなどを介して

 

たまに

 

やり取りするくらいで

 

 

 

 

私の方は

 

Facebookの投稿を見て

 

ご様子を知っているという状況です。

 

 

 

 

 

先日も投稿がありました。

 

 

 

Mさんは

 

アート作品を趣味で描かれていますが

 

 

 

 

カタールの富豪がとても作品を

 

お気に召されて

 

 

全て作品を買い取ると

 

お申し出になった

 

 

 

 

 

というような内容でした。

 

 

 

SNS

 

 

 

 

さすがだなぁ……

 

 

Mさんなら

 

そういうこともあり得るよなと

 

 

 

 

ものすごく心を揺さぶられました。

 

 

 

 

 

全作品となると

 

ものすごい量です。

 

 

 

うわぁぁぁぁぁぁぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

成功と幸せのお手本みたいな人なので

 

 

 

そういう引き寄せ的なことも

 

日常茶飯事的に

 

シレっとしてしまわれるので

 

 

 

 

 

すごいなぁ……

 

そんなこともあるんだなぁ……

 

 

 

 

と何度もつぶやきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日

 

また投稿が目に入りました。

 

 

 

 

昨日は毎年恒例の『エイプリルフール』を楽しませてもらいました!

 

最近エイプリルフールが廃れてるのは『遊び心』の衰退かと感じます。

 

『遊び心』は人生に大事ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

あ・・・・

 

 

 

 

 

 

実は毎年

 

4月1日のMさんの投稿を

 

 

 

私は真に受けてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

エイプリルフールの日という

 

憂鬱な感情を

 

がっつり持ったまま過ごしている日

 

 

 

 

それなのに

 

 

 

 

毎年毎年

 

ころっと騙されて

 

 

 

 

激アツなコメントを送ったり

 

 

 

すごいね!のリアクションのスタンプで

 

 

返信してしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でも

 

本当にあきれてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「純真な証拠です!」

 

 

と返信をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

自分では

 

トラウマのように思っているけれど

 

実はそうでもないのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

Mさんのエイプリルフールの嘘には

 

害はないのでいいんですが

 

ちょっとした敗北感です。

 

 

 

 

 

 

 

他人の目線

 

純真な証拠かぁ……

 

 

 

 

 

 

 

私は今でこそ

 

払拭できていますが

 

 

 

 

自分で内面はかなり

 

どす黒くて

 

やさぐれていると

 

ずっと思ってきました。

 

 

 

 

 

払拭できたとはいえ

 

 

きっとその痕跡のようなものは

 

 

残っているんじゃないか

 

と思っています。

 

 

 

 

 

 

でも

 

『純真』という

 

素敵な言葉をいただけました。

 

 

 

純真

 

 

 

先日

 

別のある尊敬する方からも

 

 

 

毒を感じて

 

とことんやさぐれて

 

 

 

と言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

 

私はピュアなのか?!

 

 

 

ウソでしょ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純真とかピュアって

 

 

 

世間知らずの凡人を

 

いいように表現している

 

 

 

以前の私なら

 

そう解釈して

 

 

 

ムキィィィ~~ッ!!!

 

 

 

となっていたかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも今は

 

嫌な解釈はしません。

 

 

 

 

 

 

だって

 

この年になって

 

純真な心って

 

 

本当だったらスゴイことです。

 

 

いろんな黒いものに

 

染まっていないってことですもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人などを振り返ってみると

 

 

自分に対しての

 

過大評価とか

 

逆の

 

過小評価

 

 

ってあることなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のことは

 

自分が一番よく知っている

 

 

 

という見方もありますが

 

 

 

 

 

 

他人の方が

 

俯瞰的に見ているので

 

 

正確な場合もあるように思います。

 

 

 

 

 

 

 

エイプリルフールの憂鬱は

 

 

 

ちょっぴり

 

嬉しい自分を知れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。