書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

残務処理

 

残すものは……

 

 

 

 

とっておきのもの?

 

 

それとも

 

 

厄介なもの?

 

 

 

断捨離の後始末

 

 

 

断捨離キャンペーンの残り課題の

 

 

・娘に着なくなった服を譲る

 

・断捨離で出たゴミを出す

 

 

これは難なくクリアできました。

 

 

 

 

 

願ったり叶ったりって言葉がありますが

 

 

 

残りの課題だ~

 

なんてブログに書き終わる直前のこと。

 

 

 

 

 

日頃はなんだかんだと忙しくしている

 

娘から

 

 

今日はお休みなの……と

 

 

突然連絡が来ました。

 

 

 

 

 

いつになるかと思っていましたが

 

娘んちに届けに行くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

ゴミ出しも終えました。

 

 

 

 

これからは

 

日々、思い立った時の

 

作業に入っていきますが

 

 

 

 

 

 

その前に

 

 

 

単純にゴミにできない物も

 

引っ張り出しているので

 

 

 

それと向き合うことにしました。

 

 

 

 

 

父の遺品

 

 

以前に大体は整理しましたが

 

保留分がありました。

 

 

 

こういうものは

 

もうこのタイミングでどうにかしようと

 

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多趣味で浪費家だった父は

 

 

 

 

「わしが死んで生活に困った時は

 

売りに行けば、ええ金になる」

 

 

 

 

と断言していた遺品を

 

たくさん残してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母が施設入所した後

 

 

 

両親の物を整理する時に

 

 

父の大切な品々を

 

まじまじと眺めることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

純金の○○の類は

 

 

 

全てメッキでした。

 

 

 

 

なので

 

買い取ってももらえない代物でした。

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら・・・

 

と思うものは

 

 

 

 

思い切って

 

 

 

訪問してもらって

 

鑑定してもらいましたが

 

 

 

 

 

 

ことごとく

 

価値はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも

 

ことごとくだったので

 

 

 

 

わざわざ訪問査定依頼した手前

 

 

なんだか申し訳なくて

 

 

 

 

宝の持ち腐れだった

 

私のロレックスの時計を

 

買い取ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父の自慢の品物のいくつかは

 

見当たらず

 

 

 

 

 

母が言うには

 

私のもとに引っ越してくる際に

 

手伝ってくださった人が持って帰った

 

 

 

とのことですが

 

 

 

 

どうだったんでしょうかね……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このたび

 

 

 

満を持して手放そうと決めたのが

 

 

 

 

 

 

書道にまつわるものです。

 

 

 

 

父は書道については

 

本当に究めていました。

 

 

 

 

ただやはり

 

晩年は

 

どこか道楽じみた色合いで

 

楽しんでいたように思います。

 

 

 

 

 

 

 

私も書の道を

 

究めるやもしれないと

 

 

 

手つかずで保管し続けていましたが

 

 

 

 

どうやら私は

 

書を究めることはなさそうですし

 

 

 

そろそろ処分を考えようかと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

一応、父は価値のあるものだと

 

常々話していました。

 

 

 

 

 

 

父は簡易の遺言状を残していました。

 

 

 

 

 

その遺言状には

 

しばらくの間

 

 

 

私はやり場のない気持ちを

 

背負わされていました。

 

 

 

 

 

 

というのも

 

 

 

その長文の遺言状には

 

 

遺す母への感謝と愛が

 

たくさんしたためられ

 

 

 

あとは

 

 

別離に至った前妻や娘さんたちへの

 

詫びる気持ちがたくさん

 

綴られていました。

 

 

 

 

友人や仲間への感謝も

 

書いてありました。

 

 

 

 

 

 

長い長い巻紙に

 

したためられた遺言状の中に

 

 

 

 

私については

 

全く触れられておらず

 

 

 

 

 

 

最後の一文に

 

 

 

「亡き後の全ては

 

○○(私の本名フルネーム)に託す。」

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

認知症が進み始めた母が

 

嬉しそうに

 

「これ読んで~」

 

と私に手渡した遺言状でした。

 

 

 

 

 

 

寂しさとも怒りとも言えない感情で

 

 

 

 

けっ!厄介だけ

 

すべて押し付けやがった

 

 

 

とだけ呟いて

 

気持ちに蓋をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は

 

変に生真面目なところがあって

 

 

 

どうあろうと

 

ちゃんとしたいので

 

 

わけのわからない遺品についても

 

 

 

確かめてから

 

 

処分しなければならないと

 

思ってきました。

 

 

 

 

 

 

でも

 

こういう作業って

 

簡単なことですが

 

結構ハードルが高いんです。

 

 

 

 

 

 

 

そういう意味でも

 

 

 

このタイミングでどうにかしようと

 

思いました。

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると

 

 

 

硯や掛け軸なども

 

 

画像を送ることで

 

簡易の査定してもらえました。

 

父の遺品

 

 

念のため

 

2か所にお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

これまで鑑定してもらった物は

 

すべて価値なしでしたから

 

 

 

 

 

それを思えば

 

 

 

少しは価値があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

売却の場合は

 

郵送でも可能なようですが

 

 

 

梱包が面倒なので

 

そんなに遠くない所を選んだので

 

 

近いうちに持って行きたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の遺品整理

 

 

まだまだ

 

減らしていくものはあります。

 

 

 

 

 

整えておこうと思うものも

 

たくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は

 

今夏、57歳になります。

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ

 

若いのかもしれませんが

 

 

確実に

 

年は重ねていっています。

 

 

 

 

 

 

 

重い腰を

 

あげなきゃならないことは

 

 

 

少しでもフットワークが軽いうちに

 

済ませてしまって

 

 

 

 

 

子どもたちに負債を残すことなく

 

 

 

 

 

軽やかに

 

老後を迎えていければ……

 

 

と考えています。

 

 

 

 

自然

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。