書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

慮る息吹

 

気づきが増えると

 

人生はもっともっと豊かになります。

 

 

 

 

春の便りの贈り物

 

1月の末だったか

 

 

 

園芸ショップに鉢を買いに行った際に

 

おまけで

 

たくさんの球根をもらいました。

 

 

 

 

 

せっかくもらっちゃったので

 

 

 

ベランダに

 

小さなプランターを買って

 

植えました。

 

 

 

 

 

水をやりながら

 

 

何気なく毎日

 

その成長を眺めていました。

 

 

 

 

 

3月になると

 

 

 

 

まずは濃い紫色の

 

ヒヤシンスが咲きました。

 

 

 

 

 

多分ムスカリだと思っていた

 

小さな球根が咲かせた花は

 

 

クロッカスでした。

 

 

薄紫色がちらほら咲いています。

 

 

 

 

 

数日前から

 

 

次々に

 

チューリップが咲き始めています。

 

 

 

これが

 

なんとも上品な色合いです。

 

ベランダのチューリップ

 

 

 

 

園芸ショップの方は

 

同じ色合いの球根にしてくださったのかしら

 

 

 

 

 

ベランダのプランターは

 

私好みの同系色でまとまって

 

 

なんとも気持ちを押し上げてくれます。

 

 

 

 

 

 

成長を見守る中で

 

楽しみが芽生え

 

 

 

つぼみが見え始めるとワクワクして

 

 

 

うわぁこんな色の花だと

 

嬉々として。

 

 

 

 

 

 

 

茶色いコロコロした球根を

 

たくさんもらった時も

 

うれしかったけれど

 

 

 

 

咲き始めてくれて

 

 

 

ウキウキする喜びが

 

次々に咲く感じで

 

 

 

 

 

春の幸せが割り増ししています。

 

 

 

 

 

 

さくら さくら

 

 

春の幸せと言えば

 

 

 

昨日は

 

桜が咲きほこり始めた日曜日でしたが

 

 

あいにくの雨模様でした。

 

 

 

 

花見を心待ちにしていた

 

 

わけでもなく

 

 

 

 

桜が好き~と言っていた

 

 

わけでもないのですが

 

 

 

 

 

booが

 

桜並木のドライブに

 

連れて行ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

たしか昨年の今頃は

 

介護の仕事をしていたので

 

 

 

利用者様の送迎で

 

いろんな街並みを送迎する中で

 

 

 

あそこの桜並木が五分咲きだとか

 

 

どこどこの桜並木がものすごい

 

 

なんてことを

 

多分しきりに話していたような

 

気がします。

 

 

 

 

 

 

 

連れて行ってくれた桜並木が

 

車の窓に広がるさまに

 

感嘆しながらも

 

 

 

 

低い位置で咲く間近の桜があれば

 

 

 

その可憐さを一生懸命に

 

視界に切り取ろうとしている

 

自分がいました。

 

 

 

 

 

あ……私、夢中になっているわ

 

 

 

 

 

桜並木の桜

 

 

 

booは花になんか多分

 

いや絶対に

 

興味なんかないです。

 

 

 

 

 

わざわざ私に見せようと

 

連れて行ってくれたんだ

 

 

と気づきました。

 

 

 

 

以前の私なら

 

 

 

booが自分が好きなドライブの

 

ついでに通ってくれた

 

 

くらいにしか思わなかっただろうけど。

 

 

 

 

 

booにお礼を言うと

 

 

「花見るの、好きやもんな」

 

 

 

 

 

 

 

言ってないし

 

あんまり自覚なかったけれど

 

知ってくれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

うすだいだい

 

 

今朝、なんだかんだしながら

 

BGMのように流れていた

 

朝の番組「スッキリ」で

 

 

 

ファミマの肌色表記の下着回収

 

のニュースを取り上げていて

 

 

 

へぇーという感じで

 

聞き流していました。

 

 

 

 

その話の流れで

 

 

 

 

たとえば色鉛筆は

 

2000年には

 

「はだいろ」という表記から

 

「うすだいだい」という表記に

 

変えたそうです。

 

 

 

色鉛筆

 

 

 

 

 

知らなかった……

 

 

 

考えてみればそうよね。

 

 

 

 

 

 

今、「うすだいだい」と

 

呼ばれているその色は

 

 

昔多くを占めていた

 

この国に住んでいた人の肌の色です。

 

 

 

 

 

私としては

 

「はだいろ」という言葉は

 

 

肌の色という認識ではなくて

 

 

 

感覚としては

 

 

固有名詞というか

 

ただの色の名前として捉えていました。

 

 

 

 

 

 

だけど

 

私が育ってきたころでも

 

 

生まれついて色黒の人もいたし

 

 

染色体の関係で

 

透けるように白い肌の色の人もいました。

 

 

親のどちらかが

 

アジア圏でないことから

 

肌の色が

 

うすだいだいではない人もいます。

 

 

 

 

 

そのことを重く抱えている人がいます。

 

 

 

 

 

 

当たり前のように

 

何の違和感もなく

 

もちろん何の悪気もなく

 

使っている言葉が

 

 

 

 

誰かの心に

 

傷を負わせている場合もある……

 

 

 

 

 

 

 

気が付かないって

 

 

とても怖いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かが嫌な思いをするのなら

 

使わない方がいいと思います。

 

 

 

 

 

そうやって消えて言った言葉も

 

たくさんありますもんね。

 

 

 

 

 

 

慮る見方

 

 

過剰?と思われることも

 

中にはあったりもするけれど

 

 

 

他者をいろんな角度で

 

気遣える時代の流れは

 

 

悪くないと思います。

 

 

 

 

 

 

これからは

 

 

 

そういった

 

 

いろんな角度から物事を見る

 

 

多角的な見方とか

 

 

俯瞰的な見方が

 

 

 

今まで以上に

 

もっともっと必要になってくるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

そうすることで

 

 

 

それまでは気が付かなかったことにも

 

目や心を注ぐようになり

 

 

 

優しい社会や暮らしやすい環境の礎が

 

築かれていくはずです。

 

 

 

 

 

 

 

そういう強い流れを

 

感じることが増えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。