書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

好きが高じる生き方

息子の卒業

 

 

 

一番下の子の大学卒業が決まりました。

 

 

 

 

 

 

ですが、このご時世ですので

 

卒業式は卒業生と教職員のみとのことで

 

親の臨席はありません。

 

 

 

 

薄情なようですが私自身は

 

卒業式に臨席するつもりはなかったので

 

お知らせだけで十分でした。

 

 

 

 

 

 

大学では

 

優秀な成績を修めていてくれていたので

 

不安には思っていませんでしたが

 

 

 

 

 

人生には

 

しばしば、「まさか」

 

という坂があると言いますから……

 

 

 

 

 

卒業が決まったことは

 

 

 

 

肩の荷が下りた感を持ち

 

節目の思いに至りました。

 

 

卒業

 

 

 

 

 

オペラ公演

 

 

昨日、その一番下の子が出演した

 

大学主催の

 

オペラ公演を鑑賞してきました。

 

 

 

舞台

 

 

 

一番下の子は

 

ここで何度か書いていますが

 

 

 

 

物心ついたころから

 

とにかく音楽が大好きで

 

 

 

 

 

 

子どもの頃からの好きが

 

 

 

ずっと

 

ぶれることなく一直線でした。

 

 

 

 

 

 

 

勉強はあまり出来が良くないと

 

思っていましたが

 

 

 

 

 

好きが高じて

 

大学に進学することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

てっきり大学に進学後は

 

バンド活動でもするのかと思いきや

 

 

 

 

声楽に目覚めていきました。

 

 

 

 

声楽科からのお誘いもあったので

 

声楽科に転科したかったのでは……

 

と思いますが

 

 

 

 

転科せず学校の先生になる学科に

 

留まりました。

 

 

 

 

おそらく人生の保険をかけたのでは

 

ないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

さまざまな演奏会に出演したり

 

 

 

毎年のこの時期の

 

大学主催のオペラ公演には

 

出演させていただいていました。

 

 

 

 

 

 

この先も

 

好きな道を進んでいこう

 

 

 

と決めてはいるようですが

 

 

 

 

 

 

就職すると、今まで以上に

 

それが

 

 

とても困難なこと

 

 

になってしまうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

もう難しいでしょう……

 

 

 

 

 

 

 

昨日のオペラ公演が

 

おそらく

 

在学中の最後の舞台

 

だったと思います。

 

 

 

 

 

なので私の中では

 

 

もうこれが最後になるかもしれない

 

 

と感じていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前のように招かれて

 

行きましたが

 

 

 

休憩時間にたまたま面会できたときに

 

「お父さんは来てないの?」

 

と尋ねると

 

 

今年は

 

演者一人につき

 

2名のみの招待枠だったそうで

 

 

 

私とお世話になった先生だけ

 

を招いたことを知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元夫にも見せてあげたかった思いが

 

自然にこみ上げてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々なことを思い出しながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな思いを巡らせながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ出ずっぱりでしたが

 

登場するたびに

 

 

 

「あれ、うちの子ですねん」

 

 

 

と周りに言いたい気持ちを抑えながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間ほどの舞台はあっという間に

 

終演となりました。

 

 

 

 

 

 

 

息子の生き様

 

 

 

最後の最後・・・

 

 

 

カーテンコールの

 

拍手の中

 

 

 

 

 

 

 

演者が順番に再登場する場面で

 

 

 

 

息子は

 

 

 

 

 

一番最後に

 

 

 

 

 

晴れ晴れと

 

堂々と中央に現れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子は……

 

 

 

 

 

私がまき散らした困難も

 

 

 

自分に降りかかった試練も

 

 

 

 

 

音楽に対する強い思いを糧に

 

一つ一つ乗り越えてきたんだ

 

 

 

と強く感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっとこれからも

 

 

 

好きが高じる場面を

 

 

見せ続けてくれるのかもしれないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっぱれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もこれからは

 

 

好きが高じる生き方を

 

魅せていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。