書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

能座ほまれ

養父市能座の純米生酒

 

 

嬉しい物を頂きました。

 

 

 

久しぶりに飲んだ昨夜の日本酒

 

「能座ほまれ」

 

能座ほまれ

 

 

 

きりりとした飲み口で

 

 

芳醇な香りと奥深いまろみのある味わいが

 

 

 

まさに五臓六腑に染み渡り

 

 

 

 

 

これは、旨いわ・・・

 

 

 

 

なんでも200本限定販売のものらしい。

 

 

 

 

 

たまたま作っていた

 

ぶり大根とも合う。

 

 

 

 

 

 

旨さを味わい

 

 

 

 

お気に入りの

 

ガラスの酒器の美しさを愛で

 

 

 

 

 

 

 

 

注いでは

 

 

 

 

ゆっくりと飲み干し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにいい感じに酔いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ日本酒だなぁ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい気分で

 

 

食器棚の下のMY酒蔵庫の前に

 

どかっと座って

 

 

 

買い置きの日本酒を手前に出して

 

 

 

またこれからは

 

日本酒をメインにするか~

 

 

 

とにんまりしていました。

 

 

 

 

 

 

 

買い置きはコレ・・・

 

パック酒

 

 

 

パック酒ですが

 

結構おいしくて常備するようになりました。

 

 

 

 

 

これの金色もあったので

 

飲んでみたことはありますが

 

そちらは私好みではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

テキパキと洗い物をしながら

 

 

 

 

 

 

そうだ……私

 

いい感じに酔うと

 

頭も冴えるし

 

フットワークも軽くなって

 

パフォーマンス上がるんだった

 

 

 

 

 

 

 

 

酔うって素敵。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いただいたお酒の美味しさは

 

 

 

 

忘れていた感覚を思い出させ

 

 

極楽気分に誘ってくれた

 

 

 

最高の一本でした。

 

 

 

 

 

 

 

酒歴

 

 

日本酒

 

 

 

父親の

 

 

 

『女の子なんだから

 

自分の酒量は自分で

 

知っておかなければならない』

 

 

 

 

という意味深で

 

理不尽な謎の教育によって

 

 

 

 

私は早い段階から

 

アルコールに親しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

そんな父親の教育には

 

 

 

『焼酎は飲むべきではない』

 

 

 

という謎の掟があり

 

 

 

 

 

若い頃は

 

日本酒を愛飲しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

特に

 

 

剣菱、賀茂鶴、菊正宗

 

 

これがあれば最高でした

 

 

 

 

 

 

 

 

洋酒はどうも体質に合わず

 

飲むと翌日にはおなかが緩んだし

 

 

 

炭酸飲料が

 

あまり得意ではなかったせいか

 

 

ビールも

 

あまり好きではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると

 

飲み会に行けば

 

 

 

とりあえずビールで乾杯。

 

ビールで乾杯

 

 

その後は

 

 

 

「あ、日本酒をいただけますか」

 

 

 

となるわけです。

 

 

日本酒

 

 

 

 

どのコミュニティに属そうと

 

 

 

すぐに酒豪扱いされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ飲んでも

 

ポッと頬に赤みがさすこともないので

 

 

 

飲み会のテーマである

 

親睦であったり、交流に向き合うには

 

 

好きな飲み物で挑みました。

 

 

 

 

 

 

日本酒を飲む女であることは

 

 

 

意図せずとも

 

 

職場の上司のおっさんたちの

 

共感を得るところに

 

 

ポールポジションを取れました。

 

 

 

 

 

焼酎

 

 

 

嫁ぎ先の舅は

 

焼酎愛好家だったこともあり

 

 

 

私も禁断の焼酎に手を出し

 

飲むようになりました。

 

 

 

家呑みはもっぱら焼酎となりました。

 

 

 

PTAや地域団体での飲み会では

 

焼酎ロックが定番でした。

 

 

 

「黒霧のロック」と何度オーダーしたことか。

 

焼酎ロック

 

 

 

 

 

 

 

 

ビール・ハイボール

 

 

booと出会ってから

 

ようやくビールに目覚めました。

 

 

 

 

ハイボールも旨い!

 

と思うようになりました。

 

 

 

 

 

ビールもハイボールも

 

気楽に飲めますし

 

 

 

注文の際に

 

周りからの「おっ……」という

 

軽めのリアクションも受けずに済みます。

 

 

 

 

 

 

ただ

 

 

 

ビールもハイボールも

 

 

 

酔うまで飲もうとすると

 

 

 

おなかがいっぱいになったり

 

 

 

酔うまでに

 

胃部不快感に襲われてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

なので最近は

 

 

 

酔えなくなったなぁ……

 

 

 

と思いながら

 

ほどほどで切り上げていました。

 

 

 

 

 

 

 

能座ほまれ

 

 

ところがところが

 

 

 

 

昨夜いただいた

 

 

「能座ほまれ」が

 

 

 

 

私の日本酒愛を

 

復活させてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

他人軸ではなく

 

 

 

自分に合ったモノを選んでゆく

 

 

その大切さにも気づき

 

 

 

 

 

 

 

酔うという

 

極楽も思い出させてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。