書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

圧との内戦

圧が強い店員さん

 

 

私はグイグイ来る店員さんが

 

とても苦手です。

 

 

 

 

私が人見知りなことも

 

あるかもしれないけれど

 

 

 

 

 

話しかけられると

 

 

・・・申し訳ないな、ダメだなと

 

 

思いながらも

 

 

 

 

 

あからさまに

 

不愉快オーラを

 

バーンと放ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「これいいでしょ。

 

こんなに素敵なんですよ。

 

もう買うしかないでしょ。

 

これ買わないってどうかしてますよ!」

 

 

 

 

 

 

という圧を食らって

 

 

 

 

 

 

考える余地を失くしてしまうからです。

 

 

 

 

 

 

 

服屋さん

 

服屋

 

 

 

 

 

例えば

 

「今日はね、

 

○○なシチュエーションで着る服を

 

買いたいなぁと思って

 

見せてもらってるんですけどね」

 

 

 

 

なんて話を切り出す

 

心の余裕を持てたらいいんだけど

 

 

 

 

 

そう、心の余裕。

 

 

心に余裕がありません。

 

 

 

 

 

話しかけられる→店員さんの話に惑わされる

 

→考える余地がなくなる→買わされる……

 

 

という図式が無意識に表れて

 

 

 

いっぱいいっぱいになってしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

booはその辺が上手くて

 

 

話しかけられた店員さんの言葉を

 

いくつか聞いてから

 

 

「ちょっと見させてもらいます」

 

 

とか上手いこと言って

 

かわします。

 

 

 

 

 

 

でもね、店員さんは

 

遠目にじーっとニコニコしながら

 

見てるんですよね。

 

 

 

 

 

あのニコニコの腹の中は

 

 

「・・・ええ加減、決めろや」

 

 

とか思ってるんじゃないかしら

 

 

 

と私は

 

服のチョイスなんかそっちのけで

 

 

 

微妙に視界に入れながら

 

偵察しているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしていると

 

 

 

 

 

 

しばらくしてまた話しかけてくるんですよ。

 

 

「そのアイテムはねぇ・・・・」

 

 

とか言いながら。

 

 

 

 

 

 

私の心の中では

 

 

「ほぁら、また来やがった!

 

そっとしといてくれ

 

っちゅうてるやろが、このボケ~!」

 

 

 

 

そうなってくると

 

 

 

 

ドラゴンボールの悟空が

 

スーパーサイア人になった時みたいに

 

 

 

 

 

シャンシャン音を立てて

 

 

 

 

とがったオーラを

 

放っているのと同じような

 

 

 

 

 

「来るなぁ~~~~!!!!」

 

 

 

 

の怒りオーラを

 

噴射させる私となってしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこうなってしまうと

 

 

 

服を選ぶとかの次元ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

このオーラにひるまずに

 

攻撃してくるのか

 

 

 

或いは

 

 

 

恐れをなして退散するのか

 

 

 

もはや戦闘です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言いながら

 

 

私はそんな

 

 

スーパーサイア人オーラを

 

隠すのが上手いんです。

 

 

 

 

 

 

 

道を聞かれることも多いし

 

 

 

バス停で待ってたら

 

結構な確率で

 

お年寄りに話しかけられるし

 

 

 

見ず知らずの人から

 

話しかけられることが多い方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・っていうか

 

 

 

 

オーラは思いのほか

 

出ていないのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数少ないお気に入りの実店舗のショップは

 

逆にヤバいくらいに放置してくれます。

 

 

 

 

放置してくれているその間に

 

 

 

 

どんな着回しができるか

 

 

似合っているか

 

 

着心地はどうか

 

 

洗濯やお手入れ方法はどうだろう

 

 

着たい場所で着ている自分のイメージ映像

 

 

 

とフル回転でいろんなことを考えたり

 

妄想したりできます。

 

 

 

 

 

先日も

 

気に入ったものを買うか買うまいか

 

散々悩むことができました。

 

 

 

 

 

買いませんでした。

 

 

 

 

散々悩んでの答えなので

 

後悔がありません。

 

 

 

 

なので

 

また利用したいと思います。

 

 

 

 

 

こちらもお店に気を遣って

 

一回はお店を離れてブラブラしながら

 

考えたりしたんだから。

 

 

 

 

 

 

素敵な店員さん

 

 

 

昔、立ち寄った園芸店で

 

水やりしていた店員さんは

 

 

 

鉢植えを私が見ていたら

 

 

 

「その種類、私は好きなんですよ。

 

日陰に置いといて、時々、水をやるだけで

 

可愛い花を咲かせるんでね」

 

 

 

 

とこちらを見るでもなく

 

 

話すんですよ。

 

 

 

 

園芸店

 

 

 

 

なんか圧が無くて

 

 

 

その後、私の方からいくつか

 

わからないことを尋ねることができました。

 

 

 

 

その店員さんは

 

えへへへ

 

と笑う顔がとてもチャーミングな

 

おじちゃんでした。

 

 

 

 

他のお客さんからも

 

たくさん話しかけられていました。

 

 

 

 

 

余裕を見せる

 

 

店員さんも

 

好きで話しかけている

 

わけではない場合もあると思うんです。

 

 

 

マニュアルに沿って的なことだったり

 

 

 

話しかけた方が

 

万引き防止になるとか

 

買う気のないお客さんは離れるとか

 

 

 

 

商品愛に溢れる

 

店員さんばかりじゃないだろうし

 

 

 

店員さんもお仕事ですもんね。

 

 

 

 

 

そんな忖度をたくさん含んだうえで

 

 

 

 

 

やっぱり

 

人間力をつけたい

 

 

 

 

何事にも動じないような

 

心の豊かさと余裕を持った人を目指したい

 

 

 

と思います。

 

 

仏像

 

 

 

 

 

数日前、

 

どういう状況だったのかは

 

全くわからないけれど

 

 

 

品のいいおばあちゃんが

 

若い店員さんに

 

 

 

「結構ですのよ。ごきげんよう」

 

 

 

 

と笑顔で告げるところを見ました。

 

 

 

 

 

 

 

なんかいいなぁ。

 

 

カッコいいし、優雅だし。

 

 

 

 

 

 

 

自分に

 

「結構ですのよ。ごきげんよう」

 

が似合うとは思いにくいけれど

 

 

 

 

 

 

心に余裕があるような言葉

 

を選んで

 

使ってみたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。