書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

憧れを追いかけて

穏やかな暮らし

 

 

淡々と日々のことをこなしながら

 

目の前のことを楽しんでいるように

 

見える友人がいて

 

 

 

いいなぁ……

 

 

 

とずっと思っています。

 

 

 

 

日常

 

 

 

無理していない感じや

 

変わらない毎日を

 

大切にしている感じが

 

 

落ち着いて見えて

 

素敵だなぁと思います。

 

 

 

 

 

 

ささやかな幸せを

 

楽しめるって

 

 

 

ある意味

 

スゴイ才能に思えます。

 

 

 

 

 

 

 

本人いわく

 

「毎日やりたくないこともあるし

 

めんどくさいと思うことだらけ。

 

でもね、できないことはしないって

 

決めてるのよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

いいなぁって心の底から憧れるけど

 

 

私にとってはそれが

 

とても難しいことだと

 

 

薄々勘付いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

家を持つ

 

 

私の親はずっと借家住まいでした。

 

 

自分たちの都合や

 

会社の都合で

 

引っ越しを重ねました。

 

 

 

 

私自身は

 

 

それがイヤなことではなく

 

その引っ越しを楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

お友達と離れる寂しさより

 

 

新しい場所でのわくわくの方が

 

断然勝っていたからです。

 

 

 

 

引っ越し

 

 

 

でも

 

自分の家を持たない

 

根無し草的なたよりなさは

 

 

好ましく思っていませんでした。

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

図らずも結婚相手と決めた人が

 

 

市内でも指折りの高級住宅街に

 

家を持っている家庭であったことは

 

とてもうれしいことでした。

 

 

 

 

 

これが私たちの家で

 

ずっとここで暮らしていくんだと

 

思っていました。

 

 

 

 

 

住み始めて3年目くらいで

 

夫の転勤に伴って

 

1年半くらいの期間でしたが

 

関東の賃貸マンションに移りました。

 

 

 

 

戻ってから7年くらいで

 

いつかまた戻るつもりでしたが

 

 

 

神戸に中古住宅を購入して

 

引っ越しました。

 

 

 

 

 

やがてそこで生涯暮らそうと

 

決めましたが

 

 

 

 

 

離婚後

 

 

 

その家を売却し

 

 

 

今度こそ終の棲家のつもりで

 

中古マンションを購入しました。

 

 

 

 

 

その1年半後

 

 

 

再びまさかの住み替えを

 

強行してしまいました。

 

 

 

 

 

結局

 

持ち家であっても私は

 

ジプシーライフを重ねています。

 

 

 

 

 

 

それぞれの場所で

 

それなりの居場所と役割を

 

持っていたとしてもです。

 

 

 

 

 

安定を遠ざける本能

 

 

その場所から

 

自分の望む未来が見えなければ

 

 

 

今まで積み重ねたものなんて

 

あっさりと

 

ぶった切ってしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

行動力があるね

 

 

 

 

 

なんて言われて

 

その気になっていたけれど

 

 

 

 

 

安定を遠ざける本能が

 

体に巣食っているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

仕事でも

 

理由はネガティブではないにしろ

 

異動になったり転職したりです。

 

 

 

バツイチなので

 

パートナーもそうかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

ないものねだりなのかもしれませんが

 

 

 

 

 

一つの場所で、一つのことを

 

継続している人に

 

とても尊敬と憧れを抱いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

先祖代々引き継いできた家業や土地を

 

守り続けようと生きている人々を

 

 

 

眩しいまなざしで見てしまいます。

 

 

農家

 

 

 

 

そんな風な人になりたいと

 

 

願いながらも心の中では

 

 

 

 

 

めんどくさくなった人間関係や

 

うまくいかない出来事を

 

 

 

リセットできる引っ越しを

 

 

心の拠り所のように感じますし

 

 

 

 

 

 

多分、何かのスイッチが入れば

 

可能であるなら

 

またやっちゃうと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

この裏腹な感じが厄介です。

 

 

 

 

 

求めることには

 

永遠にたどり着かないんですから。

 

 

oh my god

 

 

 

 

丁寧に暮らしたい

 

 

と願っていますが

 

 

 

 

 

私は没頭してしまうと

 

 

 

食べることも寝ることも

 

どうでもよくなってしまうので

 

 

 

 

多分、booがいなければ

 

 

 

人間らしい暮らしが

 

できていないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

booのおかげ

 

と今は言えていますが

 

 

 

 

booのことを

 

 

 

自分のペースを阻害するヤツだと

 

 

 

もしも思うようになったら

 

 

 

 

 

 

この関係を

 

私は壊してしまうかもしれない

 

 

 

 

 

そんな恐怖を抱えています。

 

 

 

 

 

 

 

自分で積み上げたものを

 

自分で壊してしまう

 

クラッシャー気質なんだろうか

 

 

と気づいた次第です。

 

 

 

 

 

本能にあらがっても

 

 

憧れるから

 

そうなりたいと思うのは

 

自然なことだけど

 

 

 

自分に向かないことを追いかけるのは

 

合理的ではないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

でも、そう思って

 

願うことではなく合うことを

 

やってみたりもしましたが

 

 

 

 

 

やっぱり

 

 

 

本当に自分が求めてやまないもの

 

 

 

 

それを

 

あの手この手で求める方が

 

 

 

人生的には

 

いいんじゃないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに、この素性で

 

 

先祖代々の土地や家業を守ることは

 

 

できませんが

 

 

 

 

 

 

ここぞと思う場所で

 

 

自分の役割を果たしながら

 

 

丁寧に暮らすことを

 

 

 

やっぱりしてみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここぞと思う場所に

 

まず引っ越したい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またするんか~ぃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

どこでだって強く生きていける

 

 

 

 

どこでだって咲く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。