書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

行きつけの店

カフェ

 

なんかブログを書いてる若い衆は

 

主にカフェとかで書くみたいですね。

 

 

 

 

 

 

確かにカフェで

 

パソコン開いている若者を見かけます。

 

 

ブロガー

 

 

おしゃれですわね。

 

 

 

 

 

 

 

あたしゃ~ 家ですわ。

 

たとえカフェの優待チケットを

 

大量にもらえたとしても

 

ブログは家です。

 

 

 

 

 

 

今、家が一番いい。

 

 

 

なんか家にいると

 

 

守られてる感があって

 

 

他人の目も気にせず

 

 

気楽でいいから幸せです。

 

 

 

 

 

そろそろ帰らなきゃと

 

重い腰を上げなくていいのもいいです。

 

 

 

残念

 

 

 

 

 

 

ジェネレーションギャップ

 

っちゅうやつかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

人気の混みあっているカフェだと

 

 

私が居座っているせいで

 

他のお客さんが座れない……とか

 

 

気になってしまうだろうし

 

 

 

 

 

穏やかな日差しが降り注ぐ

 

明るい開放的なカフェだったら

 

 

もうその穏やかな日だまりに

 

じんわり溶けて

 

 

ブログどころじゃなくなりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

たけど

 

どんなシチュエーションであれ

 

行きつけの場所があるっていうのは

 

いいものです。

 

 

 

 

 

 

行きつけの場所は

 

 

緩く人との縁を

 

結んでくれる場所だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう意味では

 

 

孤独な作業のブログ執筆で

 

カフェを利用するのは

 

 

わからなくもないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェも好きだけど

 

 

 

やたら美味しい珈琲がいただける

 

ちょっと薄暗い純喫茶も好きですね。

 

 

サイフォン

 

 

でも、ブログは家で書きますよ。

 

 

 

 

懐かしの行きつけ

 

 

基本的には珈琲派です。

 

 

 

 

でも、10代後半から20代前半の頃

 

 

 

一人でも時々行っていたカフェは

 

 

小さな雑居ビルの2階にあって

 

 

いつもJazzのレコードが

 

とても温かな深い音色で流れていて

 

 

そこでは必ずアールグレイのアイスティを

 

注文していました。

 

 

 

あそこは

 

夜になると

 

お酒を提供するお店だったから

 

 

 

当時はやりの

 

 

 

カフェバーっていう

 

 

 

類いだったのかもしれないですね。

 

 

カフェバー

 

 

 

 

 

 

高校生の頃

 

 

行きつけの喫茶店があって

 

そこにいけば

 

いつものメンバーがいて……

 

 

そんな景色にすごく憧れて

 

 

 

 

イメージに合うお店を

 

友達と二人で

 

探し求めていたことがあります。

 

 

 

 

無理矢理見つけたとこは

 

カプチーノがとても美味しかったけど

 

 

 

結局は

 

行きつけにはなりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

いい年になってくると

 

行きつけの飲み屋が欲しくなるのよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

家での自分とは違う

 

 

ゆるっとなれる場所で

 

気心知れた仲間がいるって

 

 

 

いいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Bar

 

 

 

booとたまに行くバーは

 

音楽好きが集うバーで

 

 

 

お酒にはそんなに詳しくない

 

同年代のマスターの

 

 

ちょっとさわやかで

 

ちょっと癒し系で

 

実は心の奥に熱いものを隠してる

 

 

そんな人間味がステキです。

 

 

 

 

 

何回か

 

セッションに混ぜてもらって

 

歌ったりなんかして。

 

 

 

 

 

 

でも、コロナ禍で

 

すっかりご無沙汰してしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

開放

 

 

 

行きつけと呼べる場所は

 

場所として好きだ

 

と思えることもありますが

 

 

 

 

 

そこで出会う人に

 

惹かれることも結構大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の弱さも

 

いさぎよくさらけ出せる

 

 

 

 

 

 

そんな場所でまた

 

 

いい出会いを重ねたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

その一方で

 

 

 

 

 

 

誰にも干渉されず

 

一人になり切れる

 

 

 

 

そんな行きつけも

 

ついでに欲しい。

 

 

 

 

 

 

引きこもっていても

 

そこだけは

 

行きたくなる……みたいなね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行きつけの場所って

 

 

自分の弱さを

 

いさぎよくさらけ出して生きる

 

 

背中を押してくれる場所だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。