書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

行き先

苦しくなければ進める

 

 

今日もこうして

 

居心地よい場所で

 

自分の思うことを発信して

 

 

まだまだ遠いけど

 

向かいたい先に進んでいる。

 

 

 

 

パソコン入力

 

 

 

 

 

 

吐き出せなかった感情

 

 

若かりし頃……

 

 

 

音楽でも、こんな文章も、アート作品も

 

発信したいと思ったら

 

 

 

 

 

お金と時間と

 

 

 

校長先生の話によく出てきそうな

 

やる気、根気、元気の三つの「き」を

 

心にしっかり根付かせて

 

 

 

結構なエネルギーを注いで

 

 

 

 

 

会場を探したり

 

コンテストやコンクールに応募したり

 

 

 

そんな奮闘をしても

 

 

 

 

準備段階のそこで

 

挫折することもあって

 

 

 

 

 

 

 

私だけじゃなく

 

 

多くの情熱や魂が

 

 

行き場もなく鬱屈としたまま

 

 

溜め込まれては

 

腐っていったのではないかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると

 

今はなんて素敵な時代なんだろう。

 

 

 

 

日の出

 

 

 

 

 

どうしても!

 

と思うような熱い気持ちじゃなくても

 

 

 

様々な方法で吐き出せる。

 

気軽に吐き出せる。

 

 

 

 

 

 

 

様々な方法で気軽に吐き出せるから

 

 

 

やらかすこともあるだろうし

 

 

本来の目的を見失ってしまうことも

 

多いんじゃないかと思う。

 

 

 

 

 

 

そもそも目的がなく

 

 

乗っかってしまうことだって

 

できてしまうけれど。

 

 

 

 

 

 

 

あんまり何も考えずに

 

 

 

人生そんなに

 

小難しくグダグダ考えなくても

 

 

 

毎日やらなきゃいけないことを

 

とりあえずこなしながら

 

 

 

付きまとってくる感情の

 

機嫌を取っていれば

 

 

 

 

勝手に過ぎてゆくもので

 

 

 

 

 

 

そんな風に流されていた日々も

 

たくさん重ねてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね

 

あてもなく歩き続けるより

 

 

 

 

とりあえず

 

目的地がある方がメゲない気がする。

 

 

 

 

 

 

 

あてもなく歩くのは

 

天気がいい日には楽しい気分だけど

 

嵐の日にはつらいよ、多分。

 

 

 

 

 

 

そりゃね

 

 

目的地に早く着きたくて

 

焦ってしまって

 

こけてしまうこともあるだろうけど

 

 

 

 

あてもなく歩いていたって

 

つまづくわけだし

 

 

 

目的地に

 

一緒に行きたい人に出会ったり

 

 

目的地に

 

持って行きたいものを見つけたり

 

 

 

私は目的地がある方が魅力的に思える。

 

 

 

 

 

 

っていうか

 

 

 

 

 

 

あてもなく歩いている時に

 

 

 

 

 

目指すものに向かって歩いている人が

 

とても輝いて見えたし

 

 

 

 

 

好きなものに出会えた時に

 

ちょっと揺さぶられる気持ちを

 

もうちょっと感じていたいと思ったし

 

 

 

 

 

 

 

ぶらぶら歩いているだけだから

 

 

 

意図せず

 

イヤだと思ってしまう場所に

 

歩みを進めてしまうこともあって

 

 

 

 

ただただ早く抜け出したい

 

こんなとこは嫌だ

 

 

と思ったし

 

 

 

 

 

 

でも、目的地がないから

 

どっちに向かうかわからなくて

 

 

 

 

 

困っている私に

 

「どっちに向かいたいんですか?」

 

尋ねてくれる人がいても

 

 

 

 

「わかりません」

 

しか言えなくて

 

 

 

 

じゃあ、とりあえず一緒にと

 

 

ついていった場所が

 

自分にはすごく居心地が悪くて……

 

 

 

 

 

 

 

はっきりとした現実

 

 

 

仲間がいても

 

仲間と別れても

 

 

 

景色が変わっても

 

天気が変わっても

 

 

 

 

変わらないのは

 

自分がいるということで

 

 

 

この自分ってものが

 

幸せな気分でいなければ

 

辛いんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

自分が幸せって

 

どういうことなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的な幸せをイメージすると

 

 

 

なんかものスゴイお金を持っていて

 

高級な物を身にまとい

 

豪華なものに囲まれて

 

メチャクチャ美味しいものを食べて

 

綺麗な景色を眺めて

 

綺麗に化粧したスタイルのいい

 

美しい自分が笑っている

 

 

 

 

そんな風景を思い描いてしまうけど

 

 

 

 

それは

 

ただ当てもなく歩いているだけでは

 

たどり着かない場所だと思うし

 

 

 

 

 

それって

 

 

雑誌の写真のページを眺めて

 

素敵ねって思う感覚と同じで

 

 

 

他人の映像なのよね。

 

 

 

大富豪

 

 

 

 

 

 

圧倒的主観で

 

 

他人じゃなくて自分が

 

 

 

なんか楽しいと思えること

 

苦にならないことをやってるうちに

 

 

 

そこから小さな喜びをいくつか感じて

 

 

 

ありがたいなぁという気持ちが

 

自然と湧いてきたときに

 

 

温かい空気の中にいる

 

「自分」を感じることができて

 

 

キラキラ

 

 

 

 

自分にとって

 

これはあんまり苦しいと思うことじゃないぞ

 

 

と思いながら

 

目的地を目指せるのがイイ感じ

 

 

 

そんな風に思います。

 

 

 

 

 

 

 

他人にとって

 

しんどい、苦しい、苦手と思うことが

 

 

自分にとっては

 

そんなに嫌じゃないんですけど……

 

 

そういうことがたくさんありました。

 

 

 

 

 

 

 

超えるハードルが下がった時代になって

 

 

甘っちょろい自分に合った

 

自分に優しい歩き方で

 

 

 

あの辺だな

 

 

という目的地に向かっている感じが

 

 

 

今は好きです。

 

 

 

 

 

散歩道

 

 

 

 

そうして

 

 

いつか願う場所に

 

 

 

 

 

機嫌よく到着できてればいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。