書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

サバイバルごっこ

サバイバル番組

 

 

お正月の間は

 

ダラダラ過ごしていたので

 

見るでもなく、テレビをつけて

 

なにげなく眺めている時間も多かったんです。

 

 

 

 

そんなテレビ番組で

 

サバイバル的なバラエティー番組がありました。

 

 

 

 

 

 

 

疑似体験

 

 

私は子供の頃

 

 

野山や海辺で

 

一人で遊びまわることが多く

 

 

 

秘密基地みたいな洞窟で

 

 

何かしらの道具をこしらえたり

 

見つけたりしながら

 

 

野生の木の実を採って食べ

 

 

浜でいろんな生き物を捕まえてみたり

 

 

 

 

そんな無人島生活ごっこが

 

特にわくわくを掻き立ててくれる遊びでした。

 

 

 

 

洞窟

 

 

 

 

うちの長女が小さかった頃は

 

弟の長男に

 

「ママが死んだことな」

(訳:ママが死んだという設定で、ごっこ遊びをしよう)

 

 

 

と言って遊んでいることが多かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人はどこかに

 

苦難を求めるような性質が

 

あるんでしょうかねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サバイバルって

 

タイトルに入っている番組は

 

 

大抵、勝ち残り方式の

 

バラエティー番組みたいで

 

 

 

 

 

挑戦している芸能人は

 

本当に体を張って頑張っていて

 

 

 

私なんかは

 

 

 

おもしろいよりも

 

 

 

大変だなぁ

 

あんなんせんでも……とか思ってしまう方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔よくあった藤岡弘、さんのサバイバル番組とか

 

あれはガチっぽかったけれど

 

 

 

サバイバルっていえど

 

娯楽のテレビ番組だから当然なんだけど

 

 

 

傍らには撮影クルーがいたり

 

最低限の命の保証はされていて

 

 

孤独感との闘いもない

 

そして、期間限定だもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

リアル人生のサバイバル

 

 

リアルの人生の中にある闘いは

 

孤独感が大きな敵だと思います。

 

 

 

 

たとえ、まわりにサポートしてくれている人がいても

 

孤独感があります。

 

 

 

 

 

嫁姑の暮らしとか

 

高齢者介護とか

 

貧しさとか

 

 

 

そんな問題を

 

闘いというのもどうかとは思うけれど

 

 

 

当事者にとっては壮絶な闘いよね。

 

 

 

 

 

なかなか終わりが見えないから

 

精神的にやられてしまう。

 

 

 

 

 

 

ギリギリの会社経営とか

 

闘病とか

 

問題を抱えた子育てとかも

 

 

 

そんな暗中模索。

 

 

 

 

 

暗中模索

 

 

 

 

自分の辛かった日々を

 

うっかり振り返ると

 

 

 

 

乗り越えてきた達成感というより

 

 

 

 

ちょっぴりあの暗闇を思い出すと今でも

 

心がぎゅぅっと委縮しているのがわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれがあったから今がある

 

そう思うけれど

 

 

 

 

 

ごっこ遊びであっても

 

体験したくない気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、闘いの相手は何なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫁姑の暮らし、高齢者介護、貧しさ

 

ギリギリの会社経営、闘病、問題を抱えた子育て

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分自身?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな環境下の自分自身の心?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だとしたら

 

原因となっている状況よりも

 

 

 

 

 

 

 

 

上回る力を持った心

 

 

 

 

 

或いは

 

 

 

 

 

原因を原因ととらえない心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北風と太陽※のお話のように

 

原因を逆手に取る心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがあれば、無敵……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北風と太陽(イソップ寓話)

ある時、北風と太陽が力比べをしようとする。そこで、旅人の上着を脱がせることができるか、という勝負をする。

まず、北風が力いっぱい吹いて上着を吹き飛ばそうとする。しかし寒さを嫌った旅人が上着をしっかり押さえてしまい、北風は旅人の服を脱がせることができなかった。

次に、太陽が燦燦と照りつけた。すると旅人は暑さに耐え切れず、今度は自分から上着を脱いでしまった。

これで、勝負は太陽の勝ちとなった。

~ウイキペディアより~

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも

 

幼い頃にわざわざ苦難を疑似体験したように

 

 

 

 

人の性質として

 

無意識に苦難を求めてしまうところが

 

あるのだとしたら

 

 

 

 

闘っていると思っている相手は

 

自分で作り出しているかもしれないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。