書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

不真面目な恋

恋へのあこがれ

 

 

 

離婚後、しばらくしたら

 

恋もいっぱいしよう

 

なんて思っていた日々でしたが

 

 

 

 

 

 

思いがけず

 

 

 

本気の恋は長期休暇になっていました。

 

 

vacation

 

 

 

だんだん

 

人を本気で好きになるって

 

 

 

 

 

どんな感じだか

 

 

どういうことか

 

 

 

 

わからなくなって

 

 

 

 

 

もう恋愛なんてできないんじゃないか

 

 

と思えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

どこかで面倒くさいと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無邪気な恋

 

 

 

学生の頃は

 

常に誰かに恋していました。

 

 

 

 

 

ちょろい私は

 

昔から

 

些細なことで恋愛モードになりました。

 

 

 

 

 

 

ちょっと優しくされたら

 

 

 

 

もしかして、私のことを好きなのかも

 

 

 

 

 

と思ってしまう

 

 

とんでもないヤツでした。

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

とっかえひっかえ

 

誰かと付き合っていたわけではなく

 

 

一人の人を長く想い続けてはいました。

 

 

 

 

 

 

 

そのちょろい私の恋愛体質は

 

体の中に残っていたようで

 

 

 

 

離婚をしてから働き始めた職場で

 

勃発したことがありました。

 

 

 

 

 

親子ほど年の違う青年でしたが

 

 

 

何かにつけ優しくて

 

 

 

 

無意識にロックオンしてしまっていました。

 

 

 

 

 

いやいや~恋愛対象じゃないやん

 

と認識しながらも

 

 

 

 

 

その青年が私としゃべる時は

 

なんだか明らかに男前風に話してくる。

 

 

 

 

 

え、え、もしかして

 

もしかする?

 

 

 

 

 

 

 

体調が悪そうにしてると

 

いち早く気が付いて

 

何かと気遣ってくれる。

 

 

 

 

 

 

 

親御さんに申し訳ないよな……

 

可愛い息子の彼女が

 

こんな超絶年上女だったら。

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日のこと

 

私が危ない目に遭いかけた時

 

瞬時に身を挺して守ろうとしてくれた。

 

 

 

 

 

 

はい、キュン死に~!

 

 

 

 

ハートを射抜く

 

 

 

 

 

 

ま、そのうち

 

 

 

 

その青年には

 

可愛らしい彼女さんができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本気の恋ではなかったけれど

 

 

 

殺伐とした人生に

 

かなりの潤いを与えてはくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズルい女

 

 

 

誰かを介して出会った人や

 

婚活サイトで会ってみた人も

 

 

 

いるにはいましたが

 

 

 

 

 

これが

 

キュンともスンともなりませんでした。

 

 

 

 

 

 

そんな出会いの中で

 

 

黒歴史となった恋愛

 

 

もありました。

 

 

 

 

 

 

彼の方が

 

めちゃくちゃ私を気に入ってくれていました。

 

 

 

 

私は嫌いではないけど

 

 

 

そんなに気も乗らないので

 

何度もやんわり断っていましたが

 

 

 

 

「とりあえず。もう一回、ごはん行こう」

 

 

 

と言われ続け

 

 

 

 

その後は

 

何度か正直な気持ちを伝えましたが

 

 

 

 

「とりあえず。もう一回だけ、飲みに行こう」

 

 

 

 

と続いていきました。

 

 

 

 

 

 

いちいち

 

終わりにしたいと伝えるのも

 

 

だんだん面倒くさくなってきて

 

 

 

 

 

適当に、ご飯食べに行ってりゃいいか

 

 

 

 

 

と中途半端な優しさで

 

いい加減な恋愛もどきをしていたわけです。

 

 

 

 

 

ずるずる続いていたある日

 

 

彼が

 

目の違和感を訴える日が続きました。

 

 

 

「病院行った方がいいよ」

 

「うん、そうやな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は脳梗塞を発症していました。

 

 

 

40代だったんだけどね。

 

 

 

 

 

 

結果として

 

 

 

 

最初の受診で

 

小さな脳梗塞が見つかり

 

 

 

その後の経過観察中に

 

 

 

また脳梗塞を起こし

 

左半身に障害が残る

 

ということになってしまったようです。

 

 

 

 

 

脳梗塞を発症する直前も

 

何度目かの

 

終わりにして欲しいを伝えていました。

 

 

 

 

 

 

だけど、発症して

 

これで見放すって……

 

 

 

 

 

と随分悩みました。

 

 

 

 

 

 

散々悩んで

 

 

 

彼に向き合うことにしなくちゃいけないと

 

 

 

親友のふみさんに話しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本当に好きになった人と付き合うべきでしょ。

 

何のために離婚したの!・・・

 

・・そんな気持ちだったら

 

自分にも相手にも、元旦那さんにも失礼」

 

 

 

と激しめに言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までに何度も

 

 

 

 

いい人ぶって

 

いろんな荷物を背負いに行って

 

しんどい思いを重ねて

 

 

 

 

 

 

 

今度こそ

 

自分の人生を生きようとしていたのに

 

 

 

 

 

 

また

 

 

いい人ぶって

 

人の荷物を背負いに行こうとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛している人の為なら

 

苦しみも苦しいとは感じないかもしれないけれど

 

 

 

目の前の無の感情の先にあるものと

 

ただ向き合い続けることは苦しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわべの優しさで

 

いい人ぶろうとしていた自分を恥じ

 

 

 

 

 

 

 

真摯にご縁を断ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の真偽

 

 

 

いい人ではなかった私は

 

非道だなと思います。

 

 

 

 

いい人ではなかった私は

 

恥ずかしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど

 

きっと間違いではなかったと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かの犠牲になることは

 

美しいと思われがちだけれど

 

 

 

 

 

 

普通出来ないことをするから

 

すごいと思うだけで

 

 

 

 

 

 

それは美しいことではなかったし

 

 

 

 

 

美しいことが正解でもなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

 

 

 

 

他人を殺して自分が助かるのは悪なら

 

 

 

 

 

自分を殺して他人が助かることだって悪。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛を感じていない人に

 

自分の人生を捧げちゃダメです。

 

 

 

 

 

奇跡が重なって生まれた尊い自分を

 

自分の為に徹底的に使い果たす

 

 

 

それが命の真理だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し話が大きくなった感じはしますが

 

 

 

 

 

 

 

 

中途半端な優しさで

 

いい人ぶることは

 

 

 

 

 

相手のためにも

 

自分のためにもならなかったし

 

 

 

 

 

 

 

 

恋は本気でするモンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。