書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

コロナのことで思うこと

コロナの感染拡大

 

 

あんまりこういう系の話題は

 

その道に通じていない立場で書くのは

 

どうかとは思っていたんですが

 

 

 

 

あえて

 

 

しれっと素人目線で

 

ちょっとだけ書いてみようかなと思います。

 

 

 

あれから1年

 

 

 

そういえば

 

 

ちょうど去年の今頃でしたね。

 

 

 

 

新型のウイルスのことを

 

ちょっこっと耳にしました。

 

 

 

 

 

よもや

 

こんなことになるとは……ですが

 

 

 

 

 

 

その頃

 

 

勤めていたところでは

 

 

 

 

インフルエンザの方も出始め

 

 

同様に

 

 

インフルエンザは陰性だったけれど

 

咳と倦怠感が継続している方がおられました。

 

 

 

 

 

私もとても体調が悪い日を過ごしていました。

 

 

 

 

 

それ以降

 

 

 

 

私はよくわからない体調不良が続き

 

 

 

職を辞してしまったわけだけど

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

 

 

 

 

 

知らない間にコロナに感染して

 

 

 

その後遺症だったんじゃないか

 

 

 

 

と自分勝手な考えですが

 

思えたりもしました。

 

 

 

 

 

 

コロナ後遺症の症状に合致するものが

 

幾つかあったんです。

 

 

 

 

 

 

 

今となっては

 

もうどうでもいいことですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ

 

 

新型コロナ感染症は厄介なものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これが現実ですから

 

 

向き合わざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

心掛け

 

 

 

 

介護施設に勤めていたので

 

よくわかりますが

 

 

 

 

 

休業できない仕事に従事していると

 

心身共に本当に大変です。

 

 

 

 

 

 

通常業務ですら

 

アップアップしているうえに

 

 

 

 

 

感染対策が加わり

 

 

 

感染対策をしたからと言って

 

安全や安心が担保されるわけでもなく

 

 

 

 

自らも危険にさらされながらも

 

 

 

 

お客様や利用される方々の

 

安全と安心を提供し続けなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

 

医療従事者の方々のご苦労は

 

想像を絶します。

 

 

 

 

 

医療従事者への感謝

 

 

 

 

 

ですから

 

言うまでもなく

 

 

 

 

 

自分がかからないようにすることが

 

 

何よりもの社会貢献だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

すごく注意していても

 

かかってしまうこともあるので

 

それは仕方ないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

だけど

 

 

 

かかったらかかったときのことだと

 

丸腰であたりかまわず闊歩するのは

 

 

言語道断だと思います。

 

 

 

 

 

聞くところによると

 

 

 

 

濃厚接触者でPCR検査を受けて

 

とりあえず陰性だったから

 

何日間かの外出自粛を要請されたのに

 

通常通りに過ごしている方がいるとか……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった一人が

 

 

複数の手を煩わせる

 

膨大な負担を与えてしまうことを

 

 

心に留めなければならないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過剰に気にかけることは

 

不必要だと思います。

 

 

不安を抱き続けることは

 

どんなことでも

 

健全な精神をむしばむからです。

 

 

 

 

 

 

 

こんな時ならではの

 

いろんな発見をして

 

 

楽しむことを心がけるのが

 

最善かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

生きていると

 

 

 

八方ふさがり的なことは

 

しばしばあるもんです。

 

 

 

 

 

 

 

どんな時も

 

 

 

 

 

現状を受け止めたうえで

 

目先を変えた見方ができると

 

 

 

 

 

精神的にも仕事面でも

 

とても有利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先陣

 

 

国会議員の会食が取り沙汰されていました。

 

 

 

 

国会議員とは比べ物にはなりませんが

 

 

 

学校や地域の仕事をしていたころ

 

いろんな人と直接話すことがとても重要でした。

 

 

 

 

 

 

 

それが

 

 

食事や飲酒を伴うと

 

 

 

 

 

もっと親密度が上がり

 

 

より本音が聞けたり

 

新たな発想の種を生み出せたりしました。

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

国会議員が会食を止めきれないのも

 

わからなくはないです。

 

 

 

ご馳走

 

 

 

 

でも

 

 

 

この緊急事態だと言っている状況下

 

 

 

 

 

 

デジタル庁を作って

 

テレワークを推奨しているのなら

 

 

 

 

 

 

この緊急事態下の間だけでも

 

 

 

 

国会議員さんも

 

 

 

会食は厳禁で

 

オンライン会食にしてみりゃいいのに

 

 

と思います。

 

 

 

 

 

実際に使ってみれば

 

 

 

いろんなこともわかるだろうし。

 

国民と同じ目線に立てるだろうし。

 

 

 

 

 

 

 

現場主義は大事だけど

 

 

見えないものと対峙することに

 

国会議員こそ慣れておくべきだと思うんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

願わくば

 

 

国民の規範となってもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても

 

 

 

 

 

 

 

 

国会議員さんたち含め

 

 

 

議員さんたちに感染される方が

 

あまりいないのは不思議だなぁ

 

 

 

と思うのは私だけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。