書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

メンタルダウン

どん底な気分

 

 

とてつもなくめげてしまう時って

 

ありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私も何度も何度も経験しました。

 

 

半狂乱

 

 

 

 

もうイヤだ……

 

 

 

 

逃げ出したくて

 

 

 

助けを求めても

 

 

 

 

助けてはくれない

 

 

 

 

というより

 

 

 

 

 

 

 

ピッタリ当てはまる救いに出会えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下手すれば

 

逆に

 

更に傷ついてしまったりもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時は

 

 

 

心を奮い立たせる言葉や音楽

 

 

そんなものに触れたりもします。

 

 

 

 

 

ひととき

 

救われたりするんだけれど

 

 

 

 

 

 

 

また、しばらくすると堕ちる。

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみたら

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時は

 

心が死んでいるみたいな表現をするけれど

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ心は活発に動いて

 

 

 

 

 

救いを探しまくっているんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の心の奥底から

 

まるっと救ってくれるものを

 

 

 

 

 

探し求めまくっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分にピタッと当てはまる

 

物とか方法は

 

 

 

 

なに?どこ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

癒しを探して

 

 

好きなものを追及したりもする。

 

 

 

 

 

好きなことをして

 

好きな場所に行って

 

好きなものを食べて

 

好きな人と過ごして

 

 

 

 

 

 

 

それで

 

やはりひとときだけ

 

 

 

救われるときもある。

 

 

 

 

 

見えないもの

 

 

 

 

自分の気持ちって

 

 

 

 

手に取るようにわかっても

 

目には見えません。

 

 

 

 

 

 

 

自分の気持ちは

 

 

手に取るように重いとわかる。

 

 

 

 

 

 

気持ちって

 

ある種のエネルギーだと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

喜びとか楽しいことは

 

 

 

その時点でもしっかりと味わって

 

何度も思い出したりしながらも味わって

 

消化できるのに

 

 

 

 

 

 

 

悲しみや苦しみは

 

 

おいしくないからでしょうね。

 

味わうことなく

 

ふたをしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

残ってしまうんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

残って、溜まって、重くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この重い負のエネルギーを

 

どうやって味わって手放せばいいのか

 

 

 

 

 

 

 

考えてみたんですよ。

 

 

 

 

 

 

味わうわけですから

 

 

 

 

つらいことだ

 

苦しいことだ

 

 

 

と自分で認めて共感して

 

 

 

泣けるなら泣く方がよさそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

なんか

 

アウトプット感あるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしようもない自分に

 

「かなりダメだね。ま、しゃあない。」

 

と言ってやる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネガティブの塊を見つけてあきらめる。

 

 

 

 

 

あきらめるって

 

 

あきらかに、やめる

 

 

 

 

 

ってことだからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わからないままに

 

堕ちているなら

 

 

 

 

わかんないけど、つらいなぁ

 

 

 

 

でいいでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ホントはね

 

もっと真っ向から時間をかけて

 

自分と向き合ってやればいいんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメならダメなほどいい

 

そういう世界もあるし

 

 

 

 

ダサい方が応援されるよ。

 

 

 

 

 

 

まんまで

 

 

 

 

ポケットにお金がもう無くて

 

食べられなくて死にそうなとき

 

 

 

 

 

すかしてベンチに座っているより

 

 

 

 

 

 

 

 

「お金ないんです!何か食べさせて」

 

 

 

 

 

って声を上げる方が

 

 

助ける方も助けやすいし

 

 

 

 

 

助けてもらえたら

 

 

心から「ありがとう」って言えるでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメな自分を認めてさらけ出せるように

 

自分のダメさを受け止めるってことが

 

 

 

結構大事なのかなと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い違い

 

 

 

 

実力や実績、富や才能があれば

 

誰も文句は言わず

 

世の中すべてがうまくいくか

 

 

 

そうじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

ものすごい資産家や超有名でも 

 

 

寒いときは寒いし

 

 

おなかも減るし

 

 

食べ過ぎたり飲み過ぎたら

 

胸焼けして吐きそうにもなるし 

 

 

そんな姿をカッコ悪いと思われるだろうし

 

 

 

 

風邪もひくし

 

 

税金で悩むし 

 

 

そうなりゃ救いを求めるだろうし

 

 

 

 

 

 

超高級な愛車に鳥の糞が落ちていたり

 

 

口の中に意味不明なほこりがあったり

 

 

そんなしょうもないことで

 

心を乱すことはあると思う。

 

 

鳥の糞

 

 

 

 

そして

 

そういう憧れ的な暮らしをしている人だって

 

孤独を感じることはあると思う。

 

 

 

 

 

 

 

知らんけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満たされない感

 

 

 

 

 

満たされない感があるから

 

誰かから何かを得ようとする。

 

 

 

 

 

愛に飢えてると

 

愛を得ようと必死になるみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かを得ようとがっついている人には

 

あまり近づきたくないよね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がっつかないためには

 

 

 

 

自分の持っているものに気づけばいい。

 

 

 

 

 

一人一人違う個性を持っているわけだから

 

オンリーワンの貴重なものを

 

持ってるはず。

 

 

 

 

 

 

自分が持っているものは

 

カッコいいと思えないかもしれないけれど

 

 

 

 

自分の見方がずれているだけで

 

本当はそこが魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

その人らしい持ち物は

 

他の誰にも手に入れられない

 

価値あるものだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

やっぱり自分の持っているものが

 

ダメだと思うなら

 

 

きっちりダメだと認めて

 

 

 

ダメでした!

 

ダメな自分を見せつけてくれて

 

ありがとおぉ

 

 

 

と言って

 

手放して終わらせちゃえばいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に温かく寄り添ってみたら

 

ダサい方が可愛いもんです。

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

満たされない感は

 

 

 

 

あくまでも「感」なわけで

 

 

 

 

本当は満たされてて

 

 

 

 

 

 

なんなら

 

こぼれていて

 

 

そのこぼれる感覚を喪失感だと

 

勘違いしてるとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネガティブな塊の見えない方の面は

 

ものすごくキラキラしているかもしれない。

 

 

 

 

 

とらえ方……っていう。

 

 

 

 

 

トリックアート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は

 

 

 

自分の心の満たされない感を

 

まるっとピッタリ埋めてくれるものは

 

 

 

つまりは

 

自分のすべてを認めることかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。