書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

褒められ中毒

褒められて伸びる

 

 

褒められるの

大好き人間で

 

優越感中毒だったという話は

 

以前のブログでもお話ししました。

 

 

 

 

 

自信満々でやったことが

褒められると

 

もちろんうれしい

 

 

どやっ!

って感じになる。

 

 

 

ドヤ顔の猫

 

 

 

 

 

だけど

 

 

 

 

 

なんとなく上手くいかない時

 

迷走している時

 

ざっくりいうと

スランプの時

 

 

 

 

 

 

そんな時に

 

褒められたりすると

 

 

 

これがまた

 

泣けてくるほど

うれしくて

 

救われたような気になる。

 

 

 

 

 

 

 

それで

 

 

 

そういう他人の評価に

 

 

 

 

さらに

敏感になっていたかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がされて

うれしいことは

 

 

 

 

是非、他の人にも

してあげるべきだと

 

そう思うので

 

 

 

 

落ち込んでいる人や

壁にぶち当たっている人には

 

 

 

心掛けて

 

いいところを見つけて

 

 

 

言ってあげる

 

褒めてあげる

 

 

ことをしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってあげる

 

褒めてあげる

 

って

文字にしてみると

 

 

 

なんか

 

結構な

上から目線ですね

 

 

 

今、気づいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弱ってるときに

 

褒められたりしちゃうと

 

 

 

 

 

 

うれしくなって

 

 

その期待に応えよう

って思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると

 

 

 

 

だんだん

 

 

人のために

 

とか

 

人に褒められるために

 

 

 

するようになって

 

 

 

 

もともと

 

自分がいい

と思っていたことや

 

 

自分がしたい

と思っていたことから

 

 

 

 

どんどん

的がずれていってるのよ。

 

 

 

 

 

 

褒められることがうれしい

 

 

必要とされることがうれしい

 

 

 

 

 

もっと褒められたい

 

 

もっと必要とされたい

 

 

 

 

 

 

 

一見すると

 

とってもいい感じなんだけど

 

 

 

 

 

これが続くと……

 

 

 

 

 

褒められなければ動けない

 

 

 

 

 

褒められるように

やらなきゃいけない

 

 

やらなきゃ認められない

 

 

やらなきゃ迷惑がかかる

 

 

やらなきゃ叱られる

 

 

やらなきゃ……

 

 

 

 

 

 

 

乗り越えなきゃいけない

 

 

 

乗り越えなきゃ認められない

 

 

 

乗り越えなければ迷惑がかかる

 

 

 

乗り越えなきゃ叱られる

 

 

 

乗り越えなきゃ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の気持ちじゃなく

 

 

 

他人しか

意識していない状態

 

になっちゃっているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

こうなると

 

 

 

 

なんだかうまくいかない

 

 

 

おもしろくない

 

 

 

しんどい、つらい……

 

 

 

 

 

 

好きではじめたことなのに

 

自分でいいと思って

始めたことなのに

 

 

 

 

他の誰かからの刺激がないと

 

動けなくなってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

そんで

 

 

 

また

 

私のような

とんでもない勘違いモンが

 

 

 

 

褒めたりするもんだから

 

 

 

 

 

ますます

 

 

 

 

いつまでも

 

 

他の人の評価で

振り回され続けてしまうんです。

 

 

 

 

 

 

幻覚で生きる

 

 

そうやって

 

 

 

 

 

ごまかし、ごまかし

 

 

 

 

 

自分をだまして

 

 

機嫌を取って

 

 

 

 

 

 

とりあえず

 

時間つぶしで生きていく

 

 

 

そんな生き方をしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと

 

 

それでも

 

 

 

それなりに

 

 

 

終わりは来る。

 

 

 

 

 

 

 

ほんとに

 

 

いつかは

どうせ終わるんです。

 

 

 

絶対に。

 

 

 

 

 

 

いつかは

どうせ終わるのに

 

 

うだうだと

 

だらだらと

 

他人の流れに

流されて

 

 

 

 

 

 

そうするしかない

 

って思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのレールを外れてみると

 

 

そうでもなかった

と思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも

 

 

その壁って

 

 

乗り越えるべき壁ですか?

 

有刺鉄線

 

 

 

 

 

自分の流れに流される

 

 

 

どうせいつかは終わるなら

 

 

 

 

ハチャメチャでもいいし

 

静かにゆったりでもいい

 

 

 

自分の好きだと思うことで

 

流されて

 

 

 

めでたく終わりに

 

たどり着きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分って

 

他にいないんです。

 

 

 

 

 

 

私もね

 

 

自分のことを

 

 

 

 

世の中に生きる多くの中の

 

取るに足りない一人だ

と思ってたんです。

 

 

 

 

 

ある意味

 

ずっと誰しもそうです。

 

 

 

 

でもね

 

 

 

 

自分の人生は

 

自分の思考の世界で

 

成り立っているんです。

 

 

 

 

 

 

とらえ方ひとつで

 

 

選択しだいで

 

 

全然違った世界が

見えるんです。

 

 

 

 

 

自分で望むことをするほうが

 

何倍も、何十倍も

 

楽しんで頑張れる

 

 

 

もはや

 

 

これを

 

頑張るとは呼ばないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

そうやって

 

 

自分の世界を流れていると

 

 

 

それが

 

 

他の人からは

 

とても素敵に見えて

 

 

 

 

自然に

 

 

 

賞賛の言葉が

浴びせられるだろうけど

 

 

 

自分の世界で生きてると

 

 

 

他人の評価は

 

意識しない

BGMみたいなもんよ。

 

 

 

 

多分。

 

 

 

 

 

とらえ方次第

 

 

よく耳にするたとえ話で

 

 

 

コップに

半分の水が入っています。

 

 

Aさんは

「えぇ~っ!コップに半分しかないのかよっ」

といいました。

 

 

Bさんは

「おっ!まだ半分もあるじゃないか♪」

 

 

 

 

 

同じものを見て

 

どうとらえるかで

 

幸せ度は変わるっちゅう話。

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトバンクの孫さんと言えば

 

 

 

超大手企業の会長さん

 

 

 

世界屈指の借金王

 

 

 

どうとらえるかで

評価は変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ世界、同じものを

 

自分は

 

どうとらえられる人なのか。

 

 

 

 

 

 

 

楽しいと思うこと

 

面白いと思うこと

 

飽きずにできること

 

 

 

 

 

人それぞれです。

 

 

 

 

 

 

それが個性で

 

それが自分。

 

 

 

 

 

 

本心で暮らす 

 

 

 

上手くいかないと

へこんでいる人や

 

壁にぶち当たっている人を

 

 

 

 

いたずらに褒めるのは

 

やめようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

上手くいかないと

へこんでいる人や

 

壁にぶち当たっている人は

 

 

 

 

 

真剣にへこんでいるんです。

 

 

 

 

 

 

その思いを

真剣に投げてきたとしたら

 

 

 

真剣に受け止めるか

 

 

 

 

真剣に受け止めて

真剣に投げ返すか

 

 

 

 

 

 

あるいは

 

 

 

 

 

真剣に投げてくる前に

 

投げさせないようにするか

 

 

 

 

だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り越えなかった

その壁に

 

 

 

 

 

 

アートでも飾って

 

 

 

 

 

心を和ませ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に越えてみたい壁に

 

向かったほうがいい

 

 

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。