書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

愛猫まおんの話

ぬくもり

 

12月になり

 

やはり寒い日が増えてきました。

 

 

 

 

愛猫のまおんも

 

暖かい場所を求めては寝ています。

 

 

 

 

猫の飼い主さんあるある

 

 

 

実は

 

今日

二度目の執筆です。

 

 

 

 

というのも

 

 

一度目の途中で

 

 

 

ピンポーンと

 

宅配が届いて

 

 

 

 

 

慌てて

 

パソコンから離れ

受け取りに行きました。

 

 

 

 

そのまま

 

届いた荷物を

 

 

開けたり

 

 

 

空になった

段ボールを

たたんだりして

 

 

 

 

戻ってみると

 

 

 

 

 

愛猫のまおん君が

 

 

 

 

パソコンの

キーボードの上で

お休み中・・・

 

 

 

 

 

 

パソコンの上って

 

 

温かいもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おびただしい

 

意味不明な

 

文字の羅列が

 

入力されていました。

 

 

 

 

 

 

おそらく

 

 

 

 

 

まおん君

 

 

 

温かなキーボードの上を

 

 

歩いたり

 

 

寝るための

 

ポジショニングを

整えたりしたんでしょうね……

 

 

 

 

 

 

しかも

 

 

 

 

ほぼほぼ

完成していた文章は

 

 

 

 

ほぼほぼ消えている。

 

 

 

 

 

 

 

マジか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、思えば

 

消さずに

 

今日は

 

愛猫まおんが

ブログを更新しました~

 

 

ってことにすりゃ良かった。

 

 

 

 

 

 

 

なんか

 

 

 

もう一回

 

同じネタで書く気がしないので

 

 

今日は

まおんのことをお話します。

 

 

猫のアップ

 

 

 

 

 

まおんが家に来るまで

 

 

まおんとの暮らしは

 

6年……かな。

 

 

 

垂れ耳ではない

スコティッシュフォールドの

男の子です。

 

 

 

 

いきさつ

 

 

私自身は

 

犬を切らしたことがない

家庭で育ち……

 

 

 

ちょっと

 

語弊がありますね。

 

 

 

ずっと犬がいた家庭で

育ってきて

 

 

 

 

 

猫・・・

飼ってみたい

 

 

 

 

と思い続けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが

 

 

 

 

元夫は

猫アレルギーでした。

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

離婚したら飼おうと

ひそかに企んではいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離婚した年の

 

次男の誕生日に

 

何が欲しいかと聞くと

 

 

 

 

 

「毛の生えてるモノに

癒されたい……」

 

 

 

 

と言いました。

 

 

 

 

その後で

 

 

「ねこ」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次男は

 

 

認知症を発症した

私の実母との同居で

 

 

ものすごく

 

私以上に

真っ向から向き合ってくれており

 

 

 

常日頃から

 

 

次男には

 

 

多大なる尊敬と

 

感謝と

 

迷惑をかけて

申し訳ない気持ちを

 

感じていました。

 

 

 

 

 

だから

 

そうか、猫ね。

 

と思いました。

 

 

 

 

 

私の

 

猫、飼いたい願望

 

も叶う。

 

 

 

 

 

さらに

 

 

 

猫が喉を鳴らす

 

ごろごろ

 

の音は

 

 

 

体の緊張をほぐす周波数で

 

 

副交感神経が優位にしてくれるので

 

ストレス解消

 

免疫力アップ

 

自律神経を整え

 

ホルモンバランスを整える

 

 

 

認知症にも効果アリ

 

 

 

 

 

 

実母と次男と私

 

全員に

メリットありじゃないの。

 

 

 

 

猫おばさん

 

そこで

 

 

近所に住む私の友人

 

 

自称

猫おばさんに

 

 

相談しました。

 

 

 

自称 猫おばさんだけに

 

猫好きなのは言うまでもなく

 

 

猫にまつわることには

めちゃくちゃ

詳しいし

 

 

近所に

野良猫や捨て猫がいれば

保護して

 

 

里親さんを見つけたり

 

去勢手術をしてあげたり

 

 

猫のために生きているような

 

そんな友人です。

 

 

 

 

なので

 

 

それはそれは

 

 

いろんなことを

教えてくれましたし

 

 

腹をくくらされました。

 

 

 

 

 

 

 

猫おばさんが

保護してくる猫ちゃんを

 

 

しばらく待つ

 

という手もありましたが

 

 

 

 

 

猫おばさんから

 

譲り受けると

 

 

 

良くも悪くも

 

 

ものすごく

干渉されるかもしれない

 

 

恐怖感のような煩わしさ

 

も正直なところ

 

拭い切れずにいました。

 

 

 

 

 

ペットショップ

 

 

何軒か

 

 

次男と一緒に

見に行ったペットショップで

 

 

とても可愛い子に出会いました。

 

 

 

 

愛くるしい顔に

グレーの毛並みが上品で

 

私がキュンキュンしました。

 

 

 

 

すぐに帰って

 

 

 

母も連れて

 

買う気満々で

 

再度ペットショップに

行きました。

 

 

 

 

 

猫を飼うことに

 

そこそこ

乗り気だった母なので

 

 

きっと

可愛いねと

 

共感してくれると思って

 

 

 

次男も私も

 

 

ドヤ顔で

 

 

ほら、この子

 

 

とお気に入り猫ちゃんを

 

母に紹介しました。

 

 

 

 

 

すると

 

 

 

母は

 

 

 

「イヤよ。私、猫嫌いよ」

 

 

 

 

側にいた店員さんも

 

ドン引く悪態をつき始めました。

 

 

 

 

お店の人にお詫びして

 

撤退しました。

 

 

 

 

 

出会い

 

 

 

それから数日後

 

 

 

 

 

買うというより

 

癒されに

 

また別のペットショップに

次男と行きました。

 

 

 

 

次男が

ある猫ちゃんに

 

キュン死にしていました。

 

 

 

可愛い・・・

 

 

 

お店の人から

話しかけられ

 

 

抱っこさせてもらったり

 

 

すぐ側のケージにいた

 

その猫ちゃんの

 

お母さん猫さんにも

会いました。

 

 

 

お母さん猫さんと

引き離すのは可哀そう

 

 

 

でも

 

 

 

この子は

いずれにせよ

 

お母さん猫さんと

お別れして

 

どこかのお家に

行くんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の家族として

 

迎え入れることにしました。

 

 

 

 

 

 

今度は

 

 

母には会わせませんでした。

 

 

 

確信犯的ではなく

 

やむなくの強行でした。

 

 

 

 

 

 

 

連れて帰る車の中で

 

ずっと

 

「まおん、まーおん」

 

と鳴き続けていたので

 

 

 

 

まおん

 

という名前になりました。

 

 

 

 

 

 

恐る恐る

 

母に会わせました。

 

 

 

 

 

「あらぁ~かわいい~」

 

 

 

 

母は優しい穏やかな表情で

 

まおんに触れてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後・・・

 

 

 

 

 

次男は

進学し、家を出て

 

 

 

 

母も

症状がひどくなった為

サービス付き高齢者住宅に移りました。

 

 

 

 

私も

まおんと一緒に

 

新しい暮らしへと

シフトしました。

 

 

 

引っ越し後の段ボールだらけの部屋でインテリア化
引越し後の段ボールだらけの部屋でインテリアになってくれていました。

 

 

 

 

 

 

まおんの日常

 

 

まおんは

 

あまり

なつくタイプではないようですが

 

 

 

昔から

 

私の腕にしがみついて

 

袖口を噛んで

 

ふみふみしにきます。

 

 

 

爪が刺さったりして

痛いんですが

 

 

お母さん猫さんと引き離してしまった

罪悪感があり

 

私は腕を捧げます。

 

 

しがみつく猫

 

 

爪は

 

専用の爪とぎを

設置してはいますが

 

ふすまの枠で

いつもカリカリして

 

ふすまはひどくボロボロです。

 

 

 

 

 

生後1年くらいだったか

 

尿路疾患を発症したため

 

それ以降

 

お高い

療養用のキャットフードを

召し上がっておられます。

 

 

 

 

 

去年あたりからか

 

 

まおんも年を重ね

まるくなったのか

 

なついてくることが増えました。

 

 

朝も起こしに来ます。

 

「なぁー。なぁー。」

 

と言いながら

 

私の顔をそっと触れてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的には

 

 

私も

 

いわゆる

ねこかわいがりするタイプ

 

ではなく

 

 

まおんも私も

 

お互いツンデレです。

 

 

 

 

 

そんな

 

ツンデレ同士が

 

気まぐれに

 

ぬくもりを

 

分け合って暮らしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。