書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

私のこだわれないこと

こだわるところ、こだわれないところ

 

 

誰にでも

 

 

多少はあるとは思うんです。

 

 

 

 

 

 

こだわるところと

 

こだわれないところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これがあるから

 

 

 

うまくいかないことって

 

たくさんありますよね。

 

 

 

 

 

夫婦や恋人とかをはじめとする

 

人間関係もそうでしょうけど。

 

 

 

 

 

 

例えば

 

生活を共にしている者同士。

 

 

 

 

置き場所は必ずココとか

 

向きはこの向きに置くとか

 

 

 

 

そういうのは面倒くさくても

 

 

そんなに大した労力を伴わずに

 

協調できるからいいんだけど

 

 

 

 

 

 

相手のルーティーンに合わせる

 

 

 

とかだと

 

結構ハードルは上がりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

そういえば

 

 

以前の職場で

 

 

レクリエーションの時間に

 

利用者様のオセロのお相手を

 

させていただいた時のこと。

 

 

オセロ

 

 

 

 

その方は

 

 

ご自分の置いたものも

 

私が置いたものも

 

 

すべて繊細な微調整するんです。

 

 

 

真っ直ぐにきれいに並ぶように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手にやってくれる分には

 

全然OKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮るのが苦手

 

 

 

私がおこなっている

 

アウトプットには

 

 

 

写真がつきものです。

 

 

 

 

 

 

インスタグラムにアップするのも

 

 

ホームページの商品ページにも

 

 

 

 

必要なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのに

 

 

 

写真を撮ることが好きではない。

 

 

 

 

 

 

 

それに

 

 

 

 

 

作品は四角なんですけど

 

 

 

 

まっすぐに撮れないんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうえ

 

 

 

 

 

写真撮影以前の問題で

 

 

 

 

商品写真の写真を撮るのに

 

 

 

 

 

フレーム(額縁)に

 

 

作品をまっすぐに入れられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

私のこだわれない事

 

 

 

 

一番の問題は

 

 

 

まっすぐになっていなくても

 

 

 

 

 

 

ま、いいか

 

 

 

 

 

 

と思ってしまうこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい加減、ずさん。

 

 

 

 

 

 

 

はい。その通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

販売とかの専門の人にも

 

ちょっと

 

苦言を呈されている始末。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメだ!ちゃんとしなきゃ

 

 

 

そう思うんだけど

 

 

 

 

 

 

そもそも

 

写真を撮るのも嫌いだから

 

 

 

 

 

 

作品がたまりにたまって

 

 

 

いっぺんに撮ることになり

 

 

 

 

なおさら、できない……

 

 

 

 

 

という

 

もう悪循環過ぎる負のスパイラル。

 

 

 

 

 

力を借りればいい

 

 

 

優秀で几帳面な

 

サポートしてくれる人に

 

出会いたい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

できないことは

 

できる人にやってもらうのが

 

正解です、きっと。

 

 

 

 

 

 

 

こだわらないことには

 

こだわれないのよ。

 

 

 

 

 

 

 

とは言え

 

 

今は助けてくれる人がいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

まっすぐって気持ちいい

 

 

わかります。

 

 

まっすぐ

 

 

 

 

 

 

自分に優しい

 

ま、いいか……の気持ちが

 

他人を不快にさせる。

 

 

 

 

 

 

そう思ってもみるんだけれど

 

 

面倒くさくなって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面倒くさいを越えた向こう側に

 

輝かしいことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言い聞かせても

 

 

人には向き不向きがある

 

と言い訳を作って

 

 

 

頑張れずにあきらめてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

何でも年のせいにしちゃいけないけれど

 

 

私の場合

 

 

年を重ねるにつれて

 

 

一層、いろんなことが面倒くさくなって

 

 

どうでもよくなってしまったことが

 

 

かなり増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを

 

丸くなったとか

 

柔軟になったとか

 

 

評価しているんですが

 

 

 

あながち

 

 

そればかりではいけませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから今は

 

 

ただひたすらに

 

 

 

ごめんなさい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。