書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

感謝よ、時空を超えて届け

 

育ての親

 

 

私の幼少期は

 

両親……特に母親が

偏った愛情を注ぐ人でしたので

 

 

あまり注いでもらえない

愛情がありました。

 

 

 

 

 

 

その分

 

 

 

 

 

育ての親ともいえる

 

おじさんやおばさんには

恵まれて

 

 

たくさん

愛情をもらった

 

ような気がします。

 

 

 

 

 

 

とうちゃんとかあちゃん

 

 

 

母方の実家の

おじさん、おばさんには

 

 

本当に可愛がってもらえました。

 

 

 

 

 

おじさんとおばさんの

 

子どもたちは

 

おじさんとおばさんのことを

 

 

 

とうちゃん

 

かあちゃん

 

 

 

と呼んでいたので

 

 

 

 

 

 

 

私も

 

ずっと

 

とうちゃん、かあちゃん

と呼んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

とうちゃんとかあちゃんの間で

寝させてもらったり

 

 

 

いろんな話を

聞かせてもらったり

 

 

 

お仕事の場所にまで

一緒に連れて行ってもらったり

 

 

 

たくさんのことを

教えてもらい

 

 

 

 

数え切れないほどの

思い出をもらいました。

 

 

 

 

 

 

中でも

一番覚えているのが

 

 

 

 

遊びに連れて行ってもらった帰り道で

 

 

 

とうちゃんとかあちゃんの間で

 

両手を片方ずつ

つないでぶら下げてもらったことが

 

 

 

 

楽しくて

 

 

 

すごくうれしかった

 

 

 

 

忘れられない思い出です。

 

手をつなぐ親子
こういうの!

 

 

 

 

 

 

とうちゃんとも

 

かあちゃんとも

 

 

 

 

 

大人になってからは

 

 

ゆっくり会えずじまいで

 

 

 

 

 

感謝を伝えることもできないまま

 

 

 

 

もう他界してしまいました。

 

 

 

 

 

 

佇む女性

 

 

 

 

おじちゃんとおばちゃん

 

 

 

ご近所さんでもあった

 

父の職場の上司の

おじちゃん、おばちゃんにも

 

とても

可愛がってもらいました。

 

 

 

 

 

 

いろんなとこに

連れて行ってくれたり

 

 

美味しいものを

食べさせてくれたり

 

 

一緒に遊んでくれたり。

 

 

 

 

 

 

おばちゃんには

 

私より一つ上の

息子さんがいました。

 

 

 

 

なので

 

 

 

私は

 

おばちゃんの

母乳の力も借りて

 

大きくなれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじちゃんとおばちゃんの

娘さんから

 

 

 

 

数日前

 

 

 

 

喪中はがきが届きました。

 

白い菊

 

 

 

おじちゃんが

 

 

90歳で永眠されたことを知りました。

 

 

 

 

 

 

 

悲しみと寂しさが

 

込み上げてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

知らなかったとはいえ

 

 

 

 

申し訳ない気持ちも

 

込み上げてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急いで

 

 

 

 

 

 

お供えとして

 

額縁のようなフレームに入った

ブリザーブドフラワー

 

 

にお手紙を添えて

 

送りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日

 

 

おばちゃんから

 

お礼の電話を

いただきました。

 

 

 

 

 

電話の向こうの

 

おばちゃんは

 

 

 

上品さと豪快さ溢れる

 

 

私の知っている

おばちゃんのままでした。

 

 

 

 

 

 

 

おじちゃんは

 

10月に

 

穏やかに

 

息を引き取られた

そうです。

 

 

 

 

 

おばちゃんは

 

母と同じ年なので

81歳です。

 

 

 

今はどこも悪いところがなく

 

 

ただ

 

 

二年前に

 

免許返納したのが

 

残念だ

 

と話されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年のせいではなく

 

 

 

 

 

 

 

私のことなんか

 

気にかけていなかっただろうから

 

 

 

 

 

忘れているんだな

 

 

 

 

 

と思われる事が

 

 

いくつかあって

 

 

 

少し寂しくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

時の流れ

 

 

 

どんなに密接に過ごしても

 

 

 

 

 

時間の経過の中で

 

 

 

 

 

 

それぞれの暮らし

 

 

それぞれの時間を

 

 

積み重ねて

 

 

 

生きていくんですもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと昔のことは

 

 

 

 

流れて

 

 

 

消えてゆくのも

 

 

 

 

仕方のないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

 

今この瞬間の

 

 

 

時間と

 

関わりを

 

 

 

 

 

大切に過ごすようにしたいと

 

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

今の私が

 

 

こうして生きているのも

 

 

たくさんの人によって

 

 

 

育んでいただけたおかげ

なのだと

 

 

 

 

改めて

 

 

 

感謝をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。