書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

喪中はがきが届く頃

家族を失った後

 

 

 

家族を

失った後って

 

 

お葬式をしたり

 

遺品を整理したり

 

法要を重ねたり

 

いろんな手続きしたり

 

喪中はがきを用意したり

 

 

 

 

忙しく

 

 

忙しく

 

 

 

バタバタしながら

 

 

 

 

 

一つ一つ

 

 

こなしながら

 

 

 

 

 

ゆっくりと

 

 

 

ある意味

 

忙しさに

まぎれて

 

悲しみを忘れ

 

 

 

 

 

悲しみを消化して

 

 

 

少し強くなって

 

 

 

次に進んでいける

 

 

 

そんな風に思います。

 

 

 

 

 

喪中はがきが届く頃

 

 

喪中につき

年頭のご挨拶は

失礼させていただきます。

 

 

 

 

 

静かな色調に

お花が描かれた

 

はがきが届く季節。

 

 

 

 

 

書かれていた事実を知り

 

受け止める一方で

 

 

 

ふと

 

 

自分にもあった

その頃を

 

 

重ね合わせて

 

静かに共感する。

 

 

 

 

 

喪中はがき

 

 

 

 

 

乗り越えなかった悲しみ

 

 

私が

父を看取ったのは

 

8年ほど前。

 

 

 

 

ずっと

 

母は

すべて父に

依存してきた人でしたので

 

 

 

さまざまを

こなしながら

 

悲しみを癒し

 

乗り越えてもらいたい

 

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

ところが

 

 

母は

 

根っからのお嬢様気質。

 

 

 

 

加えて

 

 

 

当時

 

すでに認知症の症状が

 

 

見え隠れしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせの電話くらいは

掛けてもらおうと

 

メモまで用意して

 

お願いしてみましたが

 

先方が出たとたん

私に受話器を押し付ける始末。

 

 

 

 

 

 

 

役所などで

 

私が書類を書いたり

 

担当の人と話し合ったり

 

ガシガシやっている

 

その横で

 

 

 

 

お父さんおらんから

何もわからんから……

 

そう言ったきり

 

ぼんやりして

 

聞く耳すら持たない。

 

 

 

 

 

 

 

かと思えば

 

 

 

 

 

この窓口では

ゴーヤの種をもらえただの。

 

 

 

 

あっちの窓口で

人がたくさん並んでいるから

見てみろだの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父が

亡くなる前に

 

最期まで

気にかけていたのは

 

 

母のことでした。

 

 

 

 

 

こんなにも

 

頼りなくて

 

 

 

見ようによっては

 

屈託のない母が

 

 

 

 

 

父にとっては

 

きっと

 

可愛くて

 

心配で心配で

 

仕方なかったのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きていくための選択

 

 

 

 

今、母は

 

父と一緒に暮らしているようです。

 

 

 

 

久しぶりに会うと

 

 

母の世界にいる

父の近況を

話してくれます。

 

 

夕刻が近づくと

「ぼちぼち、お父さんが帰ってくるから」

と言い出します。

 

 

 

 

信心深かった母ですが

 

父の仏壇は

ただのオブジェのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母は

 

悲しい記憶を

 

すべて

 

消してしまったみたいです。

 

 

 

 

 

父のことだけでなく

 

自分の親兄弟が

亡くなったことも

 

 

まったく消してしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

母にとっての

 

認知症は

 

 

必要なことだったのかもしれない

 

と思えます。

 

 

 

 

 

 

 

自分で

 

悲しみを乗り越えることが

 

どうしても

できない母が

 

 

 

 

生きていくために

 

 

 

 

無意識に

 

選んだ状況

だったのかもしれない

 

 

と思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よかった・・・

 

 

 

 

喪中はがきを

 

用意して

 

発送できているって

 

 

 

 

大変だったでしょ……

 

 

 

ゆっくり

 

穏やかに

 

 

乗り越えられて

 

 

 

強くなられたのだなぁ

 

 

 

 

 

よかった……

 

 

 

大丈夫ですね。

 

 

 

 

 

 

 

私は

 

思いを馳せてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。