書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

既婚女性の幸せは、旦那さん次第なのか

お金持ちのおうちのワンちゃんみたいに

 

 

 

既婚女性の幸せは

旦那さん次第。

 

 

旦那さんの稼ぎがいいと

どんどん素敵になっている……

 

 

 

そんな風に見える。

 

 

 

 

素敵な洋服を着て

美食を堪能して

お散歩なんかに行っちゃて。

 

 

 

 

お金持ちのおうちの

ワンちゃんみたいに。

 

 

 

お金持ちの飼い犬

 

 

 

 

 

 

男性は 女性は

 

 

私もそんな一人でした。

 

 

 

女性で生まれたのだから

男性に幸せにしてもらう。

 

 

 

男性が外で稼いでくるのを

女性は家の中を良くして

待っている。

 

 

 

 

 

 

だって

原始時代もそうだったんでしょ。

 

 

男性が狩りに出て

 

女性が子育てや家事を

周囲の人と協力して

おこなっていたんでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

それが、自然の掟みたいなもので

 

 

そういうもんでしょ。

 

 

 

 

 

 

男性が

地図を見るのが得意なのは

 

空間認知能力が

優れているからで

それは狩りに向いてる条件。

 

 

 

男性が

理論的な

物の考え方するのも

 

狩りの段取りを

考えるのに

向いている条件。

 

 

 

だから

外に出ていって

能力を生かしていたんでしょ。

 

 

 

 

 

一方で

 

 

 

 

女性が

感情が豊かで

気配り上手なのは

 

集団で暮らす中で

みんなと仲良く

協力しあうスタイルがピッタリ。

 

 

 

 

だから

 

ご近所さんと

上手くやりながら

家の事してたんでしょ。

 

 

 

 

 

 

そんな風に

 

認識してきました。

 

 

 

 

 

 

性別ではなく、一人の人

 

 

男性も

 

女性も

 

 

 

必ずしも

 

その能力に

長けているわけではない。

 

 

 

そういう人が

 

たくさんいることが

わかってきた。

 

 

 

 

 

今は

 

 

 

性別なんて

 

一つのカテゴリー

 

っていうだけで

 

カテゴリーに属さないのも

全然OK

 

 

 

 

 

 

時代は

 

原始時代から

 

随分経過してきて

 

 

 

 

 

性別に

とらわれる時代では

なくなってきた。

 

 

 

それよりも

 

 

 

それぞれが

 

持って生まれた個性だとか

 

 

生まれた後に

身につけたモノを

 

 

どう生かすか

 

 

という時代になっている。

 

 

 

 

旦那さんのペットでいいなら

 

 

自分が幸せじゃないのは

旦那さんのせいだ

 

 

と思うのは

 

 

 

旦那さんに

依存しているから。

 

 

 

 

 

つまり

 

 

自分の幸せも

 

自分の生き方も

 

旦那さんに

まかせているから。

 

 

 

 

 

 

そもそも

 

 

旦那さんに

依存した方が

 

可愛い女性だったんだから

しょうがない。

 

 

 

 

 

ひどい言い方だけど

 

旦那さんのペットとして

生きるなら

 

それでいい。

 

 

 

自分の意志を

 

ただ吠えたり

 

じたばたするだけで

 

 

その思いを

 

どうするかは

 

 

 

ご主人様しだい

 

ってことよね。

 

 

 

 

 

私だって!

と思うなら

 

 

旦那さんのせいに

してちゃいけない。

 

 

 

 

 

自分の幸せは

 

自分でゲットしなきゃ。

 

 

 

今は豊か

 

 

原始時代は

 

 

ほとんどのものに

 

選択の余地が

 

なかった。

 

 

 

 

 

生きるか死ぬか

 

だし

 

 

 

 

お腹がすいたら

 

目の前のものを食べる

 

しかなかったわけで

 

 

ごはんかパンか

すらないわけでしょ。

 

 

夜になったら

眠るしかなかっただろうし。

 

 

 

 

 

 

 

常に一択。

 

 

 

 

 

 

それはそれで

 

 

迷わなくてよかった

 

 

とは思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

今は選択肢がいっぱい。

 

 

 

 

 

 

 

つまり

 

豊かだ

 

ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

私もずっと

 

豊かなんかじゃない

 

満たされていない

 

 

と思い込んでいたけれど

 

 

 

 

 

選択肢がある時点で

 

豊かなのよ。

 

 

 

 

 

豊かな時代の生き方

 

 

豊かな時代の

 

 

今だからこそ

 

 

 

 

 

一人一人の

 

性格や

 

体力や

 

感情や

 

得意な事を

 

発揮して

 

 

 

自分の生き方を

 

選択していける。

 

 

 

 

 

ちゃんと自分で

 

自分の生き方を

デザインして

 

いいと思うものを選択し

 

追求していく生き方が

 

 

 

 

今を生きる人の生き方。

 

 

 

 

自分の幸せを

自分で育む

 

 

そんな親を見て

 

 

 

これから

育つ子供たちも

 

 

これからの時代の

 

自分の生き方を

 

見つけていくのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

私が離婚したのは

 

 

旦那さんが

幸せにしてくれなかった

 

 

 

 

 

それが

 

理由ではない。

 

 

 

 

 

だけど

 

 

心のどこかで

 

そう思って

暮らしてきたのは

 

間違いない。

 

 

 

 

 

結婚する時は

 

 

 

私も

 

旦那さんを幸せにしてあげる

 

って思ってたんだけどね。

 

 

 

 

 

 

一緒に

長く過ごす中で

 

いっちょまえに

 

自分の価値観を

ふりかざして

 

可愛くないペット

 

だったと思う。

 

 

 

 

どこかで

依存していたくせに

 

不服に思ったこと

については

 

申し訳なかった

 

 

 

と頭を下げたい。

 

 

 

 

それを踏まえたうえで

 

 

とは言え

 

 

 

 

やっぱりさぁ

 

 

 

お金をたくさん稼いでくる

旦那さんだと

 

 

好きなものを

躊躇なく買えるだろうし

 

美しさに

磨きをかけることができる。

 

 

 

 

 

 

それが

 

自分の価値観の

最優先なら

 

 

そういうことよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳しい経営状況であれ

旦那さんと

同じ目的で

一緒にお店を営んでいたり

 

 

 

自然豊かな地で

質素でも

笑顔で暮らしている

 

 

そんな素敵な

ご夫婦だっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旦那さんに

全部おまかせして

 

家事にいそしむのが

 

大好きなら

 

 

それはそれで

 

素敵なこと。

 

 

 

 

 

すでに

豊かなんだと

 

 

わかったうえで

 

 

 

 

どんな自分を選ぶのか

 

 

 

 

 

 

 

自分の中の自分と

 

 

しっかり

 

 

お話しなくちゃね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。