書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう) 癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。前を目指す方におすすめしたいアートです。

器用貧乏は、器用だから貧乏

器用貧乏

 

良くも悪くも

いろんなことに興味を持って

やってみると

なんとなくそれなりにできてしまう……

 

とても良い事のようだけど

 

 

すぐに飽きてしまうというか

これが得意というものでもなく

なにをやっても中途半端。

 

 

 

そう

 

 

ある程度までは

いいとこまでいって

 

 

しれーっとやめてしまう。

 

 

 

 

 

よく考えたら

そんなことを

繰り返してきたなぁと気付きました。

 

 

 

 

 

器用貧乏なんですよ。

 

 

と言っちゃえば

それまでですが

 

 

それなりにできたことで

一気に

突き抜けてしまえばよかったんじゃない?

 

 

 

 

でも

 

なんか

冷めてしまって

めんどくさくなって

 

しれーっとやめちゃう。

 

 

 

人に勧められたことでも

自分から始めてみたことでも

そんな感じ。

 

 

 

 

 

器用貧乏の性質なのよ。

 

 

と深く考えずにいたけれど

 

 

 

器用だから得られた

副産物の中毒になっていたみたいです。

 

 

 

 

 

 

優越感中毒

 

 

新しいことは

 

知らないことがいっぱいで

それを

最初は

興味津々で追求していく感じです。

 

 

 

ちょっとずつ

わかってきて

 

 

出来ることが

ちょっとずつ

増えて

 

みんなに

凄いと言われたり

褒められたり

認められる

 

 

 

 

優越感!

 

 

 

 

 

そもそもは

 

そのことが

 

好きで

 

知りたい

 

こうなりたい

という願いを持って

 

始めたことなのに

 

 

 

 

負けず嫌いが

にょきっと出てきて

 

 

 

求めていることは

優越感

にすり替わってしまっている。

 

 

 

そんなことには

気付かないですけどね。

 

 

 

 

 

 

褒められて伸びるタイプ

 

そんな風に言いながら

 

 

 

他人に認められたり

褒められる快感

 

を欲しがり続けてきました。

 

 

 

だって

たまらなく嬉しいんだもん。

 

 

 

 

優越感依存症です。

 

いや

 

優越感中毒です。

 

 

 

 

 

 

他人次第

 

自分で自分を愛せなくて

そんな自分を誰が愛せるの?

 

と何かの本に書いてありました。

 

 

 

いやいや

 

自分で自分を愛せないから

誰かに愛して欲しいんじゃん!

 

 

ずっとそう思っていました。

 

 

 

 

他人に認められることで

自分の存在を確認する……

 

 

 

だって、人は

社会の中で生きていくんだから

他人に認められてナンボでしょうよ

 

 

と考えていました。

 

 

 

 

 

 

でも、これって

 

自分で自分を認めていない

 

自身がない=自信がない

 

ってことです。

 

 

 

 

 

これじゃ

生きづらいし

結果も出ない。

 

 

 

 

なぜなら、

 

他人ありきだから。

 

 

他人に支配されてる

ということだから。

 

 

 

どっちに向くかは

人まかせ

 

 

 

 

自分をコントロールできないのに

他人のコントロールなんて

できるわけがないです。

 

 

 

 

 

つまりは

 

不確かな不安だらけのまま

 

他人の言動に

振り回され続けるんです。

 

 

 

 

 

自分を知らなければ

 

自分らしさも

よくわからないし

 

何を自分で認めるのかもわからない。

 

 

 

自分の何に自信を持っていいのかもわからないし

 

 

 

 

 

っていうか

 

そもそも自分って何者?

 

 

 

まずは

そこからです。

 

 

 

 

 

 

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

書道を源とした新ジャンルアート|癒楽道(ゆらくどう)

癒楽道(ゆらくどう)では、書道を源とした新ジャンルのアート
「癒楽道アート」として作品を作り、販売しています。
独自の作品による幅広い感情の表現だからこそ、作品によって、
見る人によって感じ方は異なります。あなたにしか感じられない
何かがあれば、それはきっとあなたに必要なアートになるはずです。
前を目指す方におすすめしたいアートです。

屋号 癒楽道(ゆらくどう)
住所 〒664-0028
兵庫県伊丹市西野
営業時間 10:00〜19:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 癒楽道hiro
E-mail info@yurakudou16.com

コメントは受け付けていません。